アレルギー 表示 義務。 アレルギー物質の表示とは|加工食品のアレルギー表示|知って!食物アレルギー|株式会社 明治

~栄養成分表示の義務化、アレルギー表示の改善、機能性表示食品の新設~「安全・健康のため、食品を選びやすく!新しい食品表示のルールが始まります」|内閣府政府広報室のプレスリリース

アレルギー 表示 義務

食物アレルギーは、食事をしたときに、身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことです。 主な症状は、「皮膚がかゆくなる」、「じんましんがでる」、「せきがでる」などです。 重い症状の場合には、「意識がなくなる」、「血圧が低下してショック状態になる」ということもあり、非常に危険な場合もあります。 我が国における食物アレルギー体質をもつ方の正確な人数は把握できていませんが、全人口の1〜2%(乳児に限定すると約10%)の方々が何らかの食物アレルギーを持っているものと考えられています。 このような食物アレルギーに対する有効な治療法はないため、原因となる食物を食べないことが予防・治療を行う上での原則となります。 そのため、アレルギー体質をもつ方に適切に情報が伝えることができるよう、厚生労働省では、食物アレルギーの原因となる食物を調査し、平成13年より、発症件数が多いものや、発症した際の症状が重いものについて、食品に使用した場合の表示を食品衛生法上義務付けました。 現在、次の表にあるように、卵、乳、落花生などの7品目を食品に使用した場合には、必ず食品のパッケージにアレルギーの原因となる食品の名称を表示しなければなりません。 また、あわび、いか、大豆などの18品目を食品に使用した場合には、できるだけ食品のパッケージにこれらの名称を表示するよう努めることとされています。 これは、食物アレルギー体質をもつ方のためだけに表示されているものですが、表示がない場合に起こり得る事態を考えれば、非常に重要な表示であることがお分かりいただけると思います。 規定 アレルギーの原因 となる食品の名称 表示をさせる理由 表示は義務 かどうか 省令 卵、乳、小麦、えび、かに 発症件数が多いため 表示義務 そば、落花生 症状が重くなることが 多く、生命に関わるた め 通知 あわび、いか、いくら、オ レンジ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、さけ、さば、 大豆、鶏肉、バナナ、豚 肉、まつたけ、もも、やま いも、りんご、ゼラチン、 過去に一定の頻度で 発症が報告されたもの 表示を奨励 (任意表示) 既に25品目のアレルギーの原因となる食品を指定し、それを使用した場合には、その旨の表示を義務付けるなど、食物アレルギー体質をもつ方に対して情報提供に努めています。 しかしながら、食物アレルギーの実態把握を完全に行えていないことや、食習慣の変化などによって将来的に食物アレルギーの状況が変わっていく可能性が大きいことから、厚生労働省では、3年ごとに調査を行い、その結果を踏まえて原因となる食品を見直すようにしています。 最近では、平成20年6月、「えび」や「かに」を使用した場合の表示を義務付ける制度改正を行ったところです。 厚生労働省では、今後とも、食物アレルギーの実態把握に努め、適切なアレルギー表示を推進してまいります。 今回取り上げた食品のアレルギー表示など、食品衛生法に基づく食品の表示に御関心のある方は、厚生労働省ホームページに関係情報を掲載していますので、以下のURLから御覧下さい。

