モノクロ少年少女。 モノクロ少年少女 第1巻 (花とゆめCOMICS)

【モノクロ少年少女】今すぐ全巻無料で読むために使えるサービス特集!|漫画サイコー!

モノクロ少年少女

天涯孤独の人間の少女が 騙し騙され動物の国の姫と王子たちの全寮制高校に 編入してしまうコメディです。 主人公・呉羽(くれは)はウサギの国の王女として生活する羽目になります。 彼女が逃げないように監視する クロヒョウ国第4王子・右京 トラ国第2王子・茅 オオカミ国第6王女・蝶々 彼らとこのケダモノ高校でどう生き抜いていけるのか? 彼らと友情が芽生えたりするのか? はたまた恋心が芽生えてしまったりするのか? けも耳と尻尾をつけた少年少女たちが 全編にわたって出てくるので、 その属性の方は特に楽しめるのではいかと。 私はケモ耳属性はありませんが それでも普通の学園物として十分楽しめました。 それになんといっても絵がかわいい! 悩殺ジャンキーで得た画力が存分に発揮されています。 カラーも相変わらず美麗でジャケ買いされる方も多いのでは? 感情の動きと呉羽のウサ耳がリンクしていてかわいいです。 テンポのよいコメディで、この巻は序章といったところですが これから期待できる内容です。 福山さんお得意のモノローグも今作品で存分に 楽しめそうですし、2巻からも楽しみ。 両親を亡くした主人公、呉羽は学費や生活費免除という言葉に つられ、入学した毛保乃高校。 普通の高校生活ができると思っていたが・・・。 獣の人間が通うケダモノ高校だった。 呉羽は、人間の共存を目指す為、自身が人間であることを隠し 人間共同生活プログラム「ラビット」のウサギとして 命をかけて毛保乃高校に通うことになったが・・・。 主要キャラクターは、意地悪クロヒョウ第4王子 ちょっとツンデレがある 、ナルシストで高飛車なオオカミ第6王女、腹黒トラ第2王子です。 生徒全員が獣で王子と王女だからなのか、みんなドSです。 いじられているようでははなく、イジメられているように思います。 主人公がかわいそうに思います。 意地悪されても、がんばっている主人公が好きです。 身寄りがなく、施設もつぶれてしまった呉羽は 学費・生活費免除のチラシに誘われ、毛保乃高等学校へ。 しかしそこは「ケダモノ」高等学校、 ケモノの姫と王子たちが人間との共存をめざし 食欲抑制学を学ぶ学校だった。 成績上位3位の、クロヒョウ国王子右京、 トラ国王子・茅、オオカミ国王女蝶々に世話されつつ(?) 呉羽は人間であることを隠し、ウサギ国の姫として入学するが。。。 福山先生の新作は、ケモノ耳です。 ウサギのふりをさせられている呉羽は 人間臭いを消すため、ウサギの耳&しっぽをつけられていますが 他の生徒たちもみんなそれぞれのケモノ耳&しっぽつき。 ずっと転校続きで友達がいなかった呉羽は 性格に難ありの右京たちとぶつかりながらも、仲よくなっていき。。 まだ恋愛とかは未満な感じですが、ツンデレです。 学校も、寮も4人一緒の、スリルなスクールライフのお話。 悩殺ジャンキーの時、たまたま花とゆめ本誌を買っていたのですが、 絵は可愛いと思いつつも、テンション高すぎな漫画だなぁ、と 思っていました。。。 今は花ゆめ本誌は買ってないのですが、店頭で、このコミックスの表紙 を見た時、獣耳に魅かれてつい買ってしまいました。 (笑) 獣耳、生徒会、ツンデレなど、オタク要素満載な漫画ですが、 絵の今風具合と、前作はモデルを題材にしていた事などもあって、 そこまでオタク臭くは感じないような気がします。 ) コミックスの柱に、最初は重い題材だったのを軽くしました。 とあったのですが、個人的には重い題材の漫画は好きなので、 軽いテンポは残しつつも、これから少しずつ深い話になっていくと いいなぁ〜、なんて思っております。

