吉本新喜劇 退団。 元Wヤング・佐藤が吉本新喜劇に再入団!妻・浅香あきえは「娘の発表会を見てるみたい」!?

辻本茂雄退団してしまうのか?最終公演はいつ?

吉本新喜劇 退団

川畑泰史プロフィール 氏名 川畑泰史(かわばた やすし) 生年月日 1967年6月22日(52歳)19年7月時点 出身地 京都府 血液型 AB型 趣味 TVゲーム・温泉巡り・ラーメン食べ歩き 特技 剣道(初段) 入社 1990年NSC大阪校9期生 川畑泰史が結婚?再婚? 吉本新喜劇の舞台では欠かせない存在感のある 川畑泰史さんですが現在 52歳。 当然ご結婚されていると思うのですが結婚は同じ 吉本新喜劇の女性芸人なのでしょうか? 川畑泰史さんの結婚は、やはり同じ新喜劇内の仲間 芸人だった 森内紀世さんと1997年に結婚されています。 可愛い方ですね~白黒だから分かりにくいかな? されていますと言うのは、2011年に結婚4年目にして 離婚されているから今では元嫁と言う事になります。 吉本新喜劇ファンの方ならご存知の方が多いとは 思いますが川畑泰史さんの元嫁森内さんは新喜劇内 の舞台ではマドンナ役として活躍された芸人さんです。 綺麗どころな女性だったので記憶にある方が多いと 思いますがいかがでしょうか。 川畑泰史の元嫁の離婚理由と子供達 しかし、吉本新喜劇の同じ芸人仲間での結婚で 何故僅か4年の結婚生活に終止符を打たれたのでしょう。 離婚理由が気になりますね。 二人の間には、短い結婚生活とは言え 3人ものお子様 にも恵まれているのです。 3人も子宝に恵まれた二人が吉本新喜劇の職場の特異性 も同じ同僚だからこそ分かり合える関係だっただろうに 何故4年で離婚になってしまったのか不思議ですね。 調べてみた所、これと言う断定できる噂ではありませんが 当時の川畑泰史さんが 吉本新喜劇の座長に任命されたことが あまりの多忙で、家族としてすれ違いが生じてしまったのでは と言われているそうです。 現在は元奥様の森内さんは吉本新喜劇を退団されている とのこと。 3人の子供の親権も元嫁の森内さんが持たれているとの 事ですので、一体どんな生活をされているのでしょうね。 今何をしてるのかも気になります。 そして子供さんの顔も見てみたい気が・・・ Sponsored Link 川畑泰史の意外な低身長? 存在感あるビジュアルは人気アニメのコナンの 友達元太君に、よく似てると言われる川畑泰史さん。 確かにインパクトある顔立ちはアニメチックでも ありますが、何せ存在感が凄いので身長も結構 お高めなのかな?と勝手に推測してました。 ところが今回調べた所身長は 167㎝体重65㎏! 極端に小柄と言う程でも無く、想定内?だった のではないでしょうか。 身長?というよりお顔のビジュアルが個性際立つ 顔立ちなので新喜劇には欠かせないキャラですよね。 川畑泰史の前職が想定外過ぎます そして、今回、発覚した想定外だった事実が 川畑泰史さんの前職です。 個人的いはこちらの方が想定外。 加藤亮君にも似てる濃いめのお顔立ちです・・・ 何と川畑泰史さんは吉本新喜劇に入社する前に ホストとして働いた経験もあるのだそうです! ホストです。 個人的に結構な衝撃的事実です。 笑 おおよそホストと言うイメージに、ここまでかけ離れた 人も珍しい・・・ 少々言い過ぎでしょうか・・・ そしてもう一つの事実、現在は活動してるか否かの事実は 分りませんでしたが、友人らとバンド (セカンドステージ) と言う名前で、よもやの ボーカルを務めていたそうです。 川畑さんはギターなどの演奏もできるそうで、ホストも バンドのボーカルも、物凄いギャップじゃないですか? 人は見た目ではわかりませんね。 Sponsored Link おわりに 川畑泰史さんの吉本新喜劇舞台からでは分からないプライベートは、想定外のキャラクターで少々驚きましたが何と言っても吉本新喜劇の看板芸人です。 今後も吉本芸人の欠かせない存在として益々笑わせて欲しいですね。

