引き続きよろしくお願いします 中国語。 ビジネスでの「今後とも」の正しい使い方、「引き続き」との違い

ビジネスにつかえるメールの定型文―その2―

引き続きよろしくお願いします 中国語

アーキ・ヴォイスの田沼です。 2月に入りました! 週の後半は、冬らしい寒さになりましたが、 また来週には暖かくなるようですね。 新型コロナウイルスは、 国内でも徐々に感染が広がっているようで、 引き続き心配です。 先週もここでお伝えしましたが、 スクールとしての対策について、 お知らせの1つ目で、再度ご案内します。 それでは、今週のメルマガです。 何卒、ご了承ください。 ・スタッフ及び講師が、マスクを着用しております。 ・教室にマスクをを用意しておりますので、 ご希望の方は受付スタッフまでお申し出ください。 ・手洗いの徹底をお願いしております。 アルコール消毒もできるようにしております。 ・レッスンは受けたいが教室まで来校したくないという方は、 パソコンを使用した遠隔レッスンなどにも 対応いたします。 特に遠隔レッスンについては、 現在準備しておりますので、少々お待ちください。 なお今後、流行状況に伴って、 さらに対策・対応を検討しておりますので、 その場合、このメルマガや、 教室での掲示などでお知らせいたします。 ご不便等おかけいたしますが、 何卒、ご協力をよろしくお願いいたします。 藤本です。 3,4月から生活がガラッと変わる方も、 きっといらっしゃると思います。 人気漫画家・鈴木由美子の同名コミックを映画化!! スポットライトの当たらない舞台裏に立ち、それでも彼女は 満足している。 その場所に立つ時だけは、 想いを寄せるプロデューサー、サンジュンをモニター越しに 思う存分眺めていることができる……。 そんな彼女に、やがて決定的な転機が訪れる! 毎年旧正月のこの時期は、 講師の帰省が重なったりして、 レッスンの予約がいつもより 取りづらくなったりするのですが、 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、 ほとんど帰省する講師がおらず、 かえってご予約が取りやすくなっていたりします。 また帰省していた講師も、 2週間は自宅待機としておりますので、 心配されている方もいるかと思うのですが、 ご安心ください。 ニュースでも新型コロナウイルスが、 引き続き頻繁に取り上げられていて、 大阪や京都でも感染者が確認されていますので、 手洗いなど気をつけないとですね。 スクールとしても、 安心してレッスンを受講していただけるように、 対策を取っておりますので、 よろしくお願いいたします。 archi-voice. archi-voice. 在校生の方も体験レッスンできますよ。 その際本文に、「配信停止希望」と お書きいただければと思います。 すぐに配信を停止致します。

次の

今後ともよろしくお願いしますって英語でなんて言うの?