次の

漫画『モノクロ少年少女』が無料!その後が気になる物語の魅力をネタバレ紹介

モノクロ少年少女

今回は、漫画『モノクロ少年少女』を全巻無料でzipやrar・torrentでダウンロードするより全巻を安全に快適に見れるアプリをご紹介していきます。 身寄りもなく新世紀中をたらいまわしにされた挙句に路頭に迷いかけた主人公の巳待呉羽。 そんな彼女がわらにもすがる思いで見つけたチラシには、「学費・寮費・全額免除で先着1名入学可」というなんとも功待遇な内容が!? そんなわけで、常人には入学不可能の私立毛保乃高等学校へと編入した呉羽だったのですが、この学校にはものすごい秘密があったのです。 それでは、漫画『モノクロ少年少女』を全巻無料でzipやrar・torrentでダウンロードするより全巻を安全に快適に見れるアプリをお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧くださいね! Contents• 作者:福山リョウコ• 出版社:白泉社• 掲載誌:花とゆめ• レーベル:花とゆめCOMICS• 発表号:2009年7号 — 2012年24号• 発表期間:2009年 — 2012年• 巻数:全12巻 『花とゆめ』にて2008年17号に読み切りとして発表され、その後同誌2009年7号から連載に移行した作品です。 人間の形をした動物たちが通う高校に転入した少女、巳待呉羽の学園生活を描いた作品となっています。 また2010年1月、『花とゆめ』4号に付録として添付された非売品『CUTE3ヒロインドラマCD』内でドラマCD化もされています。 作者は福山リョウコ• 出身地:和歌山県• 職業:漫画家• 活動期間:2000年 —• 代表作:『悩殺ジャンキー』『覆面系ノイズ』• 受賞:第270回HMC努力賞 第23回白泉社アテナ新人大賞 優秀新人賞 第29回白泉社アテナ新人大賞 デビュー優秀者賞 2000年に「カミナリ」でデビューを果たした以後、『花とゆめ』および『ザ花とゆめ』にて読み切り作品を中心に執筆活動を展開しています。 2003年には、『花とゆめ』にて「悩殺ジャンキー」の連載を開始され、同作品は2008年まで連載され、福山の代表作となりました。 2008年に『花とゆめ』にて、読み切り作品「モノクロ少年少女」を発表し、同作品は2009年から同誌にて連載作品へと移行しました。 2013年には、『花とゆめ』にて「覆面系ノイズ」の連載を開始し、同作品は2017年にテレビアニメ化と実写映画化を果たしています。 福山リョウコの作品は他には何がある? 悩殺ジャンキー 「悩殺ジャンキー」容姿端麗ながらも緊張すると殺人鬼顔になってしまうナカはモデルのウミに憧れモデルデビューを目指していた。 ひょんなきっかけでウミが男だと分かり口封じにモデルデビューさせてもらうことに。 二人の初々しいやり取りに胸キュン必至 — 少女漫画おすすめbot komaham 『花とゆめ』にて2003年21号から2008年24号まで連載されていた作品です。 単行本は全16巻となっています。 ナカとウミは事務所「boom! 」所属のモデルです。 偶然にウミの秘密を知ってしまったナカは秘密をばらさない代わりに仕事をもらい、必死に秘密を隠していました。 しょっちゅうナカはウミに殴られたり蹴られたり飛ばされたり……。 しかし、チュウをしたり(事故)抱き合ったり(思わず)と仲の良い2人。 いろいろな困難を乗り越えてゆくモデル達のドタバタコメディ作品となっています。 単行本は「花とゆめコミックス」より刊行され、2018年3月の時点で既刊15巻が刊行されています。 2016年4月にテレビアニメ化が発表され、2017年4月から6月まで放送されていました。 また2016年10月に実写映画化が発表され、2017年11月25日に公開されました。 監督は三木康一郎、主演は中条あやみとなっています。 ちなみに作品内に登場するバンド「in NO hurry to shout;」として、演者の中条あやみ、志尊淳、磯村勇斗、杉野遥亮が、劇中曲「Close to me」でCDデビューをしました。 歌うことが大好きなニノ 有栖川仁乃。 ニノは、幼いころに初恋の相手・モモ 榊桃 、そして由比ヶ浜で出会い、曲づくりをする・ユズ 杠奏 の2人と悲しい別れる経験をしました。 「いつの日か歌声を目印に、ニノを見つけ出す」という2人と交わした約束を信じて由比ヶ浜で歌い続けてきたニノ。 