世田谷 リウマチ 膠原 病 クリニック。 骨粗しょう症・整形外科|東信よしだ内科・リウマチ科|膠原病,長野市,上田市,千曲市,須坂市,坂城町

みんなのクリニック三軒茶屋|内科・リウマチ・膠原病内科・在宅診療

世田谷 リウマチ 膠原 病 クリニック

骨粗しょう症は骨が軽石のようにスカスカに弱くなる病気です。 自覚症状に乏しく背中が丸くなる、身長が縮むといった症状は徐々に起こるためなかなか病気であると気がつきません。 高齢化により起こる骨粗しょう症とステロイドの内服などを原因とするステロイド性骨粗しょう症があります。 もろくなった骨は、体の重みが加わるだけで潰れてしまう圧迫骨折を起こしたり、転倒により簡単に骨折するなどリスクとなります。 圧迫骨折が起こると背骨が丸くなったり、身長が縮んだり、痛みを伴ったりします。 最近の骨粗しょう症の治療は進歩していて骨密度を増やすことも可能になりました。 骨粗しょう症も早期発見、早期治療が重要です。 このたび、当院は最新型の全身型骨密度測定器(DEXA を導入し、患者さんの骨密度を迅速に正確に測定することが可能になりました。 関節リウマチ・膠原病に骨粗鬆症が合併することが知られていて、リウマチ・膠原病治療において骨密度を正確に測定することはとても大切なことです。 以下のガイドラインに該当する患者さんは是非一度骨密度の測定をすることをお勧めいたします。 【ガイドラインの対象患者】 1, 骨粗鬆症治療をおこなう可能性がある症例 2, 65歳以上の女性、危険因子を有する65歳未満の閉経から周閉経期の女性 3, 70歳以上の男性、危険因子を有する50歳以上70歳未満 4, 脆弱性骨折を有する症例は、重症度判定のため 5, 低骨密度・骨量減少をきたす疾患に罹患、またはそれを引き起こす薬物投与(ステロイド等)されている成人.

次の

医師紹介|東京 リウマチの専門医 大田区|東京リウマチクリニック

世田谷 リウマチ 膠原 病 クリニック

ごあいさつ ~患者様に優しい全人的医療の実践を目指して~ 私は昭和47年慶應義塾大学を卒業し、4年間の内科一般研修の後、膠原病リウマチ性疾患を専門分野として選び、臨床・教育・研究に従事してまいりました。 膠原病の代表的な疾患は関節リウマチですがほかにもさまざまな疾患が含まれています。 膠原病に含まれる疾患はいずれも比較的珍しい疾患です。 このため膠原病というと、内科の中でも特殊な分野と考えられがちです。 しかし私は、膠原病の臨床は、実は最も内科らしい分野であると考えています。 膠原病は全身性疾患で、様々な臓器が障害されます。 この中には循環器、消化器、呼吸器、神経など内科のあらゆる分野の領域の病変が含まれます。 さらに、皮膚科、眼科、整形外科など内科の枠を超えた臓器の病変も起こってきます。 したがって、膠原病リウマチの患者様の診療にあたっては、循環器、消化器などの特定の臓器だけに注意すればよいわけではありません。 患者様全体を常に念頭において診察しなければなりません。 このためには、膠原病リウマチ性疾患に対する専門的な知識が必要であることはもちろんですが、ほかの内科の分野の知識も理解しておかなければなりません。 さらに、整形外科・皮膚科・眼科・耳鼻科など内科の領域を超えた症状に対しても適切に対応できなければなりません。 私たちは特定の分野の病気について深く専門性を深めるだけではなく、全身性疾患として内科全般、あるいは内科の枠を超えて対応できる知識と能力を要求されてきました。 さらに、リウマチ膠原病の多くは長く続く疾患であり、疼痛など患者様にとってきわめて重大な苦痛や障害をきたす疾患です。 患者様の多くが長期に亘る治療を要し、しかも、様々な困難を抱えています。 このため、精神的な問題や社会的な問題にも配慮しなければなりません。 膠原病の医療はまさに全人的医療の実践の場です。 こうした診かたは、実は膠原病に限るものではなく、あらゆる疾患に共通して必要なものであると考えます。 このたび、私は膠原病専門医であるとともに、一般内科医としても診療することといたしました。 医療の治療の目標は患者様のQOL quality of life:生活の質 の改善にあります。 「患者様に優しい全人的医療の実践」、これが当院開設の基本的なコンセプトです。 また、同時に、一般内科疾患の診療も行います。 一般内科疾患では、動脈硬化性病変の評価に努めるとともに、生活習慣病の対策にとくに力を入れたいと考えています。 また、骨の健康を重視したいと考えています。 骨粗しょう症は高齢化を迎えた現在、社会的にも多くの関心を集めています。 また、関節リウマチを代表とする膠原病の合併症、ステロイド薬の副作用としても重要です。 骨密度の評価、骨粗しょう症の予防、治療に焦点をあてた臨床を行います。 関節リウマチ、膠原病、痛風で代表されるリウマチ性疾患の多くは慢性の痛みをもたらすだけでなく、生命予後、機能予後の点においても重大な障害をきたす可能性があります。 幸いにして近年のリウマチ学の発展は目覚しく、治療法も格段に進歩しています。 この結果、多くのリウマチ性疾患の予後は著明に改善されてきています。 こうした進歩は現在も進んでおり、従来の治療法とは質的に異なった画期的な治療法も導入されつつあります。 こうしたリウマチ性疾患の治療は専門的な診療が必要です。 また、リウマチ性疾患の病態は全身諸臓器におよぶことから、全身的な診方が特に必要になります。 多くの内科的な甲状腺疾患は自己免疫性疾患という点で膠原病に共通した病態によって生じます。 甲状腺疾患・副腎疾患などの内分泌疾患についても多くの患者様の診察をさせていただいてきました。 風の診療所というクリニック名はヒット曲でも有名な「千の風」の詩からとったそうです。 人が死んだ後、千の風になれるかどうかはその人の人生の生き様そのものだから、せめて「一つの風」となれるように生きたい、という院長の希望からお付けになったとのこと。 患者さんの役に立ちたいという思いがお話していても伝わってきます。 これからも益々地域にかかせない診療所になられていくことかと思います。 2013. 11高主•