次の

【小麦アレルギー必見】特定原材料などアレルギー表示をわかりやすく解説したよ

アレルギー 表示 義務

もくじ• アレルギー物質の表示の基本 食品にはアレルギー表示がされていますが、まず最初にどのくらいの量が入っていたら記載されるのか、どんな食品に記載されているのか、されていないかを見ていきましょう。 食品表示法では食物アレルギー症状を引き起こすことがある食品のうち、とくに発症者数や症状の重症度が高く、 表示する必要性の高い 食品7品目を 「特定原材料」として定め、表示を義務づけています。 また、 20品目を「特定原材料に準ずるもの」として、可能な限り表示するよう推奨しています アレルギー物質はどのくらいの量が入っていたら表示されるの? アレルギーの症状のでかた、感受性は人それぞれです。 少量でもアナフィラキシー症状を引き起こす原因になりかねません。 そのため、 特定原材料を使っている加工食品は、 原則として 含有量に関わらず表示をすることになっています。 まだまだ、がんばるよ〜 原材料は、 重量割合の多いものから表示されます。 アレルギー表示は原材料欄に、 個別表示か 一括表示のどちらかの表示方法で表示されます。 例えば、カツサンドの場合の原材料を見てみます。 使われている原材料が以下のものだとします。 豚カツ• ソース• ファットスプレッド• 増粘剤 個別表示の場合 個別表示は、原材料のすぐ後にカッコで(〜を含む)、添加物の場合は(〜由来)と表示されます。 アレルギー物質が何に含まれているのかわかります。 一括表示の場合 一括表示だと、原材料欄の最後にまとめて表示されます。 どの原材料に、何のアレルギーが含まれているのかわかりません。 アレルギー物質をわかりやすいように表示されている 原材料表示とは別に、パッと見てわかりやすいようにアレルギー表示をしてある食品もあります。 新しい食品表示法の猶予期間 「食品表示法」は平成27年(2015年)に定められた法律です。 平成30年の今現在は、 移行猶予期間中となっていて、 旧基準と新基準が混ざっている状況です。 平成32年(2020年)の3月31日までに、加工食品・添加物の表示は新しいものに統一されます。 この新しい表示法については、別で記事を書く予定です。 もう少し、お待ちくださいね 小麦アレルギーで小麦を除去している場合に注意すること 特に小麦アレルギーなどで 小麦を除去している人に、注意してほしいことです。 小麦アレルギーの場合、 ライ麦・大麦などに交差反応することがあります。 小麦とタンパク質の構造が似ている ライ麦や 大麦などは、小麦アレルギーと同じ反応がでることがあります。 ですが、 大麦などが含まれていても、小麦の表示はされません。 大麦、ライ麦などを除去している人は気をつけてください。 ただし、小麦にアレルギー症状があるから、大麦にもアレルギー症状があるとは限らないので、ほんとうなら食べてみてどうかを確認するといいです。 でもアレルギー症状の出かたは人それぞれで、食べてみるのが怖いと思います。 まずは、かかりつけの医師に相談してみてくださいね。 コンタミネーションの注意喚起表示 原材料表示の枠外に コンタミネーションの注意喚起が書いてあることがあります。 この3つの コンタミネーションの可能性が排除できない場合、注意喚起することが推奨されています。 原材料としてアレルギー物質をつかっていなくても同じ製造ラインなどでアレルギー物質を使っていて、ごく少量のアレルギー物質が混入するなどの可能性を書いているものです。 icon-exclamation-triangleごくわずかなアレルギー物質の摂取が重篤なアレルギー症状を起こすの方への注意喚起表示ですが、このような製造工程で製造された商品を食べてもよいかという判断は、症状の違いや体調にも左右されてしまうので、かかりつけの病院の主治医とご相談くださいね。 わかりにくい表示や用語について 小麦を除去するにあたって、わかりにくい表示や用語について説明をします。 注意するレベルを段階で色分けしたので、参考にしてみてね 注意(小麦・大麦をつかっている) icon-arrow-right 確認が必要(小麦がつかわれているかも) icon-arrow-right ほとんどが大丈夫と言われている(ごくまれに小麦がつかわれているかも) グルテン 要注意 グルテンは小麦などの穀物に含まれるタンパク質であるグリアジンとグルテニンが結合したもので、小麦などの主要なタンパク質である。 