モーラ ナイフ 黒 錆 加工。 【モーラナイフ】サビ取りと黒錆加工|ブッシュクラフトビギナー

【簡単&一瞬】ガンブルーでモーラナイフを黒錆加工してみた

モーラ ナイフ 黒 錆 加工

もう一つ、ソロストーブ用のミニ薪作りなんかに重宝しているのが。 先日の幽霊谷ハンモック泊釣行でも活躍しましたが、実はその時シース(鞘)から取り出したナイフが錆びてたんですね。 恥ずかしいから写真を載せなかったけど(笑) 仕方ないからそのまま使って、うちに帰って来てから早速研ぐことに。 シースから取り出すと恐ろしいほどの錆が。 こんなに錆びちゃってるよー。 まぁ、私はニワカなので許してもらおう(笑) 、シースに差してそのままにしてあったんだけど、ミニ薪作りに使ったくらいでこんなに錆びるものなの? キイチゴ沢で使ってから1週間くらいしか経ってないのに。 いや、時間経過の問題じゃないか。 乾いた流木を割っているだけなら良かったけど、生木っぽい枝で塩焼き用の串を削ったりしてそのまま湿度の高い状態でシースに入れておいたからだな、きっと。 それにしてもこの錆びはひどい。 それとよく見ると、細かく刃こぼれしている。 これも研いで修正しよう。 モーラは調理などの繊細な使い方はしないので、本当はステンレスを買うつもりだったけど間違って炭素鋼を買っちゃったんですよね(苦笑) こんなに錆びやすいならオピネル同様黒錆加工をしておいた方が良さそうだよね。 モーラナイフの黒錆加工 まずは研いで、サビ落としと刃こぼれ修正。 とにかく研ぎましょう。 まずは 1000の砥石で錆を落とします。 それほど深く錆が入っているわけじゃないので、少し研げば大体落ちます。 大きな刃こぼれならもっと粗い砥石を使わないと無理だけど、今回のはほんの細かいこぼれ方なので、 1000でいけそうです。 こんな感じに研げました。 これだけでも十分だと思うけど、黒錆加工をする前に包丁でいう「平」と「切り刃」の部分をさらに 3000で研ぎます。 平の部分を錆を落とすために研いだので、「MORAKNIV MADE IN SWEDEN」も文字が消えちゃった。 ナイフ各部名称とか、そう言えばナイフの鋼材についてもまだまとめてなかったので、合わせてまたいずれ書きます。 とりあえず、今日はナイフの刃の形についてだけ書きます。 ナイフの刃には、主に4つのタイプに分けられます。 研ぐ範囲を赤線で示してありますが、これは「切れ味を良くするために研ぐ部分」という意味で、それ以外のところも錆を落とす目的で研ぐことはあります。 一番左の ホロウ。 刃の真ん中辺り(Aの部分)がへこんでいます。 このタイプがナイフでは一番多いと思います。 研ぐのはセカンドベベルと呼ばれる刃先の部分。 セカンドベベルを鋭角に研げば切れ味が良くなる代わりに刃こぼれしやすくなり、逆に鈍角に研げば切れ味はそこそこで長切れする(切れ味が持続する=刃こぼれしにくい)刃になります。 Aの部分は研げないので錆には注意。 二番目の フラット。 オピネルはこのタイプに分類されます。 オピネルの場合上図のような背のところから平行になっている部分はなくて、全体が薄い刃ですが。 このタイプは比較的研ぎやすく、切れ味も長持ちします。 三番目の スカンジ。 モーラ コンパニオンはこのタイプに分類されますが、実際に刃先を見るとフラットのようにセカンドベベルがあるんですよね。 これ、いろんな方のブログを読んでみると私が使っている コンパニオン ヘビーデューティMG カーボンはマイクロベベルが付いている個体と付いていない個体が存在しているようです。 マイクロベベルのないスカンジは研ぎやすく切れ味も出しやすいですが、刃こぼれしやすく頻繁に研ぐ必要があります。 一番右の コンベックス。 和風に言えば蛤刃。 蛤の貝殻を合わせたように外側にふくらんだ形の刃。 鉈や斧の刃もこんな形になっていますね。 そしてあの日本刀もこの形。 このタイプは刃こぼれしにくいですが、研ぐのが難しいです。 27追記: 当初私は三番目のスカンジの項目に「ミニ薪作りをしたりするならセカンドベベルを落とした方が刃こぼれしにくいと思うので、近々そうしようかな。 」と書いていましたが、コメントでヒンナさんからご指摘いただいた通り、これは私の勘違いでした。 すみません。 同じ刃厚であればセカンドベベル(マイクロベベル)があった方が、刃先の角度が大きくなる(鈍角になる)ので刃こぼれしにくいです。 