引き続きよろしくお願いします 中国語

ビジネスの場において、メールや書面・電話対応においても必ずといっていいほどよく使うフレーズの一つが「よろしくお願いいたします」という言葉です。 「よろしくお願いいたします」とは、誰かに何かを依頼する場合や協力を求める際などに使用する言葉の一つです。 まずは「よろしくお願いいたします」がどのようなシーンで使用されるのかをくわしく見ていきましょう。 人に何かを依頼する時 ビジネスにおいて、取引先に対して何かを依頼することは頻繁にあることです。 相手に何かを依頼する場合は、文末に「よろしくお願いいたします」を付け加えるのがビジネスルールの一つです。 「よろしく」とは、好ましい・満足できるといった意味をもつ形容詞「よろし」の連用形です。 「お願いいたします」という言葉を加えることで相手に便宜をはかってもらったり、配慮を願う言葉になっています。 人に協力してほしい時 相手に対して何か協力を依頼する場合にも「よろしくお願いいたします」という言葉を使用します。 「お願いいたします」は、依頼や要求、要望の意味を持つ「お願いする」の謙譲語です。 「よろしくお願いいたします」というフレーズには、「適切な配慮をしてほしい」という意味が込められています。 メールや書面では文章を締めくくる結びの文として使うのが一般的です。 よろしくお願いいたしますを使った例文10個 「引き続き」は、「それまで行われていたことを続けて」という意味があります。 先方に作業の経過報告をするときや先方からの質問に返答する際など、現在進行形の契約や取引がある際に使える言葉です。 「お問い合わせいただいた件ですが、B案ですすめていただけますでしょうか。 引き続きよろしくお願いいたします。 」といったように、「まだ完了していないけれど、最後までお願いします」といったニュアンスが含まれた言葉です。 例文2:今後ともよろしくお願いいたします こちらもビジネス文書の結びとしてよく使われる言葉の1つです。 「今度とも」には、「これからも」「これ以降も」という意味があります。 「今後ともよろしくお願いいたします」には、これまでの関係に感謝を伝えると同時にこれからの関係性も願う意思表示が含まれています。 契約や取引を終えた後に、「誠にありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。 」といった使い方をすることができます。 例文3:何卒よろしくお願いいたします 「何卒(なにとぞ)」は、「どうか」「何とか」「何がなんでも」という強い願望を表わす言葉です。 相手に何かを依頼したり、お願いするような文章の結びとして使用することができます。 相手に労力と時間を割いてもらうことを謝罪しながらも、何とかお願いしたいという気持ちをこめて「お手数をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします」のように使用します。 ビジネスシーンでは頻繁に使用するので覚えておきましょう。 例文4:どうぞよろしくお願いいたします 「どうぞよろしくお願いいたします」とは、相手から確認の依頼があった場合や何かに対する返答をする際などに使用するフレーズです。 「何卒よろしくお願いいたします」という言葉は相手に対して強い依頼の気持ちがあるのに対し、「どうぞよろしくお願いいたします」は比較的軽めにお願いする気持ちを伝える言葉です。 たとえば「本会議の会議室は1号室となります。 どうぞよろしくお願いいたします」のように使用します。 例文5:次回もよろしくお願いいたします 「次回も」とは、今後も同じような事柄が続くことを意味します。 「次回もよろしくお願いいたします」とは、恒例になっているイベントや行事などを継続的に行えるよう協力を促すフレーズです。 たとえば、取引先も招待した「懇親会」を開催したとします。 その際、同じ社内の幹事担当者に対して「次回もよろしくお願いいたします」のように使用します。 例文6:今年もよろしくお願いいたします 年賀状の文章の末尾によくみかけるのが「今年もよろしくお願いいたします」というフレーズです。 