でんぷん 小麦をつかっていないか確認が必要 じゃがいも、葛、とうもろこし、小麦、さつまいも、米、サゴヤシ、キャッサバなどを原料に作られる。 水あめ ほとんどがコーンスターチ 主にとうもろこしデンプン(コーンスターチ)が使われ、デンプンを酸や酵素で低分子の糖質に加水分解(糖化)して精製・濃縮されたもの。 麦芽水あめ 注意(大麦をつかっている) 昔ながらの手法でつくったお米に麦芽を加えてつくったもの。 麦芽 注意(大麦をつかっている) 大麦を発芽させたもの。 麦芽糖(マルトース) ほとんどがとうもろこしやじゃがいも とうもろこしや、じゃがいものでんぷんから作られる。 製品によって小麦由来の酵素を使用する場合がありますが、小麦タンパクは1ppm未満など、残留していても微量であることが多いとの意見があります。 【小麦を含む】と表示されていなければ、小麦は使用されていません。 たんぱく加水分解物 小麦をつかっていないか確認が必要 肉、魚、大豆、とうもろこし、小麦などのタンパク質を酸や酵素で加水分解して作られるもの。 「うまみ調味料」として使用。 植物性タンパク 小麦をつかっていないか確認が必要 小麦、大豆を原料として製造。 酵母エキス 注意(大麦をつかっている) 主な原料は、ビールの製造過程で出る使用済みの大麦の酵母など。 それらを分解抽出した成分。 小麦は特定原材料です。 小麦をつかっているものは(小麦を含む)と記載しなくてはいけません。 たとえば、原材料に「でんぷん」とあって(小麦を含む)の記載がなければとうもろこしなどのデンプンをつかっているということになります。 たん白加水分解物の例 ポテトチップスの原材料です。 たんぱく加水分解物のあとに (大豆を含む)と書いてあります。 大豆は「特定原材料等27品目」なので、記載したものです。 小麦が使われていれば(小麦を含む)と書かれています。 食品添加物 モルトエキス 注意(大麦をつかっている) ほとんどが大麦麦芽ですが、ごくまれに小麦麦芽を使用。 【 小麦を含む】と表示されていなければ、小麦は使用されていませんが、大麦をつかっています。 icon-exclamation-triangleごくわずかなアレルギー物質の摂取が重篤なアレルギー症状を起こすの方は、商品に小麦が含まれているのか心配でしたら、製造元に確認してみてくださいね。 わかりにくい用語 キャリーオーバー 原材料中には含まれる添加物のうち、最終製品においてその効果を失っているもの。 加工助剤 ・最終的に食品として包装する前に食品から除外されるもの ・食品中に通常存在するものに変えられ、その成分の量が食品中に存在する量を増加させないもの ・最終食品中に、ごくわずかなレベルでしか存在しないもの コンタミネーション 原材料としては使用していないにも関わらず、特定原材料等が意図せずに混入してしまうこと。 アレルギー表示のまとめ 原材料表示に記載されているアレルギー表示のことを、今回記事を書くにあたってすごく調べて勉強しました。 今まで疑問に思っていたこと、知っているつもりだったけど知らなかったこと、いっぱい知ることができました。 このアレルギー表示を理解することができると、買い物のときにすごく役立つとおもいます。 アレルギー表示の難しさも理解できました。 小麦アレルギーの人の症状や、食べられないものがひとそれぞれ違うので、 すべての人に安全な書き方にすると、今度は食べられるものまで除去しないといけないということが出てきます。 醤油が食べられる人は「一括表示」で(小麦を含む)と書いてあると、醤油だけに小麦が入っているのかわからなくて困っています。 icon-arrow-right 「個別表示」になるとその商品のどれを除去すればいいかわかる icon-arrow-right 食べられるものが増える 小麦表示がなくても、大麦やライ麦が入っていて食べられない人もいます。 icon-arrow-right アレルギー表示に「大麦使用」と注意書きをする icon-arrow-right 小麦だけ除去の人も、小麦・大麦除去の人、どちらにもやさしくてハッピー メーカーの方は、わたしたちのちいさい声に耳をかたむけてもらって、もっと選びやすい表記になるといいなっておもいます。

