剣盾 しろいきり。 ワタッコ

【ポケモン剣盾】オンバーンの育成論と与ダメージ計算

剣盾 しろいきり

6月30日に配信開始するポケモン剣盾のDLC「ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス」。 その最新情報が本日2日午後10時に公開される。 3月26日の情報公開から音沙汰なかったポケモン剣盾DLC。 新型コロナウイルスの影響とみられ、今月末に配信されるのか不安に思う人も多いだろう。 今日の配信を受け、ポケモン剣盾DLCに注目が集まっているが、ここで一つ要望を提示したい。 ダイマックスはポケモンが巨大化し、HPが2倍、技はダイマックス技となり、威力が上がり固有の追加効果が発生する。 キョダイマックスは基本的にダイマックスと同じで、一部の技がキョダイマックス技となり、ダイマックス技とは違う追加効果が発生する。 ほかにも、これらにはさまざまな特典が発生するが、もはや説明するまでもないので割愛する。 一応、キョダイマックスはダイマックスの上位互換のはずだが、対戦ではあまりキョダイマックスが使われていないのが現状だ。 これは、ダブルバトル・シーズン6(5月1日-6月1日)のポケモンランキング。 キョダイマックスできるのはリザードン、ラプラス、ジュラルドン、オーロンゲ、ブリムオンの5体のみ。 ジュラルドン、オーロンゲに至ってはキョダイマックスすることはほぼなく、ブリムオンもしてこないパターンが多いため(トリルすることが多いが、その際にダメージを負ってしまい、ダメージ量によってはキョダイマックスするのが損になる、個人的にトリルして先制おさきにどうぞでサポートしたり、全体技のマジカルシャインやCダウンのマジカルフレイムを連打した方が強いため)、確実なキョダイマックスは2体だけである。 なお、この中にはないが、セキタンザンは結構見るかもしれないので実質3体か。 こちらは、シングルでの同シーズンのランキング。 シングルはカビゴン、ラプラス、リザードン、オーロンゲの4体だが、ラプラス以外はキョダイマックスしないことがほとんどである。 有用なキョダイマックス技が削除される、元々のステータスが低すぎる、そもそも弱すぎるのが原因 ビジュアルはいいのに・・・ キョダイマックスがあまり使われない原因はいくつかあるが、やはり技に問題があるだろう。 まず、キョダイマックス技により有用なダイマックス技が削除されたケース。 アーマーガア(キョダイフウゲキ:相手のしろいきり、壁、しんぴのまもり、設置罠、フィールドを解除。 ダイマックスではダイジェット)、イオルブ(キョダイテンドウ:じゅうりょくにする。 ダイマックスではダイサイコ)、ジュラルドン(キョダイゲンスイ:相手全体のそれぞれが最後に使用した技のPPを2ずつ減らす。 ダイマックスではダイドラグーン)が挙げられる。 次に、また、キョダイマックス技は強いものの、元々のステータスが低すぎて使われないポケモンもいる。 イーブイ(キョダイホーヨー:相手全体にメロメロ)、ピカチュウ(キョダイバンライ:相手全体をまひ。 じめんタイプにも有効)、バタフリー(キョダイコワク:相手全体をまひ、どく、ねむりのいずれかにする)辺りが該当する。 なお、これらは状態異常さえ何とかすれば対策は容易なので、その辺も使われない理由だと思われる。 また、ストリンダーはキョダイマックス技(キョダイカンデン:相手全体を「まひ」か「どく」にする。 特性は音技強化か威力60以下強化)が特定とかみ合わないので微妙な部類に入るか。 そもそも、前述のジュラルドン、ダストダス(キョダイシュウキ:相手全体の『どく』タイプや『はがね』タイプ以外のポケモンを『どく』状態にする)、タルップル(キョダイカンロ:自分と味方の状態異常を回復する)のように、キョダイマックス技が弱すぎるポケモンもいる。 スポンサードリンク 御三家のキョダイマックスは期待できそう ポケモン剣盾で初登場した御三家の最終進化系ゴリランダー、エースバーン、インテレオン、さらにDLCで初登場するウーラオス、そして正式に発表されていないが、カントー御三家もキョダイマックスする。 ガラル御三家に関しては、すでにキョダイマックス技の詳細が発表されている。 従来のキョダイマックス技は効果が変わるものの、技の威力は同じだった。 これが御三家だけなのかはわからないが、過去のキョダイマックスも上方修正してほしいところだ。 逆に強かった、よく使われたダイマックス技は下方修正すべきだ。 例えばダイジェット、ダイスチル。 これらはシングル、ダブル問わずに強く、よく使われたダイマックス技なので弱体化すべきだろう。 逆にダイアシッドは威力を上げるなど強化してもいい。