コンパニオン ヘビーデューティMG カーボンの場合は、刃厚がそこそこあるので(つまり刃先が鈍角なので)マイクロベベルを落として(上記した通りそもそもマイクロベベルが付いていない固体もある)薪作りなんかに使っても刃こぼれしないと言う方もいます。 この辺りは自分でいろいろ試してみて、また報告したいと思います。 結局、ナイフは、• 切れ味• 刃こぼれのしにくさ(切れ味の持続性)• 研ぎやすさ 以上の3点を好みに応じてどうバランスを取るかってことですよね。 購入時点での鋼材選びからすでにそれは始まってますが、「研ぎ」の段階で自分でカスタマイズもできるってことですね。 ナイフは奥が深くて楽しい道具ですね。 ますますはまりそう(笑) 3000の砥石で、平と切刃を磨きます。 刃先は敢えて繊細な刃付けはせずに 1000で研いだままにしておきます。 ピカピカの鏡面仕上げ。 気持ちいい。 油分落としをしっかりするのが最重要ポイント。 刃に油分が着いているとムラができてしまうので、 シリコンオフ(・ ・)を吹き付けて拭き取ります。 シリコンオフは車の塗装補修の時に、油分を取り除くために以前から使っています。 シリコンオフを使わなくても、台所用の中性洗剤の原液をスポンジに付けて洗ってからよく水で流せばOKです。 紅茶と酢の黒錆加工溶液に1時間ほど浸ける。 さて、今回は刃渡りが長いのでオピネルの時の倍量の黒錆加工溶液を作ります。 鍋に水800mlを入れて沸かし、紅茶のティーバッグを6つ入れて沸騰してから2分ほど煮出します。 ティーバッグの銘柄は特にこだわらなくて安いので十分です。 しっかり紅茶が出たら火を止め、水の量に対して3割くらいの酢(今回は240ml)を入れてかき混ぜたら、黒錆加工溶液の完成。 オピネルの時より大きめの瓶を用意しました。 モーラ コンパニオンの刃を漬け込みます。 このまま1時間ほど放置。 水中からは細かい泡がたくさん出てきてかなり酸っぱいニオイがします。 順調に化学変化が起こっている模様。 1時間後に取り出すと、おぉー、イイ感じに真っ黒。 水で流して水分を拭き取って乾かしたら完成! おぉー、なんだか渋いナイフになったぞ。 これで錆びにくくはなったけど、アウトドアで使ったら帰って来たらきれいに洗って乾かし、薄く油でも塗っておけば万全かな。 これからもこのナイフは活躍してくれることでしょう。 和包丁を黒錆加工したらどうなんだろう? 炭素鋼って特殊なものじゃなくて、普通に幅広く刃物に使われています。 炭素含有量によって硬度が違うし、その他の金属の含有比率はそれぞれ違うけど。 和包丁(出刃包丁や柳刃)ももちろん炭素鋼だから錆びやすく、しめ鯖なんか切った後なんか少しそのままにしておくと急速に錆びてくるくらいです。 まぁ、和包丁は頻繁に研ぐから錆びやすくても問題はないんだけど、 出刃包丁を黒錆加工したら面白いかも。 そんなの見たことないけど、やったって別に問題ないよね? でも、研ぎ直しで表面を削っちゃうからすぐに意味なくなるか? いや、平と切刃は錆びなければ研がないから、黒いまま保ちそう。 やってみたいという衝動に駆られている今日この頃です(笑) Nori1022さん、こんにちは。 むしろグリップをオイル漬けにした時のウォルナットオイルの良い香りがします。 もしかしたら、グリップの木部まで黒錆溶液に浸かっちゃいました? 木に酢のニオイが染み込んでるのかも? しばらく使っていれば酢のニオイは薄れるんじゃないかと思いますが。 黒錆加工の後にオイル漬けはしましたか? してないようだったら、乾性油(亜麻仁油やえごま油、ウォルナットオイルなど)に漬け込めば酸っぱいニオイもとれるような気がします。 コメントありがとうございます! おっしゃるとおりで、私の勘違いでした。 マイクロベベルがあった方が刃先が鈍角になるから刃こぼれしにくいはずですよね。 記事は修正、追記させていただきました。 このナイフの場合、そこそこ刃厚があるのでマイクロベベルを落としてもカミソリエッジというほどにはならず、スカンジにして使っている人もいるみたいなんですよね。 箱出しの状態でこのナイフにはマイクロベベルの付いている個体と付いていない個体が存在しているらしいです。 ナイフについては初心者レベルなので、鋼材や研ぎ方など含めてこれからいろいろ試してみようと思います。 また、アドバイスいただけるとうれしく思います。