ニノは、高校でユズとの再会を果たしました。 ユズの所属するバンドin No hurry to shout(イノハリ)のボーカルに誘われたニノは、歌う場所を得て、その歌声に磨きをかける日々を送りはじめたのです。 一方、ニノと同じ高校に通っていたモモは、すでに作曲家としてのキャリアを積んでいました。 しかし、モモはニノのために作った曲を金のために売ってしまった自責の念からニノを避け続けていたのであった。 漫画『モノクロ少年少女』第1巻はどんな始まりだった? 【モノクロ少年少女】 人間の姿をした動物が通う学校に転入した白ウサギ 人間 の女の子が送る学園もの。 少女漫画で絵がすごく綺麗。 それぞれの葛藤や恋愛事情が切ないけど優しい話ですね。 「学費・寮費・全額免除で先着1名入学可」というチラシに釣られ、常人には入学不可能な私立毛保乃高等学校に入学しました。 ところがこの学校は、ケモノの国の子女が集う学校なのです。 食欲抑制学を学ぶために3年に一度「ウサギ」と呼ばれる人間を入学させるのだそう。 成績トップ3のオオカミ国第6王女・蝶々、トラ国第2王子・茅、クロヒョウ国第4王子・右京に囲まれて、ウサギとしての呉羽の高校生活が始まりました。 ケダ高に通うケモノはみんな肉食で、「人間=エサ」という認識しています。 そんなところにいきなり人間を投入するのはハイリスクなため、ウサギに変身させ生徒たちに食欲を抑制することを覚えさせるのが目的なのだとか。 同じケモノなら狙われることはあっても、問答無用で襲われることはないというのだ。 いつ逃げ出そうか迷っていた呉羽だったのですが、校内でうっかりウサギの耳を外してしまい、他の生徒に食べられそうになってしまったのです。 そしてこの学校の存在が夢ではなく現実にあるということ、人間だとバレたら本当に命の危機に陥ることをようやく自覚します。 そして、ケダ高で「ウサギ」として過ごすことを受け入れ始めるのであった。 育ってきた環境ゆえに、周りからなめられないよう強がって生きてきた呉羽。 そのため、言葉遣いや行動は少々男勝りのところもありますが、情に厚くピュアな性格をしているのです。 第1巻を読んでみた感想 身寄りもなく苦労してきた呉羽が転がり込んだ毛保乃高校。 そこはみんな獣の姫と王子達という設定になんだこの設定?!と驚いてしまいました 笑 しかし、読んでいくうちに惹き込まれて行くのがわかり、この作者さんの素晴らしさを感じました。 何より、初っ端から茅も右京もカッコいいんですよ! 全然違うタイプというのもあるのですが、それだけでも楽しめそうです。 右京謎に色気ある気がしますし、茅は呉羽に恋するのかな? 最後は呉羽がウサギなのに生徒会長になる異例の結果が出たわけですが・・・。 次巻で伊織姫のこととか出てくるのかな? とにかく続きが気になって仕方がありません! スポンサーリンク 漫画『モノクロ少年少女』全巻の口コミ・感想は? 読みすすんでいくうちに、ケダ高ワールドに染まってしまいました。 少女漫画の中で2番目くらいに好き。 1位の桜蘭高校ホスト部といい勝負してるくらい好き。 右京すき。 茅すき。 蝶々すき。 呉羽すき。 みんな大好き。 大好き。 Thank you! 1冊あたりのレンタル料金の最安値は97円~• 取り扱いコミック数は21,000作品で38万冊ある• 年会費は無料で利用する時だけ支払い• パソコンで予約し自宅に配達される• 返却も電話一本で集荷に来てくれる• 実際に本が届くので紙の本好きにオススメ 何にせよ、現在 30日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。 このキャンペーンもいつまで実施しているのか分からないため、是非お早めに利用してみて下さいね! 実際に利用している人の声・口コミは? ツタヤディスカス、評判が結構割れるみたいだけど自分のように古い作品ばかり掘り起こして見る人間からすれば都合のいいサービスなのかもだな。 早よ届けー。 設定から言ってもかなり苦難を強いられそうな呉羽なのですが、その学生生活はどうなっていくのでしょうか。 成績トップ3のオオカミ国第6王女・蝶々、トラ国第2王子・茅、クロヒョウ国第4王子・右京といった個性的な獣たちに囲まれての呉羽の運命はいかに!? ということで、人外系や獣耳好きにはたまらない作品となっています。 個性豊かな獣たちとの学校生活を、この機会に是非堪能してくださいね! スポンサーリンク.

