こま なら。 片付け隊さくらこま

想いのこもった手作り市 「こま市」 奈良県生駒市の往馬大社で開催!

こま なら

1 こまえクリニック「不妊ルーム」1年を振り返って こまえクリニック「不妊ルーム」は、2001年の段階で、開設からはやくも1年になりました。 私のこの試みは、こまえクリニックホームページ(HP)の「不妊でお悩みの方へ」というチャプター 章 からスタートしました。 その後、この章は2000年3月に『こまえクリニック「不妊ルーム」ホームページ』として分離、独立しました。 このHPの作成に当たっては、不妊の治療に携わってこられた看護婦さん、不妊サークルのHPを運営されている管理者の方々や、不妊治療のドクターからもアドバイス、ご意見をいただきました。 また、同時にメールでの相談もスタートさせました。 「赤ちゃんが欲しい」・「不妊治療」の矢印の間に、不妊治療のベースキャンプが必要だとずっと考えていました。 それで、カウンセリングをおこなうに当たって、不妊の患者さんの状況をより詳細かつ正確に把握することが大切だと考え、5ページ(現在は6ページ)からなる問診票を準備しました。 この作成には、不妊サークルの皆さんのご意見やアドバイスを採り入れ、作成しました。 もっとも、当初は患者さんのお話を聞いて、助言をしたり、別のドクターをすすめたりということをメインに行っていました。 私が、不妊治療の方へ一歩足を踏み込むきっかけとなったことがありました。 かつて不妊治療を受けたことがあるという方が、カウンセリングにみえました。 その方のお話を聞き、検査データなどを見せてもらったあとで、「年齢的にも、これまでの経過からも妊娠は期待できると思うので、もう一度不妊治療を受けてみてはどうか?」とアドバイスしました。 すると、その方は、「子供が欲しい気持ちに変わりはありません。 しかし、あの経験をもう一度するのかと思うと、不妊治療を受ける勇気がわいてこないのです。 」と言われました。 それで、その方には週に一度通院していただき、基礎体温表を見てアドバイスをしながら治療をすすめました。 その方は、幸いにも3ヶ月後に妊娠に至りました。 「こまえクリニック」の不妊治療の特色は、漢方薬を積極的に使用することです。 排卵誘発剤も漢方薬を併用することによって、効果が高まるという患者さんを何例も経験いたしました。 また、私は何よりも基礎体温表が重要で、基本だと考えています。 ですから、基礎体温表を正しくつけるところから指導しています。 基礎体温表を正しく、根気良くつけてもらうと、鏡が自分の姿を映すように、あなたの身体の状態を映し出すようになってきます。 基礎体温表のカーブがだんだん治療や指導でよくなっていくと、妊娠が近いなという気持ちにこちらはなります。 これまでの私たちの努力の甲斐があって、「こまえクリニック」で妊娠される方もかなりの数になりました。 それらの多くは、機能性不妊(原因不明不妊)とよその医療機関で診断された方や、黄体機能不全の方、そしてまだ不妊治療の世界に踏み込んでいない方々です。 最近では、不妊治療の専門医療機関で人工授精 AIH や体外受精 IVF をおこなっても妊娠に至らず、「こまえクリニック」で妊娠された方もいます。 メールでの相談も、時間がたつにつれて増えてきました。 その中には、明らかにセカンドオピニオンを必要としているものが多く、私の返信に対して、気持ちが楽になった、目から鱗が落ちたなどというメールを多く受け取るようになりました。 最近、「不妊治療にはぜひセカンドオピニオンを」というわたしの記事が、「赤ちゃんが欲しい」という雑誌に掲載されました。 それからは、私のもとに、手紙、FAX、電話、そして携帯電話のiモードを通しての質問も多く受けるようになりました。 このことは、不妊に悩みながらも、インターネットにアクセスできない人が、どれだけたくさんいるのかということを私に教えてくれました。 今私は、紙というメディアを通してアピールすることの重要性を痛感しています……。 (つづく) >.