次の

よしもとニュースセンター : 笑いと涙...感動に包まれた『安井まさじの「新喜劇ありがとうございました!熊本で頑張ります!!」』

吉本新喜劇 退団

トレードマークだったニッカーポッカーで新喜劇に出演する花紀京 座長を務めた吉本新喜劇などで活躍した喜劇俳優の花紀京さん(はなき・きょう=本名・石田京三)が、肺炎のため大阪市内の病院で亡くなったことが6日、分かった。 78歳だった。 所属の吉本興業が発表したもので同日、通夜が大阪市内の斎場でしめやかに営まれた。 花紀さんは2002年8月に脳腫瘍の摘出、03年5月には自宅で入浴中に低酸素脳症で倒れて入院・療養生活に入っていた。 3日ほど前に呼吸が荒くなり、5日に体調が急変。 そのまま帰らぬ人となった。 最期は妻がみとったという。 遺族の意向で家族葬となったが、通夜には多くの芸人が参列した。 新喜劇の現座長である内場勝則(54)、辻本茂雄(50)、川畑泰史(48)、すっちー(43)や、新喜劇座員のチャーリー浜(72)、間寛平(66)、池乃めだか(72)、未知やすえ(52)ら約100人が花紀さんに最後の別れを告げた。 花紀さんの弟子だった寛平は「すっごい味のある誰もできないような芝居をする。 足元にも及ばないですね。 もう1回、兄さんの芝居が見たかったですね」としのんだ。 花紀さんは芸だけでなく、普段の生活態度にも厳しかった。 「すっごい怖かった。 なんか分からんけど、よう怒られた」(寛平) 安易なギャグではなく、ストーリーに沿った演技力で笑いを取る役者だったという花紀さん。 寛平は「新喜劇の芝居は味と間やで」とアドバイスももらっていたそうで、「今日の顔は倒れたときと変わらない顔でした」と寂しそうに語った。 落語家・桂文枝(72)は「『また仕事しよな』と言われたときの笑顔が忘れられない。 残念です」と肩を落とした。 また花紀さんの付き人だった内場は「今までの歴史を潰さないように頑張りたい」と、新喜劇の基礎を作った偉大な先輩にさらなる発展を誓った。 お笑い関係者は「かつて隆盛を誇った新喜劇も徐々に人気が落ちてきて、1980年代後半に再編を迫られることになった。 それが具体化したのが、89年の『新喜劇やめよッカナ?キャンペーン』。 花紀さんや故岡八朗さんなど、当時新喜劇の中心だった役者がこのキャンペーンを機に退団したんです」と明かす。 もちろん主役を張っていた花紀さんだけに、退団を決意するにはいろいろな葛藤があった。 「それでも最後に決めたのは『これで若手が育つなら』という思い。 「今、若手でものびのびと自分のネタをできるのは、花紀さんの思いがあってこそ。 いつまでも忘れてはいけない」(同) 偉大な喜劇役者の冥福を祈りたい。

次の

辻本茂雄退団してしまうのか?最終公演はいつ?

吉本新喜劇 退団

トレードマークだったニッカーポッカーで新喜劇に出演する花紀京 座長を務めた吉本新喜劇などで活躍した喜劇俳優の花紀京さん(はなき・きょう=本名・石田京三)が、肺炎のため大阪市内の病院で亡くなったことが6日、分かった。 78歳だった。 所属の吉本興業が発表したもので同日、通夜が大阪市内の斎場でしめやかに営まれた。 花紀さんは2002年8月に脳腫瘍の摘出、03年5月には自宅で入浴中に低酸素脳症で倒れて入院・療養生活に入っていた。 3日ほど前に呼吸が荒くなり、5日に体調が急変。 そのまま帰らぬ人となった。 最期は妻がみとったという。 遺族の意向で家族葬となったが、通夜には多くの芸人が参列した。 新喜劇の現座長である内場勝則(54)、辻本茂雄(50)、川畑泰史(48)、すっちー(43)や、新喜劇座員のチャーリー浜(72)、間寛平(66)、池乃めだか(72)、未知やすえ(52)ら約100人が花紀さんに最後の別れを告げた。 花紀さんの弟子だった寛平は「すっごい味のある誰もできないような芝居をする。 足元にも及ばないですね。 もう1回、兄さんの芝居が見たかったですね」としのんだ。 花紀さんは芸だけでなく、普段の生活態度にも厳しかった。 「すっごい怖かった。 なんか分からんけど、よう怒られた」(寛平) 安易なギャグではなく、ストーリーに沿った演技力で笑いを取る役者だったという花紀さん。 寛平は「新喜劇の芝居は味と間やで」とアドバイスももらっていたそうで、「今日の顔は倒れたときと変わらない顔でした」と寂しそうに語った。 落語家・桂文枝(72)は「『また仕事しよな』と言われたときの笑顔が忘れられない。 残念です」と肩を落とした。 また花紀さんの付き人だった内場は「今までの歴史を潰さないように頑張りたい」と、新喜劇の基礎を作った偉大な先輩にさらなる発展を誓った。 お笑い関係者は「かつて隆盛を誇った新喜劇も徐々に人気が落ちてきて、1980年代後半に再編を迫られることになった。 それが具体化したのが、89年の『新喜劇やめよッカナ?キャンペーン』。 花紀さんや故岡八朗さんなど、当時新喜劇の中心だった役者がこのキャンペーンを機に退団したんです」と明かす。 もちろん主役を張っていた花紀さんだけに、退団を決意するにはいろいろな葛藤があった。 「それでも最後に決めたのは『これで若手が育つなら』という思い。 「今、若手でものびのびと自分のネタをできるのは、花紀さんの思いがあってこそ。 いつまでも忘れてはいけない」(同) 偉大な喜劇役者の冥福を祈りたい。

次の