次の

モノクロ少年少女 第1巻 (花とゆめCOMICS)

モノクロ少年少女

親も身寄りもなく、親戚中をたらい回しにされた挙句、住んでいた施設が潰れてしまった不幸の少女です。 3年に1度おこなわれる、人間と共同生活するためのプログラム「ラビット」の「ウサギ」として、私立毛保乃高等学校に編入することになりました。 ケダ高に通うケモノはみんな肉食で、「人間=エサ」という認識。 そんなところにいきなり人間を投入するのはハイリスクなため、ウサギに変身させて、生徒たちに食欲を抑制することを覚えさせるのだとか。 同じケモノなら狙われることはあっても、問答無用で襲われることはないのだそうです。 いつ逃げ出そうか迷っていた呉羽ですが、校内でうっかりウサギの耳を外してしまい、他の生徒に食べられそうになってしまいます。 そしてこの学校の存在が夢でもなんでもないこと、人間だとバレたら本当に命の危機に陥ることをようやく自覚し、ケダ高で「ウサギ」として過ごすことを受け入れ始めるのです。 育ってきた環境ゆえに、周りからなめられないよう強がって生きてきたため、言葉遣いや行動は少々男勝りのところもありますが、情に厚くピュアな性格をしています。 仲良くしてくれている右京、茅、蝶々たちが、友達としてではなく自分を監視していればご褒美が貰えるから近くにいると聞かされた際は大きなショックを受けてしまいました。 しかしそれもこれまでもらった優しさや温もりを無かったことにすることはできず、嫌いにもなることもできません。 「お前らとホントの友達に…なりたい…」(『モノクロ少年少女』1巻より引用) 照れながらも面と向かってこんなセリフが言えるあたり、呉羽の本来の人の良さがわかりますね。 恥ずかしいくらいの真っ直ぐさは、動物的な考えのケダ高に実はピッタリなのかもしれません。 『モノクロ少年少女』の登場人物:右京 クロヒョウ国の第4王子。 校内では成績トップ3で、呉羽が編入してきた当初から彼女の面倒をみています。 口も態度も悪いですが、仲間外れにされるのが嫌だという可愛らしい一面があります。 どうやら群れることが好きな習性が関係しているのだそう。 いつも不遜な態度をとっていますが、自国に問題を抱えていて、1年次のオリエンテーリング先がクロヒョウ国と決まった矢先、諍いを起こしてしまいました。 兄との関係を聞いてきた呉羽に対し、ひどい言葉を浴びせてしまいます。 「何がわかるんだ? もう この世に家族がいない お前に」(『モノクロ少年少女』2巻より引用) このひと言が原因で、呉羽はケダ高を飛び出してしまいました。 これで放っておけば真の冷血漢ですが、意外と情に厚い右京。 茅や蝶々とともに人間界まで彼女のことを迎えにいき、きちんと謝ったのです。 これをきっかけに、幼いころから親しくしていたのに仲違いをしてしまっていた芽との関係もひと段落します。 自分の気持ちに素直で、人の気持ちにはやや鈍感だけど優しいのが彼の魅力ではないでしょうか。 ちなみにウィークポイントは尻尾で、握られると力が抜けてしまいます。 トラ国の第2王子、茅(ちがや)。 チャラチャラとした態度と物言いをしていますが、彼も実力テストで常に上位3人にランクインしています。 基本的には右京や蝶々を引き立てるような立ち位置にいますが、本気になれば簡単に1位になることもできる、底の知れないタイプです。 