次の

アレルギー物質27品目とは?表示義務と推奨の食品がある!表示免除がある食品に注意!

アレルギー 表示 義務

もくじ• アレルギー物質の表示の基本 食品にはアレルギー表示がされていますが、まず最初にどのくらいの量が入っていたら記載されるのか、どんな食品に記載されているのか、されていないかを見ていきましょう。 食品表示法では食物アレルギー症状を引き起こすことがある食品のうち、とくに発症者数や症状の重症度が高く、 表示する必要性の高い 食品7品目を 「特定原材料」として定め、表示を義務づけています。 また、 20品目を「特定原材料に準ずるもの」として、可能な限り表示するよう推奨しています アレルギー物質はどのくらいの量が入っていたら表示されるの? アレルギーの症状のでかた、感受性は人それぞれです。 少量でもアナフィラキシー症状を引き起こす原因になりかねません。 そのため、 特定原材料を使っている加工食品は、 原則として 含有量に関わらず表示をすることになっています。 まだまだ、がんばるよ〜 原材料は、 重量割合の多いものから表示されます。 アレルギー表示は原材料欄に、 個別表示か 一括表示のどちらかの表示方法で表示されます。 例えば、カツサンドの場合の原材料を見てみます。 使われている原材料が以下のものだとします。 豚カツ• ソース• ファットスプレッド• 増粘剤 個別表示の場合 個別表示は、原材料のすぐ後にカッコで(〜を含む)、添加物の場合は(〜由来)と表示されます。 アレルギー物質が何に含まれているのかわかります。 一括表示の場合 一括表示だと、原材料欄の最後にまとめて表示されます。 どの原材料に、何のアレルギーが含まれているのかわかりません。 アレルギー物質をわかりやすいように表示されている 原材料表示とは別に、パッと見てわかりやすいようにアレルギー表示をしてある食品もあります。 新しい食品表示法の猶予期間 「食品表示法」は平成27年(2015年)に定められた法律です。 平成30年の今現在は、 移行猶予期間中となっていて、 旧基準と新基準が混ざっている状況です。 平成32年(2020年)の3月31日までに、加工食品・添加物の表示は新しいものに統一されます。 この新しい表示法については、別で記事を書く予定です。 もう少し、お待ちくださいね 小麦アレルギーで小麦を除去している場合に注意すること 特に小麦アレルギーなどで 小麦を除去している人に、注意してほしいことです。 小麦アレルギーの場合、 ライ麦・大麦などに交差反応することがあります。 小麦とタンパク質の構造が似ている ライ麦や 大麦などは、小麦アレルギーと同じ反応がでることがあります。 ですが、 大麦などが含まれていても、小麦の表示はされません。 大麦、ライ麦などを除去している人は気をつけてください。 ただし、小麦にアレルギー症状があるから、大麦にもアレルギー症状があるとは限らないので、ほんとうなら食べてみてどうかを確認するといいです。 でもアレルギー症状の出かたは人それぞれで、食べてみるのが怖いと思います。 まずは、かかりつけの医師に相談してみてくださいね。 コンタミネーションの注意喚起表示 原材料表示の枠外に コンタミネーションの注意喚起が書いてあることがあります。 この3つの コンタミネーションの可能性が排除できない場合、注意喚起することが推奨されています。 原材料としてアレルギー物質をつかっていなくても同じ製造ラインなどでアレルギー物質を使っていて、ごく少量のアレルギー物質が混入するなどの可能性を書いているものです。 icon-exclamation-triangleごくわずかなアレルギー物質の摂取が重篤なアレルギー症状を起こすの方への注意喚起表示ですが、このような製造工程で製造された商品を食べてもよいかという判断は、症状の違いや体調にも左右されてしまうので、かかりつけの病院の主治医とご相談くださいね。 わかりにくい表示や用語について 小麦を除去するにあたって、わかりにくい表示や用語について説明をします。 注意するレベルを段階で色分けしたので、参考にしてみてね 注意(小麦・大麦をつかっている) icon-arrow-right 確認が必要(小麦がつかわれているかも) icon-arrow-right ほとんどが大丈夫と言われている(ごくまれに小麦がつかわれているかも) グルテン 要注意 グルテンは小麦などの穀物に含まれるタンパク質であるグリアジンとグルテニンが結合したもので、小麦などの主要なタンパク質である。 