アストラル チェイン パズル。 アストラルチェインクリア!感想など

アストラルチェイン攻略 「FILE08 交通整備」と「交通整備 中級編・上級編」の「S+」クリア方法

アストラル チェイン パズル

概要 [ ] 隕石の落下により異界とつながった地球はゲートから現れる「キメラ」と呼ばれる異形生物によって汚染されてしまったため、災厄を逃れた人々は巨大な人工島「アーク」に移り住む。 主人公が所属する特殊部隊「ネウロン」はキメラやその影響を受けて人間から変異した「偏移体」から人々を守るために戦いを繰り広げる。 『』のとして知られるの初ディレクション作品で、がを務め、キャラクターデザインにはのを起用している。 オープニング、エンディング、挿入歌をが全面プロデュースし、ボーカリストには、青山ウィリアム from を起用している。 システム [ ] 操作キャラクターとして、男女2人からいずれかを選択する。 選択しなかったキャラクターは主人公の双子の弟妹として作中に登場する。 主人公は、特殊兵器「レギオン」とともに探索を行う。 敵との戦闘時には、「同じ敵に同時攻撃する」「別々の敵に攻撃する」など主人公とレギオンが連携しながら戦うことになる。 本作ではこのシステムを「デュアルアクション」と呼称している。 主人公はストーリー中、レギオンと完全にシンクロし、レギオンを使用した高度な戦闘を可能とする。 ここでは、全5種類のレギオンの特徴とアクションの一部を記載する。 両手に装備した刄で攻撃する。 固有アクションの「斬撃」で相手を凪払うだけでなく、電波を遮断や、相手の攻撃 相手の攻撃も波動の一種なので も弾くことが可能。 更に点在するキメラの痕跡や人々の汚染にも干渉できる。 弓矢を使った遠距離、及び空中の敵への攻撃が可能。 固有アクションの「精密射撃」で、自分で狙いを付け、遠くの仕掛けや敵の弱点を撃ち抜く事ができる。 太い両腕から行列な打撃を繰り出す。 固有アクションの「同体」でレギオンを鎧のように身に付け、浮遊しながら移動、攻撃が可能。 また、重い物を持ち上げたり、扉をこじ開ける「把握」も使える。 爪や牙での素早い攻撃をする。 「搭乗」することで、レギオンにまたがり、高速で移動する。 また、嗅覚を活かした追跡や、瓦礫を掘り起こすこともできる。 獣というよりは犬である。 巨大な斧で相手の攻撃を「防御」しながら、一撃の重い大振りな攻撃を放つ。 また、斧にエネルギーを注入して、壁などを「爆破」することもできる。 マックスの影響で警察官になり、その後ヨゼフに生まれ持った素質を見抜かれ、半ば強引に特殊部隊「ネウロン」に入隊した。 主人公の双子の一人。 負けん気が強く、真面目な性格。 主人公と同じく生みの親を亡くして孤児になり、共にマックスに育てられる。 主人公同様、警察官になったが、前述の通り特殊部隊「ネウロン」に入隊した。 ヨゼフ・カルヴァード 声 - 特殊部隊「ネウロン」の司令官で、科学者。 物静かで落ち着いた性格で、強い信念を持つ。 マクシミリアン・ハワード 声 - 特殊部隊「ネウロン」の隊員で、主人公とアキラの義父。 通称マックス。 見た目通り体格が良く、パワー自慢の猪突猛進タイプではあるが、状況判断に優れていて面倒見が良い性格。 ジン・ウォン 声 - 特殊部隊「ネウロン」のエース隊員。 冷静沈着で、仲間を大切にする優しい性格。 主人公たちの幼なじみで、彼らの指導もしている。 アリシア・ロペス 声 - 特殊部隊「ネウロン」の女性隊員。 明るく強気でさっぱりした性格。 口が悪いが面倒見が良い。 旧友であるマックスに対してヤケに厳しい所がある。 オリーヴ・エスピノーサ 声 - 特殊部隊「ネウロン」のオペレーター。 ピンク色のロングヘアといった派手な見た目ではあるが、仕事には真面目。 元テレビキャスターで、アーク各地でキメラによる汚染被害を目の当たりにして、自ら志願した。 ブレンダ・モレノ 声 - 医療主任。 レギオンの開発もしている科学者でもある。 任務中に怪我をした隊員に厳しくしているが、その厳しさが逆に隊員たちの間で人気になっている。 実は可愛いものが大好き。 マリー・ウェンス 声 - 庶務班班長。 明るく真面目な性格だが、少し天然。 ラッピー 警察庁広報担当のマスコットキャラクター。 イヌをモチーフにしている。 時々地下2階にある司令室に赴いて隊員たちの相談役になっている。 トレーニングメニューのナビゲーションのキャラクターにもなっている。 ハル 声 - アーク中を飛び回り情報収集をしている高性能ドローン型ロボット。 タバサ・ベルナルド 技術屋。 テッド・ガルシア 技術屋。 その他 [ ] カイル・メルクロヴ 声 - 不明 アッパーズの若者たちによって構成されたハッカー集団「電脳義賊ハーミット」のリーダー。 前リーダーが行方不明になった後、そのままリーダーに抜擢。 ハッキングだけでなく、武器を用いた戦闘にも長けている。 ジェナ・アンダーソン 声 - 研究者の姿をした女性。 髪型が整っておらず、服装に汚れや破れた所があるなど、身なりはだらしない。 主人公たちの前に幾度も立ち塞がり、生体兵器レギオンに警鐘を鳴らす。 体の一部を偏移体のように武器に変化させて戦うなど、戦闘能力が高い。 20年前に行方不明になっていた。 ダグラス 開発 [ ].