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論

剣盾 しろいきり

持ち物は火力を伸ばすためにいのちのたまを採用しましたが、ラムの実などのアイテムでも問題ありません。 努力値はアタッカーらしく特攻と素早さに全ぶっぱで、残りは無駄になりにくいHPが無難かと思います。 メインウエポンとなる技ですので必ず覚えさせておきましょう。 エアスラッシュ 確定技 ひこうのタイプ一致技です。 ドラゴン技で対応できない敵に使っていきましょう。 はねやすめ 確定技 HPの2分の1を回復し、使用したターンはひこうタイプがなくなります。 ひこうタイプがなくなる効果と素早さを活かして、HPを回復しつつひこうタイプの弱点技を軽減する立ち回りができます。 とんぼがえり 選択技 攻撃後に手持ちのポケモンと交換できるため、相手の交代を読めばアドバンテージをとることができます。 かえんほうしゃ 選択技 4倍ダメージを受けてしまうこおりタイプに有効な技です。 ばくおんぱ 選択技 ノーマル技のため、オンバーンはタイプ不一致になってしまいますが、不一致を考慮しても大ダメージを与えられます。 相手ポケモンを素早さで抜けることが前提ですが、うまくきまればパーティ全体を弱体化させることができます。 ちょうはつ 確定技 変化技で素早さを下げられないようにできます。 選択技 とんぼがえり かえんほうしゃ りゅうせいぐん エアスラッシュ どろぼう バクオンパ オンバーンの与ダメージ計算 りゅうせいぐん 特攻252のオンバーンがりゅうせいぐんを使った場合に何発でポケモンを落とせるのかを掲載しています。 エアスラッシュ 特攻252のオンバーンがエアスラッシュを使った場合に何発でポケモンを落とせるのかを掲載しています。

次の

ワタッコ

剣盾 しろいきり

持ち物は火力を伸ばすためにいのちのたまを採用しましたが、ラムの実などのアイテムでも問題ありません。 努力値はアタッカーらしく特攻と素早さに全ぶっぱで、残りは無駄になりにくいHPが無難かと思います。 メインウエポンとなる技ですので必ず覚えさせておきましょう。 エアスラッシュ 確定技 ひこうのタイプ一致技です。 ドラゴン技で対応できない敵に使っていきましょう。 はねやすめ 確定技 HPの2分の1を回復し、使用したターンはひこうタイプがなくなります。 ひこうタイプがなくなる効果と素早さを活かして、HPを回復しつつひこうタイプの弱点技を軽減する立ち回りができます。 とんぼがえり 選択技 攻撃後に手持ちのポケモンと交換できるため、相手の交代を読めばアドバンテージをとることができます。 かえんほうしゃ 選択技 4倍ダメージを受けてしまうこおりタイプに有効な技です。 ばくおんぱ 選択技 ノーマル技のため、オンバーンはタイプ不一致になってしまいますが、不一致を考慮しても大ダメージを与えられます。 相手ポケモンを素早さで抜けることが前提ですが、うまくきまればパーティ全体を弱体化させることができます。 ちょうはつ 確定技 変化技で素早さを下げられないようにできます。 選択技 とんぼがえり かえんほうしゃ りゅうせいぐん エアスラッシュ どろぼう バクオンパ オンバーンの与ダメージ計算 りゅうせいぐん 特攻252のオンバーンがりゅうせいぐんを使った場合に何発でポケモンを落とせるのかを掲載しています。 エアスラッシュ 特攻252のオンバーンがエアスラッシュを使った場合に何発でポケモンを落とせるのかを掲載しています。

次の