右京の天敵ともいえるクロヒョウ国第1王子の黄苑に、右京の様子を報告しているなど、裏で何をしているかわかりません。 また一夫多妻なトラの習性ゆえか、彼女が23人もいて、知れば知るほど不思議です。 自身の誕生日には、とんでもないことを言い放ちました。 「…呉ちゃん プレゼント追加してもいいかな オレの彼女になってくれない?」(『モノクロ少年少女』3巻より引用) ただこれは本気ではなく、連日断っているお見合いの新しい相手が来るため彼女のフリをしてほしいということでしたが、右京の前で言ったため、一触即発の雰囲気になってしまいました。 ちなみにケモノの世界では異種族間の恋はご法度だそうで、校内での恋愛は卒業するまでの間の息抜きのようなものだそうです。 『モノクロ少年少女』の登場人物:蝶々 オオカミ国の第6王女、蝶々。 小・中とトップで卒業しながら「人間」になれるギフトを受け取らずに、右京や茅とともに高等部まで進学してきました。 ケダ高の成績は、試験のほかに普段の行動によって貰えるポイントで決まります。 ポイントの高い生徒は他の生徒から一目置かれる存在となるのですが、彼女は頭脳だけでなく見た目も美しいため、時折ナルシストっぷりが出てしまうのです。 呉羽に対し自分より容姿が劣っていると平気で言ったこともありましたが、これはどうやら「好きな子をいじめる」愛情表現のよう。 呉羽が本当に困っている時は全力で守り、大袈裟なほどの好意をアピールします。 頭も見た目も、なんだかんだ性格もよい彼女ですが、想いを寄せている右京に関することとなるとなかなか冷静ではいられません。 右京と呉羽が無意識のうちに惹かれあっているのを知ると、あからさまに妨害をすることはありませんが、時には八つ当たりをしたり暗い表情を見せたりすることがあります。 内心モヤモヤとした感情を抱えたまま2人と接していましたが、呉羽に好きな相手が右京だと知られると、長年ひた隠しにしてきた自身の想いときちんと向き合うようになりました。 蝶々の恋心がどのような結末を迎えるのか、本作の大きな見どころとなっています。 『モノクロ少年少女』の登場人物:伊織 呉羽がケダ高に来る1年前に、中等部へ「ウサギ」としてやってきた人間の少女です。 実はこれまで、「ウサギ」として学校に居続けることができた人間はおらず、全員が全員途中で逃げ出していました。 しかし伊織は例外で、クロヒョウ国第1王子であり右京の兄である黄苑のフィアンセとして、今はクロヒョウ国に滞在しています。 当時も成績トップ3だった右京、茅、蝶々は、呉羽に接するのと同じように伊織の監視役兼友人として行動をともにしていました。 しかし、ある日突然黄苑がやってきて、伊織を婚約者として国に連れ帰ってしまったのです。 黄苑と右京の確執は以前からありましたが、この事件によって決定的に。 また右京と茅は自分のせいで彼女がクロヒョウ国に囚われてしまったと思い込んでいます。 ただどうやら、伊織自身は望んで黄苑のそばにいるよう。 「異種族間の恋はご法度」ですが、そんな決まりで気持ちを止めることなどできませんでした。 彼女の存在が、呉羽と右京、茅の絆をより強いものにしていくきっかけとなっていきます。 『モノクロ少年少女』は、人間とケモノの少年少女たちが恋と友情を育むだけでなく、その過程で心身ともに大きく成長していく姿も魅力的な作品です。 登場するキャラクターたちは皆見た目も可愛いので、ぜひチェックしてみてください。

次の