石井 佳苗。 カンタマルチカバー

スタイリスト・石井佳苗さんの好きなものに囲まれた心地よい暮らし。

石井 佳苗

素敵なお住まいを訪ねる新企画の第2弾。 スタイリスト石井佳苗さんのセンスの源は・・・? スタイリストになったきっかけや 好きなものについても伺ってきました。 石井さん主宰するウエブサイト 「Love Customizer」 インテリアDIYの著書 雑誌やウエブサイトでもたびたび紹介されている 石井佳苗さんのお住まい。 象徴的な存在は、このキッチンでしょう。 レストランの厨房にあるような、 カウンター下がオープンになったステンレスキッチン。 ブリキ板をまげて作ってもらった換気扇フード。 (中の換気扇は、ごく普通のものなんだそう) モザイクタイル張りの壁は、ペイント壁とミックスされて 独特の雰囲気を醸しています。 ソットサスがデザインしたペッパーミル、ジャスパー・モリソンのコンテナ、リカルド・ダリージのナポリタンコーヒーメーカー、アレッサンドロ・メンディーニ・・・ 「アレッシィ」が扱うデザイナーの名前が次々と・・・。 「独立する前は、カッシーナで10年、 アレッシィのVMDを担当していました」。 専業主婦をしていた20代から30代にかけて 「FOB COOP」や「デポー39」「アクタス」など 次々に東京にオープンするインテリアショップを見てまわり、 「インテリアって楽しい!と目覚めた」という石井さん、 次はインテリアの仕事をしよう!と インテリアコーディネーターの資格をとり、 当時の「カッシーナ」が青山本店をオープンするタイミングで再就職し、 本社で営業として勤務。 モダンな感覚は身に着いたものなのです。 なるほど、リビングダイニングをよく見ると、 デザインの違うチェアがそこここに。 デザイン好きには椅子好きが多いと言うけれど・・・。 「1階は、室内だけで11脚。 デッキを入れると16脚あります。 2階には10脚。 ときどき、自分でも数えています(笑)」 チェアは、雰囲気に合わせて入れ替えているのだそう。 基本的に、北欧やイギリスの古いものが多いそうですが、 「いちばん好きなチェアは?」と尋ねると、 「スーパーレジェーラ」と即答。 インテリアコーディネーターの勉強をしたときに知り、 当時、六本木のアクシスにあった「カッシーナ」のショールームに 何度も観に行った思い出があるのだとか。 名作中の名作、と名高いそのデザイナーズチェアは、 なんと、キッチンの間仕切りを兼ねた棚の横に、 UK版「ELLE DECO」の山とともに、置かれていました。 「直線的なラインのものが好きなんですが、 スーパーレジェーラはほんとうによくデザインされていて、 特別な感じを抱いている、大好きなチェアです。 インテリアの世界に入るきっかけになった家具でもあるし」 大切なチェアを、日常のシーンに置いて楽しんでしまう。 それが、いまの石井さん流インテリアを象徴しているよう。 そのセンスは、階段や洗面台、玄関といった 小さなスペースにも発揮されています。 「好きなものを合わせても、まとまるインテリアに どうやったらできるのですか?」と最後に質問してみました。 「私は、トータルのバランスを空間でとらえているかな・・・。 食器だったら、それだけを見るのではなくて テーブルに合うかな?と考えてみます。 テクスチャーやテイストは混ぜたいので、そのバランスも考えます。 もの選びもいろいろ失敗していますよ~。 失敗しないと、その理由がわからないから 自分で合うかどうかを考えて、試してみることが大事。 失敗しながらもやってみることで、成功率が上がると思うんです。 インテリアは完成させると止まってしまう、と思います。 自由度をあげるために、 照明の位置が変えられるように電源を考えておくとか テレビの位置が変えられるようにコンセントも配置するとか そういう工夫もしています」 キッチンのペイントも、「次は何色にしよう・・・」と思案中なのだそう。 石井佳苗さんのインテリアは、きょうも現在進行形です。