次の

片付け隊さくらこま

こま なら

1:朝鮮戦争画が起こった時の、トルーマン大統領の反応を見てみましょう。 「・1950年6月24日土曜日、ミズーリ州インデペンデンスにいた。 夜10時ちょっと過ぎ。。。。 電話が鳴った。。。。 「大統領閣下、きわめて重大なニュースです。 北朝鮮が南鮮に侵入しました。 彼(アチソン国務長官)は私に米国として国連に会議を招集して、韓国に対して侵略があったことを宣言するよう要求する提案をした。 」そしてトルーマンはワシントンに向かいます。。 ぎ「機上では私は考えごとをする時であった。。。。 もし韓国が陥落するのを許せば、共産主義者たちはこれに勇気づけられて、米国の沿岸に近い諸国まで蹂躙するようになるだろうと考えた。 」 このトルーマン大統領の反応が、基本的に朝鮮戦争解釈の定番になります。 2:ではスターリンはどう対応していたのでしょうか。 長い間、公的なものはありません。 一番、信用されそうな文献はフルシチョフの 朝鮮戦争前の国境線=38度線を言っているのかと考えていたが、朝鮮戦争締結時の国境線を言っているようである。 それならば、38度線でなく軍事国境線と言えばわかりやすかった。 私は前者を考えたので、前のブログデハ、ピントが外れたコメントいなってしまった。 パソコンを見ると、「中国、香港に国家安全法制導入の決定採択」が大きく表示されている。 中国の状況を先日NHKなどが報道していたが、失業者7,000万人 20.7%となっており、農民工の職が厳しくなっていると報道していた。 中国の貧困者の生活状況が、極めて劣悪の中にあることもわかった。 都市でも職がなく、宅配をしている人が1回135円を1日10回ほど1,350円の生活状況にあることが分かった。 世界第二位の国の民衆の生活実態がこのレベルであると、香港は優遇されており、中国統治の面で2制度の限界が出始めたとみていたら、「国家安全法」の制定である。 中国の民衆の不満を抑えなければならない中国の置かれた状況を考えれば、共産党政府の採択は分かるが、通常見聞きしている中国とのギャップが大きく、世界の理解を得るのは難しいのでしょう。 なるほど、そういうことですか。 日本人が朝鮮半島の非核化を考える意味でも、「朝鮮戦争の正体」を読まねばならないですね。 ソ連は朝鮮半島を諦めていたのですね。 そりゃそうでしょう。 ドイツの凄い侵略を食い止め、反撃しドイツを陥落させたのですから。 でも、勝っても、足一本、手一本をもぎ取られた不随の状態にあったのでしょう。 米国に負けた当時の日本と同じような窮状にあったと私は思います。 満州の奥地のゲリラ戦しか知らない、ソ連の窮状を知る由も無い金日成は当然米国の機構軍の怖さを知らない。 ソ連は朝鮮半島を諦めていたのでしょう。 しかし、金という若者の鼻息は尊重せねばならない。 「自分らでやるならやってみよ」ということでしょう。 一方、李承晩も野心満々の反共主義者、民族を束ねる才能は無いが、米国を引きずり込むタクテイックは平均以上。 彼は金日成に米軍をぶつける、そう考えていたでしょう。 今の香港人の発想です。 北京にポンペオとトランプをぶつける。 1840年代の香港島人も大英帝国を清朝にぶつけて成功しているのですから。 トルーマンが「共産主義者が米国の沿岸諸国を蹂躙する」と考えたのは、オーバーではない。 蒋介石は台湾に逃れて、いずれは台湾も日本も失うと恐れたのだろう。 ただ、ソ連のバックアップ無く、北朝鮮が釜山まで一気に押し寄せて来たのはトルーマンの想定外ではないだろうか。 フロントラインが伸びると弱くなるというのは、戦いに常識。 マッカーサーはプロ。 最初からそう考えていたと考えるが順当だと思います。 米軍は北朝鮮が伸び切ったところですかさずインチョンに海兵隊を上陸させ北朝鮮を粉砕した。 当時、福岡の板付けから毎日新鋭のセーバージェットが10機20機と編隊を組んで玄界灘を超えて半島を爆撃した。 第二次大戦後の不況の日本と米国にカンフルとなったのです。 安倍ファンは歴史を見つめないということでアジアでは有名。 でも、今からでも遅くない。 孫崎先生のこの本を読んで知見を開くべきべきです。 それだけでもアジアから尊敬される。