次の

炭素鋼のナイフは錆びやすい|モーラナイフを研いで黒錆加工

モーラ ナイフ 黒 錆 加工

モーラナイフ 黒錆び加工 鉄は、酸素を取り込んで酸化物となろうとする性質(錆びる性質)を持っている為、 錆びを防ぐには、表面に膜を作り、それより錆の発生を防ぐ必要があります。 通常の錆びは「赤錆」、鉄を腐食させ、ボロボロにしてしまいます。 一方、「黒錆び」は鉄の表面に酸化被膜を形成することで、赤錆びを防ぐ事が出来ます。 メッキの一種で、黒染めとも呼ばれている処理方法です。 準備物 ・鍋 ・紅茶ティーパック(今回は4つ入れました) ・お酢(今回はクエン酸を使用) ・モーラナイフの刃が浸かる程度に深い入れ物 (500mmペットボトルを切った物が便利です) お茶に含まれるタンニン酸が鉄と反応して黒錆びを発生させます。 しかし、この黒錆びの被膜は薄い為、更に油を塗って保護する必要があります。 黒錆びとはいえ、錆びのついたナイフで食べ物を扱った切場合、 問題ないのか?と思う方もいるかもしれませんが、 黒錆び(マグネタイト)は、手入れされた鉄製中華鍋やフライパンに付着し、 表面の被膜が錆びや焦げから鍋を守ったり、 古くは五右衛門風呂や鉄瓶にも用いられてきました。 大量に黒錆びを摂取すれば問題がありますが、(どんなものでも大量摂取は問題です。 アルコール、塩分、きのこ等・・・) 黒錆び加工されたナイフで食べ物を切っても健康被害はありません。 以前、スポーツスターの錆び取りで使用した 「黒錆び転換材」もタンニン酸を用いて赤錆を黒錆化させ、 赤錆びによるそれ以上の腐食を防ぐというものでした。 楽天で購入 まずは鍋にティーパックで濃い紅茶を煮出します。 次にお酢を加えるのですが、分量はよく煮出した紅茶8に対してお酢2 (今回はクエン酸をおおさじ3杯入れました) 液にナイフを漬ける前に、しっかりと脱脂します。 油分が残っていると、上手く被膜形成されません 中性洗剤等で事前にしっかり洗っておきましょう。 ナイフを漬けるとすぐに泡が出てきました。 一晩放置 液から出すとキレイな被膜が出来ました。 しっかりと乾燥 乾かす際、斜めに置いてしまった為、水滴で黒錆びにムラが・・・ 次の加工の際には注意したいと思います。 加工前 加工後 黒錆び加工はしっかりと出来ました。 後はオイルを塗って(今回はオリーブオイルを使用) むらは出来ましたが、使用には問題ありません。 後は、刃を研いで、ガシガシ使っていこうと思います。 次のキャンプが楽しみです。