次の

アストラルチェイン攻略wiki

アストラル チェイン パズル

プラチナゲームズ最新作。 キャラクターデザインはZETMAN、電影少女などを手掛けた漫画家 桂正和。 スーパーバイザーにベヨネッタの 神谷英樹、ディレクターはニーアオートマタのデザイナーを務めた 田浦貴久。 発売日は2019年8月30日を予定。 とある事件をきっかけに、設立間もない警察の特殊組織「ネウロン」の一員に突如抜擢され、異形生物から人々を守る事になる。 アストラルチェインの捜査解説 大都市「アーク」で起きる奇妙な事件を、最新技術やレギオンを使用して聴取や解析といった 捜査を行い、事件解決に勤しむ。 これを利用して足場がなくたどり着けない場所に移動することができる。 また事件現場周辺の監視カメラ映像を利用して、現場の再現も可能。 アストラルチェインの戦闘解説 レギオンの鎖で対象を囲み、拘束する「 チェインバインド」。 生物だけでなく、通常の人間には見えない亜空間の物質も捕縛が可能。 タイミングよく命令できれば、レギオンとの強力な連携攻撃「 シンクアタック」が可能。 キメラからの攻撃受けたり瘴気に浴びたりすると、人間も汚染され「 偏移体」と呼ばれる無差別に暴れる怪物になってしまう。 アストラル界 ワームホールの向こう側にある広大な「アストラル界」。 現実世界とは異なる亜空間で、細かいキューブ状の物質が寄せ集まっている。 人類最後の地:巨大人工島「アーク」 第33地区 大きな繁華街「ハーモニースクエア」を擁した娯楽エリア。 劇場や、ショップが立ち並ぶ。 ここにいると、地球が滅亡の危機にあるということを忘れてしまいそうになると言われる。 第32地区 巨大ショッピングモールを中心に多くの店が立ち並ぶ商業エリア。 「アークモール」はアーク最大のショッピングモールだが、ゲート発生による汚染の影響で、休業を余儀なくされている。 第09地区 かつて大規模な汚染が発生したため、他の地域から隔離された封鎖エリア。 取り残された人々の中でも、廃ビルの屋上を占拠し、集落を築いている者たちは「アッパーズ」と呼ばれている。 キャラクター一覧 主人公 CV ?? アッパーズの若者を中心に構成されたハッカー集団「電脳義賊ハーミット」の現リーダー。 ハーミットを組織した旧リーダーが行方不明となったあと、その座についた。 他のメンバーと比べ、身体能力、ハッキング能力ともに高い 施設一覧 司令室 大きな作戦の前に、ここでブリーフィングが行われる。 隊員たちが事務作業を行うための座席も置かれている。 技術班 主人公の武器の強化、キメラとの戦いに必要なサポートアイテムの購入ができます。 ロッカールーム 出勤したネウロンの隊員たちが制服に着替え任務に就く。 出動前の着替えも自由にできる。 訓練場 ネウロン専用のトレーニングルームで、アイリスと連動するMRトレーニングが特徴的。 キメラとの戦闘方法やレギオンの制御方法を訓練することができる。 医務室 「」はキメラやアストラル界に関する研究施設から出向いた医療員が待機している。 ヘリポート 警察庁庁舎屋上にあり、出動に備えて常時ヘリが待機している。 ネウロンの隊員たちは、ここからアーク各地に出動することができる。