次の

石井佳苗のラグや新居がヤバい!?夫やポップアップショップも調査‼

石井 佳苗

部屋づくりを考えるときに、マストアイテムとして、ソファーを挙げる人は多いようです。 しかし、インテリアスタイリストの石井佳苗さんの自宅には、ソファーはありません。 「ソファーは憧れのアイテム。 でも、ソファーを置いてしまうと存在感が大きすぎて、レイアウトの自由度が低くなるとも思います。 なので、今は、この広さの家に無理に置かなくてもいいかなと思っています」と石井さん。 ソファーの代わりに選んだのが、座面高が低くゆったりと座れる椅子や、背もたれが高く、頭まで支えてくれる椅子。 どちらもくつろぎ感があるので、十分にソファーの役割を果たしてくれます。 大きなソファーをひとつだけ置くより、空間に動きがプラスされ、インテリアにメリハリが。 大きくも重くもないので、簡単に動かすことができ、思いついたときに、いつでも模様替えができるというメリットもあります。 お気に入りのソファーが見つかれば、リビングの主役にするのもいいのですが、今の住空間に合わせて無理に選ぶくらいなら、違う選択肢もあります。 石井さんのように、リラックスできるタイプの椅子を選んだり、広げたラグの上にたくさんのクッションを並べるというのもありかもしれません。 カフェスタイルのインテリアの本質は、自分にとって心地よい空間づくり。 なんとなくソファーを置くのではなく、わが家には本当にソファーが必要か?そんな自問自答をするところから、カフェスタイルづくりをしてみませんか。 あなたは、テーブルと椅子は、同じシリーズのものをそろえなければいけないと思い込んでいませんか? でも、オシャレでリラックスできるカフェを見てみると、必ずしもおそろいではありません。 椅子がすべて違うというカフェも珍しくなく、「今日は、どの椅子に座ろうかな?」と迷うのも、カフェを訪ねる楽しみのひとつです。 石井さんの自宅も、椅子はすべてバラバラ。 「椅子って、人と似ていると思っているのですが、人も椅子も個性はそれぞれ、いろんな人がいたほうが楽しいように、椅子もみんな同じじゃないほうが自由な感じがします」と石井さん。 憧れのデザイナーの椅子も4脚そろえようと思うと、価格的にハードルが高いのですが、1脚なら、ちょっと頑張れば購入できる可能性も。 また、全部を古い椅子にするのに躊躇してしまう人も、1脚なら、取り入れやすく、インテリアに味わいをプラスすることができます。 椅子は、セットでそろえるという考え方から自由になると、わが家のインテリアがグッとカフェっぽくなるはずです。 メジャーな家具ではないにもかかわらず、石井さんの自宅に、いくつもあるベンチ。 70㎡に満たないスペースでは、意外な選択のような気がしますが、なんと5台も愛用。 そのうち3台が手作りです。 奥行きが浅いものなら、廊下や玄関といった狭い場所に置きやすいのも魅力。 上に本を積んだり、下に物を収納するなど、収納家具の役割も担ってくれます。 椅子と違って座る人数を限定しないので、人が大勢集まるときにも便利。 実際のカフェでも、壁側をベンチにして、座る人数の調整に使われることも多いことから、カフェらしさをつくるためにぜひとも取り入れたい家具といえるかもしれません。 ベンチは単純な造りなので、座る家具の中では、比較的簡単にDIYができるアイテム。 また、一般的に注目度が高い家具ではないため、古道具屋さんでは格安で見つかることもあります。 ベンチを探すという視点を持ってショップ巡りをすると掘り出し物に出会えるかもしれません。 すでにほかの家具はそろってしまっているという人なら、ベンチをとっかかりにして、カフェインテリアをスタートするのもおすすめです。