「今年もよろしくお願いいたします」とは、昨年もお世話になりましたが、引き続き今年もよろしくお願いしますという気持ちが込められています。 年賀状は一年お世話になった方へお礼とご挨拶をかねて送付します。 たとえ、遠方で会うことができない相手や頻繁に連絡を取れる状況にない人に対しても、このようなフレーズを使用します。 例文7:ご検討のほどよろしくお願いいたします 相手に何かを依頼し、返答をもらいたい場合には「ご検討のほどよろしくお願いいたします」というフレーズを使用します。 ビジネスでのやりとりではその場ですぐに回答できない案件も多々あります。 そのため、そのような案件の場合は、再度メールで返答の催促を行い、メールの末尾に「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と付け加えます。 相手の気持ちを配慮しつつも、お願いを伝える意味で使用します。 例文8:ご返信よろしくお願いいたします ビジネスメールは1日に何百件も送られてくる方も多い傾向にあります。 そのため、メールを見落とすことや、返信を忘れるということもあります。 自分のメールに対して返信が欲しいという気持ちを伝える場合は「ご返信よろしくお願いいたします」というフレーズを使用することができます。 たとえば、会社の周年パーティーや式典などに招待した場合は期日があるため、再度招待者に返信を催促する際などに使用します。 例文9:ご対応よろしくお願いいたします 「対応」とは、その物事やできごとに応じて反応するということを意味します。 「ご対応よろしくお願いいたします」とは、自分以外の誰かに何かを依頼する場合に使用するフレーズです。 たとえば、自分の部署には関連していない案件の依頼メールが送付されたとします。 その場合は、担当部署の担当者へメールを送付し「ご対応のほどよろしくお願いいたします」と伝えます。 このように社内外で使えるフレーズなので覚えておきましょう。 例文10:恐れ入りますがよろしくお願いいたします 「恐れ入ります」とは、「恐れ入る」の連用形で目上の人に対して申し訳ないという気持ちを丁寧に伝える表現方法です。 「恐れ入りますがよろしくお願いします」とは、忙しい中お手間をとらせて申し訳ないという気持ちと、忙しいのを承知の上ですが、ご対応願いたいという依頼の気持ちをこめたフレーズです。 目上の人に何かを依頼する場合は、「恐れ入ります」を付け加えて丁寧な表現にしましょう。 「よろしくお願いいたします」への返信の例文 ビジネスにおいてよく使われるフレーズ「よろしくお願いいたします」は、自分が依頼する場合に使用するだけでなく相手から依頼を受けた場合にも使用されます。 相手から「よろしくお願いいたします」と言われた場合はどのように返答するのが一般的なのでしょうか。 相手に失礼のないよう返答する際も丁寧な言葉で伝えることが重要です。 こちらこそよろしくお願いいたします 「よろしくお願いします」と相手からメールがあった場合は、「こちらこそ」という言葉を付け加えて「こちらこそよろしくお願いします」と返答しましょう。 「こちらこそ」とは、自分の立場をへりくだった上で相手に返答する表現方法の一つです。 このように返答することで、自分の方こそ相手に対してお手数やお手間をおかけしますという気持ちを伝えることができます。 依頼する時は「よろしくお願いいたします」を使おう ビジネスメールなどの文末に使用されることが多いのが「よろしくお願いいたします」というフレーズです。 相手に対して何かを依頼する場合や、何か協力をお願いする場合などに使用します。 「よろしくお願いいたします」は文頭に他の言葉を付け加えることで、さまざまなシーンで使うことができます。 目上の人に対しては「恐れ入りますが」を付け加えて、自分をへりくだる表現にしましょう。 人にお願いする時の敬語表現 ビジネスでは何かを相手にお願いする場合に「よろしくお願いいたします」を使用しますが、他にも似たような表現方法があります。 たとえば、銀行などの諸手続きをお願いしたい場合は「お手続きいただきますようお願いいたします」と相手に伝えます。 誰かに何かをお願いする場合は、常に敬語表現が基本です。 正しい敬語表現を身につけ、相手に失礼のないように心がけましょう。