次の

アストラルチェイン

アストラル チェイン パズル

個人的な感想! アストラルチェインは、最初は購入する予定は なかったのですが、動画を見ているうちに 何だか欲しくなってきたので、発売日に購入を決断しました。 また、ヴァンキッシュやスターフォックスゼロなど、 開発元のプラチナゲームズさんの作品も 以前、楽しんでいたのでそれも購入の決め手の一つになりました ・独特なアクション! アクションは独特な感じですね。 慣れるまでは少し時間がかかる印象です。 ただ、チュートリアルなども丁寧に用意 されているので、その点は安心だと思います (最初に結構丁寧なチュートリアルがありました) ・ストーリーや世界観 個人的にはなかなか良い感じだと思います。 最終的なストーリーがどうなるのかはまだ 分かりませんが、世界観も良い感じですね。 独特の世界観が出来上がっていると思います。 ・自由に行動 自由に行動できる場面もありますね。 序盤では警察署内を自由に移動できました。 サブイベントのようなものもしっかりと用意 されているので、そういった部分も楽しめます。 ・やりこみ やりこみ要素もそこそこありそうです。 クリアしたステージをもう一度遊ぶことも できるので、後からじっくりもできる感じですね ・動作など フレームレートは快適ですね。 こちらは、ゲーム自体の内容は同じですが、 アストラルチェインのソフトと、それに加えて 特典がセットになっているパッケージですね。 通常版の価格が7980円+税 コレクターズエディションが9980円+税となっており、 税抜きで考えると2000円ほどの差になります。 付属特典としては ・ASTRAL CHAIN Platinum Artworks ・ASTRAL CHAIN Platinum Sound Selection の2つになっています。 アートブックとサントラCDのセットということになります。 スポンサーリンク 声優一覧 アストラルチェンの出演声優は下記の通りです。 今後、追加で判明しましたら、追記していきます。 主人公(男) …島崎信長 主人公(女) …安済知佳 ヨゼフ・カルヴァート …土師孝也 マクシミリアン・ハワード …三宅健太 ジン・ウォン …武内駿輔 アリシア・ロペス …恒松あゆみ オリーヴ・エスピノーサ …和氣あず未 ブレンダ・モリノ …喜多村英梨 マリー・ウェンス …田中あいみ ハル …山下大輝 ジェナ・アンダーソン …甲斐田裕子 このほかのキャラクターについては 判明次第、追記していこうと思います。 売上予想と売上結果 〇売上予想 アストラルチェインは 完全な新規タイトルとなりますから 売上の予想は非常に困難なタイトルと言えます。 同じプラチナゲームズの完全新作として 発売された「ヴァンキッシュ」や「ベヨネッタ」と 比較しても良いのですが、それらはPS系統に 発売された作品ですし、発売から年月も 経過してしまっています。 そのため、参考となるデータはあまりありません。 ある程度の注目は集めている (ファミ通の期待ランキングにもいる)のは事実 だと思いますが、ニンテンドースイッチの メインターゲットから逸れる上に、 未知のタイトルであることも事実です。 一番参考になるとすれば 同じく任天堂発売、開発プラチナゲームズによるソフト 「ザ・ワンダフルワンオーワン」でしょうか。 これはWiiUで発売のタイトルで ターゲット層も違いますが初週は5000本前後でした。 ニンテンドースイッチであること、 このワンダフルワンオーワンよりも注目度はある程度 高そうなことから アストラルチェインの初週売上は2~3万本程度と予想します 〇売上結果 アストラルチェインの初週売上は 32236本でした(ファミ通調べ) 大体個人的な予想と同じ売上本数でしたね。 ダウンロード版は含まれない数値となり、 カタログチケットなどもあるので、 両方合わせると大体5万本程度というところになりそうです。 