次の

【簡単&一瞬】ガンブルーでモーラナイフを黒錆加工してみた

モーラ ナイフ 黒 錆 加工

「黒錆加工」それは、古くからある「おはぐろ」と同じもの はじめに黒錆加工について説明する。 黒錆加工とは、赤錆が生じやすい鉄に対して、あえて鉄タンニン化合物の被膜を形成させることによって、赤錆の進行を防ぐ処理を指す。 黒錆加工は、古くは日本国内でも「南部鉄器」に施された処理としても有名だ。 南部鉄器の伝統的な色は黒で、着色剤は「お歯黒(おはぐろ)」。 おはぐろは「お茶錆び」ともよばれ、酢に鉄を溶かした鉄漿水(かねみず)に濃い目の茶汁を加えてつくられる。 つまり黒錆加工は先人の知恵なのだ。 オピネルやモーラナイフなどの炭素鋼ナイフの黒錆加工は、以下のような工程で完成する• ナイフの研磨• ナイフの脱脂• ナイフへの酸とタンニンによる処理 「赤錆びを防ぐ」メリット以外には、刀身が黒くなりカッコよくなるので、多くのオピネルやモーラナイフユーザーがこの黒錆加工の道を通る。 オピネルナイフの素材について 我が普段使いナイフたち。 真ん中が新品のオピネルフォールディングナイフ 8 次に、黒錆加工方法の前に、ナイフの素材解説をする たとえばオピネルのナイフにはステンレスと炭素鋼のものがある。 それぞれの素材にはメリットデメリットがあるためそのあたりをまずはチェックしておきたい。 <ステンレスと炭素鋼(カーボンスチール)の比較>• 堅牢さ(硬度):ステンレス >炭素鋼• 錆びにくさ: ステンレス >炭素鋼• 切れ味: ステンレス< 炭素鋼• 研ぎやすさ: ステンレス< 炭素鋼 つまり、以下の通り。 炭素鋼は研ぎやすく切れ味が高いが錆びやすい• ステンレスは丈夫で錆びず切れ味は維持しやすい• ステンレスの切れ味は炭素鋼に劣る わたしは研いでメンテナンスをしながら、こまめに手入れをしながら使うという思惑で炭素鋼のタイプを選んだ。 モーラナイフのカーボンスチールタイプ ちなみに買ったばかりのオピネルやモーラナイフは切れ味がよくないことがある。 使えなくはないが、初期の刃付けがやや雑というのもあって、場合によっては刃こぼれしているものも見受けられる。 後述するが、黒錆加工の前に多少研いでおくことをオススメする。 オピネルの炭素鋼ナイフはあっという間に錆びる オピネルの炭素鋼ナイフをすこしつかってみたところ、あっけなく錆びた。 ほう、ほほう。 しっかり錆びているな。 通常攻撃にプラスして破傷風による追加ダメージか。 って何をいっているんだ。 赤錆は鉄の表面だけでなく、放っておくと段々と金属の内部へ腐食をすすめてしまうという性質がある。 そうなるとやがてはナイフの刀身自体が折れてしまうのだ。 ということで、今回は、この赤錆びを防ぐために黒錆加工をする。 オピネル炭素鋼ナイフのかんたん黒錆加工手順 オピネルの場合、こだわる人は持ち手のグリップを外して作業をするのだが、こだわらない人は、以下の簡易手順でやるといい。 わたしは簡易手順派に所属している。 炭素鋼ナイフの赤錆があれば砥石で落としておく。 同時に刃先も研ぐ• エタノールや食器洗い洗剤でナイフの刀身を脱脂する• 紅茶を濃いめに煮だして酢と合わせた溶液をつくりそこに刀身をつけこむ(300ml。 酢は2割=60ml)• 一定時間経過後、溶液からナイフをだして流水であらって乾かす• オイル類をぬって終了 持ち手のグリップを外すことによって、ナイフの付け根もしっかり黒錆加工ができるが手間なのでそこは好みでどうぞ。 今回は4つの手順でオピネルの炭素鋼ナイフを黒錆加工する方法を解説していく。 では、進めていこう。 手順1:オピネルナイフの赤錆びを砥石で落とす まず錆びを落とす場合、電動研磨機があると容易に磨くことができるのだが、砥石でもがんばれば問題ない。 まずは、「 貝印のコンビ砥石」を用意しておいた。 なんでこれをAmazonで買ったかというとレビューがよかったからだ。 