次の

「どうぞよろしくお願いします」の正しい使い方は?英語や中国語の表現も解説

引き続きよろしくお願いします 中国語

英語で 「よろしくお願いします」(宜しくお願いします)は何と言ったらいいんだろうと悩んではいませんか? 丁寧に言う時は、「よろしくお願い致します」と表現しますね。 日本語はとても、便利な言葉で「よろしくお願いします」がいろんな場面で使えて、その場面によって相手も解釈を使い分けてくれます。 英語で「よろしくお願いします」を言う場面は、大きく分けて下記の6つになります。 カジュアルからフォーマルまで、よく使う場面を厳選しています。 初めて会った時の「よろしくお願いします」• 出会いが終わった時(別れ際)の「よろしくお願いします」• 会議や打ち合わせの時の「よろしくお願いします」• 頼みごとをした時の「よろしくお願いします」• その場にいない人に対して伝える時の「よろしくお願いします」• ビジネスメールで伝える時の「よろしくお願いします」 要するに、英語にはこの日本語の「よろしくお願いします」のような、 いろんな場面で使えるオールマイティーで便利な言葉は存在しません。 これは、『』にある「お世話になります=よろしくお願いします」と同様です。 言葉は文化背景が、強く影響します。 日本語は一言で多くのことを推し量る文化です。 1つ言えば、10伝わる文化なのです。 でも、英語は事柄をはっきり明確にする、10伝えるために、10全ては言わないまでも多くを明確にするのが英語です。 ですから、 英語の「よろしくお願いします」も場面によって変わります。 ようするに、場面毎に、自分が伝えたい「よろしくお願いします。 」を細かく表現する必要があります。 最後には、どれくらい「よろしくお願いします」の英語を理解したのかを試せる、 「まとめクイズ」を用意していますので、チャレンジしてみましょう! よって今回は、日本語の「よろしくお願いします」を場面ごとに分けて、英語での言い方をご紹介します。 様々な「よろしくお願いします」の言い方を是非覚えてください。 しかし、早見表の後の記事にて、他の言い方、またその使い方や場面での使い分けなど、しっかりとマスターした方が今後の英会話やビジネス、またメールを書く時など苦労することはなくなります。 Nice to meet you. Nice meeting you. Thank you for taking time to meet us. /We appreciate you coming. Thank you. Please say hello to ~. 元々は、よろしくは「よろしい」という言葉からきていて、よろしいとしてもらう。 承諾、承認してもらう、受け入れてもらうという意味からきていて、 「私を受け入れてください」や 「承諾してください」というような意味合いです。 要するに、日本語の「よろしくお願いします」には下記の意味合いが主に入っています。 承諾して下さい。 私に良くして下さい。 私を見守って下さい。 それでは、これをそのまま直訳した英語を次で見てみましょう。 1-1.直訳すると変?日本語から英語への「よろしくお願いします」 では、英語では「よろしくお願いします」を何と言うのでしょうか? 先ほどの日本語のそのまま、英語にすると• Please accept. Please be nice to me. Please take care of me. などとなりますが、これらの言葉は「よろしくお願いします」という場面ではネイティブは絶対に使いません。 また、「 I beg your kindness. (直訳:あなたの優しさをお願いします)」という言葉が、日本語の「よろしくお願いします」という表現に近く、訳としては適当だという人もいますが、日本文化に詳しい人以外にはあまり通じないでしょう。 言葉としては間違いではないですが、あまりにも丁寧すぎてネイティブは使わないからです。 それでは、日本語の「よろしくお願いします」に一番近い英語は何なのでしょうか? 1-2.正しい英語の「よろしくお願いします」 場面によって変化しますが、基本的には日本語の「よろしくお願いします」の場面では、 「英語ではお礼を言う場合が多い」です。 誰かとお会いした場合には、これから先よろしくお願いしますといいうより、出会えたことへの感謝、ここへ来てくれたことの感謝、時間をとってくれたことの感謝などを伝えます。 仕事をお願いする場合も、引き受けてくれたことへの感謝はもちろん、作業してくれることに対しても先に「ありがとう」と感謝を言うことが多いです。 このことから、 「よろしくお願いします」に一番近い英語は、「Thank you」です。 英語の「よろしくお願いします」の基本• Thank you. Thanks. I appreciate it. Thank you in advance. この言葉は、チャット等では(TYIA)と略して使われる場合もあるくらい良く使われる言葉です。 上記は一例です。 」や「心から感謝します」などの表現もあり、詳しく確認したい場合は、【】の記事を参考にしてみて下さい。 特にビジネスシーンでの丁寧な「よろしくお願いします」には使える表現ばかりです。 2.シチュエーション別|英語で「よろしくお願いします」 「よろしくお願いします」の日本語の元々は、「承諾・承認してもらう」や「受け入れてもらう」という意味からきていてることは先ほどお伝えしました。 その言葉が英語では「感謝」の意味が強いことも解説しました。 しかし、現代の日本語では様々な気持ちが合わさって、例えば下記のように、あなたも「よろしくお願いします」を使っているのではないでしょうか?• 「お会いできて嬉しいです。 仲良くしてくださいね。 「このお仕事を、丁寧にやってくださいね。 最後までやってくださいね。 」 など、様々な意味を含んだものが多数あります。 よって、場面や意図する意味合い事に「よろしくお願いします」に近い英語を使い分ける必要があります。 ここでは、特に使いケースが多いシチュエーションでの言い方を厳選しています。 2-1.出会い編|英語で「よろしくお願いします」 初めての人と出会った時と出会いが終わった後の英語での「よろしくお願いします」の言い方が異なります。 カジュアルとフォーマル(ビジネスなど)の言い方があります。 自己紹介の前、ビジネス交渉の前など、必ず挨拶の「よろしくお願いします」から入りましょう! 2-1-1.初めて出会った時(初対面)の「よろしくお願いします」の英語 初対面の相手への「よろしく(お願いします)」はどのように言うのでしょうか。 Nice to meet you. 