完全新規タイトルとしては、そこそこかなぁ、という印象ですね。 関連商品情報!攻略本やサントラは? アストラルチェインの関連商品情報を まとめていきます。 ・攻略本は? 現時点ではアストラルチェインの攻略本が 発売される予定はありません。 が、ゲームのジャンル的には充分発売される可能性も あるかとは思います。 もしも発売が決定したら追記していきます。 ・サントラは? サウンドトラックCDとして発売される予定は 現時点ではありませんが、 コレクターズエディションに一部楽曲を収録した ASTRAL CHAIN Platinum Sound Selectionが収録されています。 なお、ファミ通のインタビューでは「サントラの発売予定はない」と 断言されています。 サントラではありませんが、ボーカル曲4曲のみ、 デジタル配信で発売されています。 ・その他の書籍は? ファンブックの類は現時点では発売予定はありません。 コレクターズエディションに、アートブック ASTRAL CHAIN Platinum Artworksがついているぐらいですね。 他の関連商品の展開も 今のところはありません。 何かありましたら、追記していきます。 ネタバレ情報 アストラルチェインのネタバレ情報をまとめます。 ・ラスボスは? ラスボスは「ノア」。 ヨゼフがレギオニスから生みだした力を取り込み 怪物化した姿で、複数の形態が存在します。 ・作中の犠牲者は? 〇マクシミリアン・ハワード 序盤でアストラル世界に入り込んだ際に 主人公や他の隊員を逃がすために、その場に残り犠牲に。 〇ダグラス 情報屋。 ジェナと会話したのちに自ら命を絶つ。 〇ジェナ・アンダーソン 主人公たちとの激闘の末に敗れ去り、 最後は暴走した主人公の攻撃を受けて消滅する。 〇ヨゼフ・カルヴァート ノア計画を実行に移し、怪物・ノアと化す。 最後は主人公の力を前に敗れ去り、消滅した。 ・クリアまでの時間は? アストラルチェインのストーリークリアまでの 時間はサブイベントなどの達成状況にもよりますが 大体20時間~30時間程度と思われます (私は23時間程度)。 全てのやり込み要素をプレイすれば、 50時間は軽く超えるボリュームになっていると思います スポンサーリンク アストラルチェインの続編は? アストラルチェインの続編に関しては 現時点では発表されていません。 構想としては3部作どころかそれ以上作れる、 という趣旨の発言を開発スタッフがしていることから 構想だけはあるようですが これが実際にかたちになるかどうかは 不透明ですし、 セールス面など、いろいろな部分が 判断材料となってくるのでしょう。 同じプラチナゲームズ開発のタイトルで 考えると、PS3やXBOX360で発売された ヴァンキッシュや、WiiUのザ・ワンダフルワンオーワンは 続編が登場しておらず、 特にヴァンキッシュのほうは続編を匂わせるような 発言もありましたが結局出ませんでした。 ベヨネッタシリーズぐらいでしょうか。 そういった意味では、アストラルチェンの続編が 発売される可能性としては、今のところ それほど高くないのではないかと思います。 PS4版やPC版アストラルチェインは出るの? 一部サイトでは「その可能性が~」などと言われていますが 「ほぼ0」と断言しても良いです。 アストラルチェインの発売元は任天堂です。 つまり、ニンテンドースイッチを発売しているメーカーです。 アストラルチェインがPS4やPCに出る、というのは マリオがPS4やPCに出る、というぐらい あり得ない話になります。 PCであれば任天堂が参入する可能性も0ではありませんが PS4は無理でしょう。 ちなみに、開発元がプラチナゲームズの任天堂作品は 「スターフォックスゼロ」「ベヨネッタ2・3」 「ザ・ワンダフルワンオーワン」とありますが いずれも他機種に移植はされていません。 PS4版を待つなら スイッチ版を買ってしまった方が、早いです。

次の