ヤラセ系のレビューではなさそうだったのでね。 荒く研ぐための砥石と、仕上げ用の砥石が背中合わせになっていて、ゴムの台座があり滑りにくい仕様がいい。 台座のしたに濡れ雑巾をしくとさらに固定できる。 「砥石台」をつかうとさらに研ぎやすくなる。 まず砥石を10分ほど水につけておいて、そこから荒研ぎをする。 砥石も使いかたによって次第に平らでなくなってくるので、均一に錆びを落とすのは意外と難しいのだ。 砥石の表面に偏りが目立つ場合は、「砥石研ぎ」をつかって整えておくといい。 ひたすら荒砥し、おまけに刃部分も研いでおく。 刃先の角度をみてまず片側を研ぎ、「かえし」「かえり」と呼ばれるソリをだして、もう片側からそのでっぱり部分を研いでいくと鋭い刃ができる。 購入したてのときはそれほど研がなくてもいい。 素人は刃をとぎすぎると大体きれなくなるので注意だ。 毎回刃物を研いでいると、無心になる。 小学生のころ、東京野方から栃木の佐野に引っ越したわたしは、夏場の縁側で延々と祖父正臣からもらったヴィクトリノックスのスイスアーミーナイフ(キャンピングというモデル)を適当に研ぎ続け、何をおもったか勘違いしてガスコンロで焼きを入れてみたところ、無念、まったく切れないなまくらにしてしまった覚えがある。 焼きをいれるというあたりがなんとなく理系っぽいのだが、その実、文系であって、理屈はわかっていなかった。 そんなこんなでヴィクトリノックスの持ち手は溶けたものの、堅牢なアイテムなので20年以上たった今もまだ研ぎつつ使っている。 ・・・ ・・・ ・・・ このように無心に研いでいると大体錆びも落ち輝きもでてくるし、記憶も晴れて忘れていた想い出が一つ二つよみがえってくる。 こだわる人は、ここで耐油紙に研磨剤のピカールなどをつけてみがくとさらにいいだろう。 とりあえず、赤さびは落ちた。 が、油断すると、炭素鋼ナイフはすぐに錆びる。 どれくらいかというと、コーヒーを飲んでいるちょっとした間にも酸化していき赤さびた鎧をまとうことになる。 梅雨時や秋の長雨シーズンは本当にすぐに錆びる。 なめちゃいけない。 ということで、一息いれたらすぐに次の作業に移ろう。 手順2:無水エタノールでナイフの脱脂をする 「無水エタノール」をティッシュペーパー類に含ませ、オピネルのナイフの刀身をぬぐっていく。 これで脂肪や汚れが取れるはずだ。 実は、手で触っただけでナイフの刀身には脂がつく。 オッサンという生き物は、自分で気づかないあいだに脂まみれになっているんだから注意だ。 脂が刀身についてしまうと、黒錆化にもムラが出る。 うわっち、この短時間でもう錆びているぞ。。。 なんたる錆び力。 手順3:タンニンたっぷりな紅茶を煮だそう 炭素鋼のナイフを黒錆化するためには、タンニンが必要。 この工程では紅茶がよく用いられている。 みなさんの自宅にもリプトンあたりのティーバッグがあると思うが、我が家では「CTCアッサムティー」を煮だすことにした。 CTCアッサムというのは、茶葉を砕いて丸めてあるインドでチャイに使うアイテム。 知る人ぞ知るオススメアイテムだ。 東京であれば、新大久保か上野界隈で比較的安価に手に入る。 大久保だと最近はイスラム勢力のみなさんが頑張ってきているので、そこをのぞいてみるといい。 だいたい500円ぐらいで買えるはず。 たぶん。 このCTCアッサムを煮だすと、簡単にめちゃんこ濃い紅茶ができる。 リプトンのティーバッグなんて目じゃない。 ちなみに、ここに練乳とチャイスパイスと牛乳をいれて伸ばすと、かんたんにうまいチャイができるということも付け加えておこう。 ほらね。 タンニンたっぷり。 リプトンのティーバッグの3倍ぐらいの濃さだと思う。 脂料理のあとに煮だしたチャイを飲むとすっきりする。 空腹時に飲みすぎると煮出しウーロン茶と同様に胃潰瘍になるから注意だ。 ちなみに、これが煮だしたあとのCTCアッサム。 なんだか、芋虫の糞みたいだな。 これはこれで三角コーナーなどの防臭効果がある。 