次の

会社紹介・設立表明

こま なら

1 こまえクリニック「不妊ルーム」1年を振り返って こまえクリニック「不妊ルーム」は、2001年の段階で、開設からはやくも1年になりました。 私のこの試みは、こまえクリニックホームページ(HP)の「不妊でお悩みの方へ」というチャプター 章 からスタートしました。 その後、この章は2000年3月に『こまえクリニック「不妊ルーム」ホームページ』として分離、独立しました。 このHPの作成に当たっては、不妊の治療に携わってこられた看護婦さん、不妊サークルのHPを運営されている管理者の方々や、不妊治療のドクターからもアドバイス、ご意見をいただきました。 また、同時にメールでの相談もスタートさせました。 「赤ちゃんが欲しい」・「不妊治療」の矢印の間に、不妊治療のベースキャンプが必要だとずっと考えていました。 それで、カウンセリングをおこなうに当たって、不妊の患者さんの状況をより詳細かつ正確に把握することが大切だと考え、5ページ(現在は6ページ)からなる問診票を準備しました。 この作成には、不妊サークルの皆さんのご意見やアドバイスを採り入れ、作成しました。 もっとも、当初は患者さんのお話を聞いて、助言をしたり、別のドクターをすすめたりということをメインに行っていました。 私が、不妊治療の方へ一歩足を踏み込むきっかけとなったことがありました。 かつて不妊治療を受けたことがあるという方が、カウンセリングにみえました。 その方のお話を聞き、検査データなどを見せてもらったあとで、「年齢的にも、これまでの経過からも妊娠は期待できると思うので、もう一度不妊治療を受けてみてはどうか?」とアドバイスしました。 すると、その方は、「子供が欲しい気持ちに変わりはありません。 しかし、あの経験をもう一度するのかと思うと、不妊治療を受ける勇気がわいてこないのです。 」と言われました。 それで、その方には週に一度通院していただき、基礎体温表を見てアドバイスをしながら治療をすすめました。 その方は、幸いにも3ヶ月後に妊娠に至りました。 「こまえクリニック」の不妊治療の特色は、漢方薬を積極的に使用することです。 排卵誘発剤も漢方薬を併用することによって、効果が高まるという患者さんを何例も経験いたしました。 また、私は何よりも基礎体温表が重要で、基本だと考えています。 ですから、基礎体温表を正しくつけるところから指導しています。 基礎体温表を正しく、根気良くつけてもらうと、鏡が自分の姿を映すように、あなたの身体の状態を映し出すようになってきます。 基礎体温表のカーブがだんだん治療や指導でよくなっていくと、妊娠が近いなという気持ちにこちらはなります。 これまでの私たちの努力の甲斐があって、「こまえクリニック」で妊娠される方もかなりの数になりました。 それらの多くは、機能性不妊(原因不明不妊)とよその医療機関で診断された方や、黄体機能不全の方、そしてまだ不妊治療の世界に踏み込んでいない方々です。 最近では、不妊治療の専門医療機関で人工授精 AIH や体外受精 IVF をおこなっても妊娠に至らず、「こまえクリニック」で妊娠された方もいます。 メールでの相談も、時間がたつにつれて増えてきました。 その中には、明らかにセカンドオピニオンを必要としているものが多く、私の返信に対して、気持ちが楽になった、目から鱗が落ちたなどというメールを多く受け取るようになりました。 最近、「不妊治療にはぜひセカンドオピニオンを」というわたしの記事が、「赤ちゃんが欲しい」という雑誌に掲載されました。 それからは、私のもとに、手紙、FAX、電話、そして携帯電話のiモードを通しての質問も多く受けるようになりました。 このことは、不妊に悩みながらも、インターネットにアクセスできない人が、どれだけたくさんいるのかということを私に教えてくれました。 今私は、紙というメディアを通してアピールすることの重要性を痛感しています……。 (つづく) >.

次の