ユーパ トリウム。 ユーパトリウム(コノクリニウム)の育て方 |ヤサシイエンゲイ

ユーパトリウム リトルジョー

ユーパ トリウム

ユーパトリウムチョコレートは丈夫な植物なので それほど多くの肥料を必要としません。 ただし、ボリュームのある草姿にしたかったり 夏から秋にかけての花付きを良くしたければ 肥料を与えた方が有利になります。 「」では液肥を規定の希釈倍率で薄めて、 ユーパトリウムチョコレートの場合は生育期に1週間~10日に一度の頻度で たっぷりと水やりをした後に与えることをオススメしています。 理由は、鉢植え用土内にムラなく肥料成分が行きわたることと、 その後の定期的な水やりによって余分な肥料分を スムーズに排出できることからです。 植物は人為的に肥料を与えなくても枯れることはありません。 光合成によって生きていくために必要なエネルギーを作り出し、 その他の養分は微生物のチカラを借りたり 土のミネラルを吸収したりして補っています。 人為的に与える肥料はあくまでも植物を大きく成長させるためのものです。 ですから、与え過ぎは逆に「害」となります。 「」では 水はけ・通気性の良い用土に植え付けて、 水遣りを定期的にたっぷりと行う。 そしてサッと溶けて植物に吸収されて 余分な肥料分はスムーズに排出される液肥を使用することで 根圏を良い状態に保つことを目指しています。 最近の投稿• 最近のコメント• に アシマキ より• に 富永俊介 より• に アシマキ より• に may より• に 富永俊介 より アーカイブ• カテゴリー• Count per Day• 823430総閲覧数:• 370今日の閲覧数:• 755昨日の閲覧数:• 6293先週の閲覧数:• 26759月別閲覧数:• 478050総訪問者数:• 288今日の訪問者数:• 562昨日の訪問者数:• 4450先週の訪問者数:• 18821月別訪問者数:• 595一日あたりの訪問者数:• 4現在オンライン中の人数:• 2017年5月13日カウント開始日: メタ情報• ブックマーク•

次の

ユーパトリウムチョコレートの植え付け用土

ユーパ トリウム

学名:Eupatorium cannabinum• 別名:ヘンプアグリモニー• 分類:キク 科• 原産:欧州全域(英国などの島国含む)• 形態:耐寒性多年草• 花期:夏 欧州地域原産の唯一のユーパトリウムです。 花の感じがほぼほぼ日本のフジバカマです。 花や葉の感じなど特徴をしっかり把握していないと、「これ、欧州のフジバカマだよ」ってウソを言われても「そうなんだー」っと思っても不思議ではないかと思います。 性質はやはり強く、現在はアメリカやカナダ、中国の一部で自生しているようです。 僕だけかもしれませんが日本でまだ流通しているのを見たことがありません。 何かと効能があるようで古くから欧州ではハーブとして使用されてきた歴史があるようですが、このあたりの体内に入る系の話は僕の専門ではないので触れないでおきます。 草丈は1m~1. 5mになります。 地下茎でも増えるようです。 スポンサーリンク 個人的に「なんかゴツくて硬い質感」 という印象が強いです。 具体的な違いですが、僕自身が本物のフジバカマを見たことがなくちょっと説明できない、という状態です。 というのも他にフジバカマっぽい花というと日本国内にはヒヨドリバナ、サワヒヨドリ、といくつかあり、さらには一般的に「フジバカマ」と呼ばれ流通しているモノはがほとんどだ、という話があります。 このページ内の画像を見てもらうとわかりますが 茎が赤褐色になるのがユーパトリム・カンナビナムの特徴の1つですが、 サワフジバカマも茎が赤褐色になります。 唯一他のフジバカマっぽいモノとユーパトリム・カンナビナムが違う点として、と葉の並び方や3つに別れない(三全裂の葉ではない)、茎が線毛に覆われないなどがありますが、 フジバカマっぽいモノを見た中では繰り返しますが 一番ゴツかったのがユーパトリウム・カンナビナムだったのは事実です。 まだ日本国内ではユーパトリウム・カンナビナムとはほとんど出会うことはないですが将来的にどこかで「なんかゴツいけど、これフジバカマ・・・?」というモノを見かけたら欧州のユーパトリウムだっと思ってください。 場所は選びません.

次の

ユーパトリウムチョコレートの肥料の与え方

ユーパ トリウム

もこの仲間に含まれますが、ここでは、フジバカマ以外の種類について記載しています。 いずれも丈夫な宿根草で、基本的にはフジバカマと同様の扱いでよく生育します。 【栽培メモ】 摘芯をして草丈を抑え、株立ちを多くする以外、それほど手間がかかりません。 【ユーパトリウムの概要】 草丈 【主な種類と品種】を参照してください。 花 【主な種類と品種】を参照してください。 耐寒性・耐暑性 耐寒性 強い 耐暑性 強い 耐寒性、耐暑性とも強く育てやすい宿根草です。 強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。 判断基準は、 栽培難易度 やさしい やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分 学名 Eupatorium spp. 学名の説明 Eupatorium・・・・・アジアの王ミトリダテス6世(Mithridetes)の姓 Eupator に由来します。 maculatum 'Atropurpureum' 草丈が2m近くなる大型の品種です。 カタログではワインレッドの花が咲くと載っていますが、そこまで赤くありません。 植え付け 大型の宿根草ですので、通常は庭植えで育てます。 植えつけは、2月下旬から3月の芽が出る前が適期です。 花壇に植えるときは、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土(バーク堆肥)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。 冬には地上部がなくなり、また、新芽の展開がかなり遅くなります。 そこで、春先に間違って掘り起こさないために、何か目印をしておくと安心です。 植え場所 日当たりのよい場所でも、明るい半日陰でもよく育ちます。 植え替え 株が混みあってきたら、株分けを兼ねて植え替えます。 日常の管理 草丈が20cmほどになったら、摘芯をして、枝数を増やすようにします。 こうすることで草姿がまとまり、花時も見栄えがします。 花が終わったら切り戻しをしておきます。 ふやし方 植え替えの時に、株分けして増やすのが簡単です。 肥料 多肥にすると徒長しますので、花壇に植えた場合は、肥料は控えめでかまいません。 鉢やプランターに植えた場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。 後は、春と秋に緩効性の肥料を与えます。 病気・害虫 特にはありません。 このページのトップに戻ります。 一覧に戻ります。

次の