次の

インテリアスタイリスト・石井佳苗 ☓ ポポ、メグ、ハナオ — 猫も人も居心地のよい空間づくり

石井 佳苗

ライター 嶌陽子 雰囲気を「あえて」変えた、バスルーム インテリア連載vol. 12は、インテリアスタイリストの石井佳苗さんの新居。 昨年5月に引っ越した中古マンションの内装を、セルフリノベーションとDIYで作り上げました。 インテリアや収納のアイデアはもちろん、将来、中古マンションをリノベーションをして住みたいと考えている人にとっても、参考になるヒントが満載。 最終回では、他の部屋とはがらりと趣を変えたバスルームを中心にご紹介します。 過去に購入したものを紹介しているので、現在手に入らないものもございます。 どうぞご理解、ご了承いただけると幸いです 第4話 バスルーム&寝室 洗面所は、色や柄で「遊べる」空間 洗面所は、ぱきっとしたグリーンが目を引くトイレのドアや、3種類のひし形タイルを組み合わせた幾何学模様の床が個性的な雰囲気。 石井さん: 「洗面所は面積が小さいからこそ『遊べる場所』だと思っています。 リビングなどの広い空間に原色や幾何学模様を取り入れたら、くつろげなくなってしまいそうですが、ここは小さなスペースなので、おもしろいことに挑戦できたんです」 洗面台は、アンティークのテーブルの上に洗面ボウルをのせて作ったもの。 水栓金具はオンラインショップの「パパサラダ」で見つけて購入し、専門業者に施工してもらいました。 また、洗面所の壁もで紹介した「自由な壁」です。 石井さんが益子の「Pejite」で買った日本の古い鏡や、寝室の床材で余った足場板で作った壁を取り付けました。 石井さん: 「バスルームは時々入る場所だから、あえて個性的な雰囲気にすることで、気分転換できる空間にもなりました」 リノベーションの際に、大胆な色や素材を使いたいと思った場合は、洗面所で試してみるのがよさそうです。 以前は全く光が入らず、暗かった浴室。 壁の一部をガラスブロックにすることで、一変して明るい空間に生まれ変わりました。 浴室のドアもガラスにしたため、洗面所にも光が入ります。 ちなみに、浴室の向こう、キッチンから見たガラスブロックはこんな感じです。 石井さん: 「ガラスブロックはインターネットなどで1個数百円で売っています。 こうして少し使うだけで、抜け感も出るし、明るさも感じられますよ。 採光のためだけでなく、1970〜80年代のポストモダンの雰囲気を取り入れたかったんです」 キッチンの棚に置いてある、ソットサスのペッパーミルなども、石井さんの好きなポストモダンのデザイン。 石井さん: 「ナチュラルな雰囲気の空間にバランスよく混ぜることでデザイン性が高まって、全体的に雰囲気が締まるところが気に入っています」 ガチャ柱を使った洗濯機まわりの収納 洗面所の一角、トイレの横には洗濯機置き場が。 上には棚柱(ガチャ柱)を使って作った棚がありました。 棚の1段目にはタオル類が。 2段目に3つ並んだカゴは、益子のお店で買ったもの。 予備の洗剤や掃除道具など、生活感のあるものを収納しています。 毎日のように使う洗剤類は、カゴバッグに入れて床の上に。 かごや布バッグを上手に使って、生活感があふれそうな洗濯機まわりもすっきりと見せていました。 ファブリック使いで、リラックス感を演出 最後に見せてもらったのはベッドルーム。 ガラスの折れ戸から、柔らかい光が差し込んでいました。 目隠しにしている布は韓国の李朝時代のポジャギ。 光の透け具合が心地よさをもたらしてくれます。 ベッドルームの床に使ったのは古い杉の足場板。 温かく、素足で歩いても大丈夫だそうです。 肌寒い時期はウール、春から初夏にかけてはカディコットンというように、ベッドカバーも季節に合わせて素材を変えるそうです。 リビングやダイニングもそうですが、ベッドルームでは特に素材感にこだわり、リラックスできる雰囲気が作られているように感じました。 全4回にわたってお届けした石井佳苗さんのお宅。 いかがでしたでしょうか。 最後にセルフリノベーション体験の感想を聞いてみると、「楽しいと大変が半々くらいでしたね」という答えが返ってきました。 石井さん: 「私はフリーランスで仕事をしているので時間の調整もできましたが、会社勤めをしながらセルフリノベを大々的にやろうとすると、予想以上に時間がかかって大変だと思います。 無理のない範囲で、自分に合う形で楽しく関われるといいですよね。 また、使いたい素材や設備などがあれば、メーカーなどを詳しく知らなくても、本や雑誌などを設計事務所などに見せてイメージを伝えると、近いものを探してくれますよ。 とにかく、リノベーションする時は希望は何でも伝えてみることが大事だと思います。 だって、自分の家ですから!」 床や壁など、根本的な部分からリノベーションに関わった石井さんの話はとても新鮮で、「リノベーションやインテリア作りの可能性はこんなにあるんだ!」と感じた取材でした。 次回はどのようなお宅に出合えるのでしょうか。 もくじ 石井 佳苗 インテリアや暮らしまわりのスタイリスト。 ウィンドウディスプレイやプロモーション、商品開発、講師などにも、活躍の場を広げている。 近著『Love Customizer No. instagram.

次の