ここに全体の2割程度の酢を入れる。 だいたいでよいと思う。 ここはいちばん安い穀物酢をつかっておく。 最近では酢がきれていてもコンビニでも100円台で購入できるから便利。 そういえば、ミツカンのロゴをみるとアドミラルというスポーツメーカーのロゴを思い出す。 中学生のころサッカー部の同級生だった高田君がアドミラルのグッズをもってきたときに、え、ミツカン?と言ってしまったことが20年ぶりに思い出された。 刃物を研いでいたり、こういったアイテムのメンテナンスをしていると不思議と昔のことがいろいろと思い出される。 酢を入れると澄んでいた紅茶が濁る。 何かが液体内で起きているのだろう。 手順4:いよいよオピネルナイフを黒錆加工(魔剣化)する! おうよ、わかってるとも。 魔剣とか中二だろとか、わかってるとも。 黒錆加工=魔剣ということだよ。 なんだかこのナイフをカスタマイズすること自体が中二プロセスそのもので楽しいんだ。 ということで、ナイフをドボンとつけてしまおう。 この黒錆加工をするときに、ナイフの刃を外して行うこともできるようなのだけど、わたしはめんどくさがり屋のみなさんを代表し、どぼんとそのままいれてしまう。 どぼん。 5分経過。 むむ、やや黒くなってきたぞ。 10分経過。 おや、もう十分黒いんじゃない?もうやめとこうか? まだだ、まだ終わらんよ。 そのまま放置して1時間。 よーし。 吉北産業。 助さん格さん、もういいでしょう。 ということで、黒錆加工済みのナイフを流水で洗い乾燥させる。 オピネル炭素鋼ナイフ黒錆加工暗黒剣バージョンである。 ファイナルファンタジー3だと、魔剣士+魔剣だったり黒魔導士がいないと分裂しまくる敵がいるけれども、この世の中にはそうしたことはない。 が、これで刃の深みまでおかしてしまう赤錆とは、一旦、もうさようならだ。 黒錆加工をしたオピネルナイフの切れ味は? このオピネルの黒錆加工後の切れ味はどうなの?と思った人向けに、以下の画像を共有したい。 黒錆の被膜をつけるまえに、しっかり研いでおけば切れ味は変わらない。 ジンジャーティの準備 スパ。 このあとに、えごま油などの乾性油に漬け込むというカスタマイズもいい。 オピネルのナイフは持ち手が水分を吸い込むと、金属の可動部分が硬くなってしまうのだ。 これをふせぐためには刃を取り外して持ち手を削りつつ乾性油に一晩つけるという技がある。 黒錆加工の効果とデメリットなど 黒錆加工がとれると赤さびが発生。 レモンなど酸度が高いものをきったあとは要注意 黒錆加工についてはデメリットを気にする人もいるかもしれない。 この記事を書いた後に2年半、黒錆加工済みのオピネルを使ってみたが、その部位が赤錆などにおかされることはなかった。 切れ味や強度も加工前となんら変わらない。 ということで 黒錆加工にデメリットは特にない。 ただし黒錆加工の効果は永久に続くわけではない。 やがてコーティングがとれると再び赤錆が発生する。 特に酸を含む食品、たとえばレモンやグレープフルーツなどの柑橘類を切ると、黒錆加工部分の色が落ちてしまうことがある。 しばらく使って黒錆の被膜が落ちたら、再度研磨してから黒錆加工を行う必要と覚えておこう。 そういった点を「手間」ととらえるか、それとも、楽しみとしてとらえられるか。 オピネルやモーラナイフを購入する際はこのあたりを考えてからにしたい。 カーボンスチールのナイフは手間でもあるが、それがまた愛おしい。 できる息子だが、物事の持続性がない息子に世話を焼く喜びみたいな。 とはいっても、人間いろいろ。 一連の手間暇をかけるのが嫌な人は、炭素鋼ナイフを買うと後悔するので、迷わずステンレスナイフを買うことをオススメする。 ではでは。 平田() <参考文献>• ノーメンテで使いたい方はステンレススチールを選びましょう。 サイズは 8が一番使い勝手がいいと思う。 1,500円ぐらい。 それ以上大きいと使いづらいしかさばる。

次の