」でも同様です。 この言い方は、一番使われる言い方です。 直訳的には「お会いできてうれしいです」と言うような意味合いですが、「よろしく~」の意味合いも含まれています。 / Pleased to meet you. 「Pleased」は「I am pleased」の「I am」を省略しています。 要するに、日本語の「初めまして」が英語の「よろしくお願いします」に使えるということです。 「初めまして」の英語は、【】の記事で詳しく解説しているので、お時間のある時にでも目を通して下さい。 2-1-2.出会いが終わった時の「よろしくお願いします」の英語 出会いが終わった後に、「今日はありがとうございました。 これからもよろしくお願いします」というような意味合いで言いたい場合は、次の2つの言い方をすることができます。 Nice meeting you. It was nice to meet you. どちらも、「お会いできてよかったです。 」、「いい出会いでした。 」というような意味合いですが、「今後ともよろしくお願いします。 」という意味合いが含まれています。 」を使う場合は、はっきりと使い分ける場合があります。 これは多くの日本人の方が知らないので、特にビジネスで恥をかかないためにも押さえておきましょう!• 「Nice to meet you. 「Nice meeting you. 」の後に付けて使うことができます。 Keep in touch. この3つは、良く使われる言葉です。 ビジネスなどで出会った場合や、あまり連絡を取り合うことが想定できない相手には使いませんが、これから仲良くしていきたい人にはこの言葉をつけ足すことができると好印象です。 もし、今後あまり会うことが想定できない相手の場合は、次のフレーズを使うこともできます。 Until next time. Please come again. そして、最後に一言の、 Have a nice day. 「良い一日を」を付けますが、これは、初めての場合じゃなくても使えますが、別れ際に相手が良い一日を過ごせることを祈っていますというような思いやりの一言です。 要するに下記のようなフレーズがそのまま使えます。 Nice meeting you. Have a nice day. It was nice to meet you. Please come again. Have a nice day. 2-2.ビジネス編|英語で「よろしくお願いします」 仕事上で、出会った相手に対して「よろしくお願いします」という場合は、初めの出会いのあいさつにプラスして、「一緒にお仕事ができて嬉しいです」という気持ちを伝えます。 下記がそのまま使える英語フレーズです。 I look forward to working with you. We look forward to doing business with you. 最初の二つは、取引相手にも使うことができますし、同じ会社の人で初めて会う人にも使えます。 三つ目は、もっと丁寧に「会社間の取引」というかしこまった形の場合は、そのようなフレーズを使います。 2-2-1.会議や打ち合わせの時の「よろしくお願いします」の英語 すでに出会いのあいさつが済んだ状態で、会議や打ち合わせをする場合の「よろしくお願いします」は、英語では「来てくださってありがとうございます。 」や「お時間をつくってくださってありがとうございます。 」という言い方をすることが一般的です。 Thank you for taking time to meet us. Thank you very much for coming. We appreciate you taking the time to meet us. I appreciate you coming. 「I appreciate…」は「~に感謝します。 」で少し丁寧な言い方です。 場面によって「I」か「we」に変えてもOKです。 ここで、来てくれたことへのお礼を述べることで、この打ち合わせ、会議を「よろしく~」という意味合いも含むことができます。 会議に招かれた方、打ち合わせに出向いた場合は、上の言葉(感謝)に対して返答をします。 Thank you for having me. 」となります。 」とします。 すごく簡単なあいさつですがこれで十分伝わります。 日本語では、出会いの際にあれこれ、相手を敬う言葉を言います。 英語でも、多少雑談はしますが、日本のようにまどろっこしい会話はしません。 英語の文化は簡潔に、手短に済ませること望むのでこれらのあいさつが済んでしまえば、本題に入って話しをしてOKです。 2-2-2.頼みごと(依頼)をした時の「よろしくお願いします」の英語 部下への仕事だけではなく、友達にお願い事をしたときにも「よろしくね!」とお願いする場合もありますね。 この場合も、ありがとう!と感謝の言葉を使うのがほとんどです。 Thanks! とてもカジュアルな表現です。 Thanks for taking care of it. Thank you for doing this. Thank you in advance. 直訳的には「先にありがとうを言います」という意味です。 日本語の「よろしくお願いします」に近い意味で使います。 最後の3つの表現は、少しフォーマルな場面でも使えます。 その他に、「期待しているよ」や「頼むね」という意味合いを含んだ「よろしくお願いします」では、下記の2つを使うことも出来ます。 I knew I could count on you. また、「Could you~? 」や「Would you~? 」で、「~をよろしくお願いできますか?(お願いします)」という言い方もできます。 とても丁寧な表現です。 そのような依頼する場合の「よろしくお願いします」は、『』の記事をご参考下さい。 2-2-3.その場にいない人に対して伝える時の「よろしくお願いします」の英語 その場にいない人に対して、 「よろしくお伝えください」という場合もありますね。 その場合は次のフレーズを使います。 「~さんによろしくお伝えください」という意味で、• Please say hello to your family. Tell Tom I said hello. 2-2-4.ビジネスメールの文末(結び)で伝える時の「よろしくお願いします」の英語 取引先へのメールなどで「よろしくお願いします」と言う場合もありますね。 メールの末尾で、あいさつをする場合は英語ではお決まりの言葉があります。 これは初めてのビジネスの取引先やお得意様などでも同様の言い方をします。 