次の

世田谷リウマチ膠原病クリニック(世田谷区/経堂駅)|ドクターズ・ファイル

世田谷 リウマチ 膠原 病 クリニック

天本 藤緒 専門 関節リウマチ治療 抗CCP抗体陽性関節リウマチ発症予防 中高年の膝関節症 略歴 昭和62 長崎大学医学部卒業 昭和63 東京大学医科研付属病院レジデント 東大麻酔科 東京専売病院ほかを経て 平成5 東京大学整形外科助手・医員 平成7 関東中央病院整形外科医長 平成10 国立国際医療センター整形外科技官 平成12 東大病院整形外科助手 リウマチ、人工関節分野の研究 平成14 米国バージニア州 Advanced Orthopedic Center surgical fellow 平成15 関東労災病院整形外科医長 平成18. 12 自由が丘整形外科 自由が丘に開院 平成22. 10 玉川田園調布に移転 平成29. 11 東京リウマチクリニックに名称変更 関節治療研究会 代表世話人• 2020. 4 ニッポン放送 坂本梨紗のヘルシー・メルシー番組内リウマチ解説出演• 2017. 13 「超早期関節炎 RA発症予防の可能性ついて」講演• 2014. 6 第6回変形性膝関節症を考える会 「リウマチ治療におけるスムーズかつ安全なBio導入について」• 2013. 15-16 第2回日本タバコフリー学会学術大会 シンポジウム 全面的なタバコフリー社会実現への道 医療機関が喫煙者の診療を断る意義」シンポジストとして• 2011. 3 Orthopedics Management Seminar大阪 『リウマチ超早期治療と生物学的製剤のコストパフォーマンス』• 2011. 11 高知リウマチサミット2011 関節リウマチ超早期治療〜どこまで許されるのか• 2011. 2 嶺南リウマチ研究会(福井県)高容量MTXの安全な投与法• 2010. 7 変形性膝関節症における薬物治療法とRA生物学的製剤選択の基準 (RAエキスパートセミナー)• 2017. 23号 週刊現代「医者の情報格差」リウマチ治療について掲載• 2015. 15 マキノ出版 ひざの激痛を自分で治す最強事典 ひざを復活させる22の秘策 分担執筆• 2015. 1 TBS Nスタ 関節リウマチ• 2015. 29 テレビ東京 別冊 主治医が見つかる診療所 健康スイッチ• 2015. 4 フジテレビ 健診!メディカルランド• 2014. 14 マキノ出版 ひざの激痛を自力で治す最強療法内 お皿のストレッチ執筆• 2014. 3 テレビ東京 「お達者ライフ」 半月板のずれについて解説• 2013. 17 テレビ東京 「早期発見!これって病気ですか?」『関節リウマチ』• 2013. 26 テレビ朝日 若大将のゆうゆう散歩• 2012. 31 運動療法ガイド第5版(日本医事新報社) 関節リウマチ分担執筆 初診について 初診完全予約制です。 本院で治療対象となる リウマチ性疾患• 関節リウマチ• 抗CCP抗体陽性早期関節炎• リウマチ因子陽性関節炎• 乾癬や強皮症、シェーグレンなどの膠原病に合併する関節炎• 強直性脊椎炎• 線維筋痛症とリウマチ性疾患を見分けるもっとも確実な方法は、ステロイド(プレドニン、ケナコルトなど)が効くかどうかです。 効果があるのであればそれは線維筋痛症ではありません。 リウマチ性疾患ですので受診をおすすめします。

次の