でんぷん 小麦をつかっていないか確認が必要 じゃがいも、葛、とうもろこし、小麦、さつまいも、米、サゴヤシ、キャッサバなどを原料に作られる。 水あめ ほとんどがコーンスターチ 主にとうもろこしデンプン(コーンスターチ)が使われ、デンプンを酸や酵素で低分子の糖質に加水分解(糖化)して精製・濃縮されたもの。 麦芽水あめ 注意(大麦をつかっている) 昔ながらの手法でつくったお米に麦芽を加えてつくったもの。 麦芽 注意(大麦をつかっている) 大麦を発芽させたもの。 麦芽糖(マルトース) ほとんどがとうもろこしやじゃがいも とうもろこしや、じゃがいものでんぷんから作られる。 製品によって小麦由来の酵素を使用する場合がありますが、小麦タンパクは1ppm未満など、残留していても微量であることが多いとの意見があります。 【小麦を含む】と表示されていなければ、小麦は使用されていません。 たんぱく加水分解物 小麦をつかっていないか確認が必要 肉、魚、大豆、とうもろこし、小麦などのタンパク質を酸や酵素で加水分解して作られるもの。 「うまみ調味料」として使用。 植物性タンパク 小麦をつかっていないか確認が必要 小麦、大豆を原料として製造。 酵母エキス 注意(大麦をつかっている) 主な原料は、ビールの製造過程で出る使用済みの大麦の酵母など。 それらを分解抽出した成分。 小麦は特定原材料です。 小麦をつかっているものは(小麦を含む)と記載しなくてはいけません。 たとえば、原材料に「でんぷん」とあって(小麦を含む)の記載がなければとうもろこしなどのデンプンをつかっているということになります。 たん白加水分解物の例 ポテトチップスの原材料です。 たんぱく加水分解物のあとに (大豆を含む)と書いてあります。 大豆は「特定原材料等27品目」なので、記載したものです。 小麦が使われていれば(小麦を含む)と書かれています。 食品添加物 モルトエキス 注意(大麦をつかっている) ほとんどが大麦麦芽ですが、ごくまれに小麦麦芽を使用。 【 小麦を含む】と表示されていなければ、小麦は使用されていませんが、大麦をつかっています。 icon-exclamation-triangleごくわずかなアレルギー物質の摂取が重篤なアレルギー症状を起こすの方は、商品に小麦が含まれているのか心配でしたら、製造元に確認してみてくださいね。 わかりにくい用語 キャリーオーバー 原材料中には含まれる添加物のうち、最終製品においてその効果を失っているもの。 加工助剤 ・最終的に食品として包装する前に食品から除外されるもの ・食品中に通常存在するものに変えられ、その成分の量が食品中に存在する量を増加させないもの ・最終食品中に、ごくわずかなレベルでしか存在しないもの コンタミネーション 原材料としては使用していないにも関わらず、特定原材料等が意図せずに混入してしまうこと。 アレルギー表示のまとめ 原材料表示に記載されているアレルギー表示のことを、今回記事を書くにあたってすごく調べて勉強しました。 今まで疑問に思っていたこと、知っているつもりだったけど知らなかったこと、いっぱい知ることができました。 このアレルギー表示を理解することができると、買い物のときにすごく役立つとおもいます。 アレルギー表示の難しさも理解できました。 小麦アレルギーの人の症状や、食べられないものがひとそれぞれ違うので、 すべての人に安全な書き方にすると、今度は食べられるものまで除去しないといけないということが出てきます。 醤油が食べられる人は「一括表示」で(小麦を含む)と書いてあると、醤油だけに小麦が入っているのかわからなくて困っています。 icon-arrow-right 「個別表示」になるとその商品のどれを除去すればいいかわかる icon-arrow-right 食べられるものが増える 小麦表示がなくても、大麦やライ麦が入っていて食べられない人もいます。 icon-arrow-right アレルギー表示に「大麦使用」と注意書きをする icon-arrow-right 小麦だけ除去の人も、小麦・大麦除去の人、どちらにもやさしくてハッピー メーカーの方は、わたしたちのちいさい声に耳をかたむけてもらって、もっと選びやすい表記になるといいなっておもいます。

次の