Most sincerely• Yours very sincerely• Best regards などです。 カジュアルな言い方なども知りたい方は、【】の記事を参考にしてみて下さい。 その他に「お力添えいただけますでしょうか?」というような丁寧な言い方をしたい場合はこんなフレーズがあります。 I would be grateful for your help. Your help would be very appreciated. 情報がほしい場合、何かについて教えてもらいたい場合は、 I hope you will be able to provide the information. 「情報をいただければと存じます」、という表現をします。 3.友達・仕事・メールで使える!色んな「よろしくお願いします」の英語表現一覧 最後となりますが、おさらいの意味も含めて、色々な「よろしくお願いします」の英語例文をみてましょう! 3-1.「お手数ですが、よろしくお願いします」の英語 「お手数をお掛け致しますが宜しくお願い致します」にもなりますね。 これは、ビジネスのメールなどでも使える表現です。 いくつかの言い方があり、そのまま使えます。 3-2.「申し訳ありませんが、よろしくお願いします」の英語 これも「お手数おかけしますが」の表現と同じフレーズを使っても大丈夫です。 「申し訳ございませんが、よろしくお願い致します」も同様です。 また下記のような表現でもOKです。 I really appreciate your great support. 3-3.「ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします」の英語 もうお気付きかもしれませんが、「お手数おかけしますが、よろしくお願いします」、「申し訳ありませんが、よろしくお願いします」、「ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします」の3つは同じ英語フレーズを使います。 しかし、基本となるのが、必ず「感謝」の英語で「よろしくお願いします」を表現しているところです。 迷った場合は、下記の2つのどちらかを言うだけでも通じるので慌てないことです。 Thank you very much. I really appreciate it. Nice meeting you. Stay in touch. 因みに、年賀状などで書く「今年もよろしくお願いします」は、「Happy New Year! 」のみの挨拶文で大丈夫です。 3-5.「こちらこそ、よろしくお願いします」の英語 こちらに関しては簡単な英語で表現できます。 Nice to meet you, too. You, too. SNSや友達とのメールなどで使えます 3-6.「ご協力よろしくお願いします」の英語 メールの最後にも書ける表現です。 Thank you very much for your kind support. Thank you very much for your cooperation. 3-7.「ご検討よろしくお願いします」の英語 ビジネスなどの提案に対しての「よろしくお願いします」ですね。 I would appreciate your kind consideration. Thank you very much for your consideration. 3-8.「ご理解の程よろしくお願いします」の英語 こちらもビジネスでは欠かせない表現の1つですね。 また、「ご理解とご協力の程お願いします」という場合も少なくありません。 Thank you very much for your understanding. Your kind understanding and cooperation are greatly appreciated. 3-9.SNSやチャットにも使える「よろしくお願いします」のスラングと略語 基本的には、ビジネスなどフォーマルな時には使えませんが、スラングもあるので、『』の記事も参考にしてみて下さい。 」など、砕けた表現になります。 また、SNSやチャットなどでの感謝でのよろしくお願いしますなど、略すことが多いです。 「ありがとう」を「thnx」などです。 こちらも、『』の記事を参考にしてみて下さい。 まとめクイズ:様々な場面で使える「よろしくお願いします」の英語を習得! 日本語の「よろしくお願いします」はとても便利な言い方です。 様々なシチュエーションで使えてしまうため、あまり考えずに使ってしまっていることも多いのではないでしょうか。 英語では、 「よろしく~」のかわりに、「ありがとう」とお礼を伝えることが多いですが、何に対してのお礼なのかを明確にするので、場面ごとどんなフレーズがふさわしいか考える必要があります。 でも、英語に変えた場合の言い方も、お礼なのでそれほど難しいフレーズはありません。 出会いの時のフレーズなどは何度か出会いを繰り返して自分のものにしましょう。 また友達同士の「よろしくお願い(します)」とビジネスでの言い方は、ここでご紹介したように少し変えた方がいいですね。 その他の言い回しは、全て覚える必要はありませんが、ここではどんな「よろしくお願いします」を言ったらいいか考える参考にしてみてください。 それでは、最後に次の問題を解いてみましょう! 【問題】• 「nice to meet you」と「nice meeting you」の違いは?• ビジネスで初めて会った時に丁寧にする「よろしくお願いします」の英語は?• 「Nice to meet you」の丁寧な言い方の英語は?• 「~によろしくお伝えください」の英語は?• 基本中の基本!「よろしくお願いします」の英語は? いかがでしたか? 今すぐ読んだ「よろしくお願いします」に関連する英語でもてこずったのではないでしょうか。 答えを確認してしっかりマスターしましょう! 【解答】• 「Nice to meet you. 」は出会った時、「Nice meeting you. 」は出会いが終わった後の「よろしくお願いします」です。 」、「I look forward to working with you. 」、「We look forward to doing business with you. 」など。 」や「Pleased to meet you. 」など。 「Please say hello to ~. 」や「Tell ~ I said hello. 」など。 「Thank you. 」や「I appreciate it. 」など。

次の