ツァーリボンバ。 水爆ツァーリ・ボンバが日本に落下、被害は?

ツァーリ・ボンバ

ツァーリボンバ

概要 からにかけてが開発した史上最大の。 核出は換算でと、に落とされたの0倍であり、までに開発されたの中では最も出が大きい。 にヤゼムリャにてを実施。 ツポレフVに搭載され、分に高度10,mで投下、高度4,000m(抜4,200m)で。 火球直径は2. 3km、は直径kmに広がり、高度kmまで達した。 一次による殺傷範囲は半径6. 6km、爆による殺傷範囲は半径km、熱線による殺傷範囲は半径kmに及び、はを3周するという記録を残している。 ちなみにで、爆心地周辺をすると、未だにそのが確認できるのでがある人は 一度する事をお勧めする。 参考までに、上に直撃させたとすると、からまで跡形もなく吹き飛び、爆や熱線は、、、、、まで届き、一回のでを壊滅させられる威を誇る。 しかし、級のともなれば領内の人口密集地へ多量の放射性降下物()が降ってくる事が予想されたため、実際のにあたっては第三段階の8のを抑えるようにタンパーがに変更され、出は約に抑制された。 この結果、する放射性物質の量はその出の割にはかなり小規模なものとなった。 なぜ水爆はこれほどまでに強力なものになったか? この時代、ソ両は盛んにの威を競い合った。 理由のひとつはの誇示。 このツァーリ・ボンバもの日時を党大会直前にあわせ、場所や威をあらかじめ開するという異例の措置をとったことによりの誇示を示したのである。 もうひとつの理由は当時、などが技術が発達していなかったための標となる地点のが曖昧になってしまっていた。 そこで「標のができないなら、強なで周囲のものごと吹き飛ばしてしまえ!」…という乱暴なでソはより強なを作ったのである。 だが、の威の強化にも限度があった。 最大の理由はその。 ツァーリ・ボンバの装重量は27。 当時のにはこれを打ち上げるためのをつくる技術はなかった(開発はしていたようだ。 これは後に重量級打ち上げのになった)。 これがが内容を開した第二の理由。 ツァーリ・ボンバはの誇示以外に使いのない非実用的なだったのである。 やがての発達との命中率の強化により強なを作る必要は薄れ、また標を広範囲に破壊する手段も多弾頭が開発されたことで小の弾頭を多数ばらまく方が効率的だと分かり、ソの威の競争も終りを迎えることとなったのである。 重量 : 27,000 kg• 全長 : 8 m• 最大直径 : 2. 1 m• 核出 : 換算、換算2. 6)の記録である。 関連項目• - - - ()• (『』の収録曲).

次の

ツァーリ・ボンバ (つぁーりぼんば)とは【ピクシブ百科事典】

ツァーリボンバ

人類史上最大の水素爆弾で、単一兵器としての威力は人類史上最大。 重量27トン、全長8メートル、直径2メートル。 TNT換算で49500キロトン、これは広島型原子爆弾「リトルボーイ」の3300倍 リトルボーイは15キロトン。 第二次世界大戦中に全世界で使われた総爆薬量の10倍の威力を持つ。 核爆発は1,000キロメートル離れた場所からも確認され、その衝撃波は地球を3周した。 5g 80J ロングボウ 100J 野球160km投球 140J(参考) クロスボウ 200J 拳銃. 22 5. 588mm 100J. 22LR 150J 7. 65mmフルメタルジャケット弾 210J 9mmパラベラム(最も普及) 500J弱. 45ACP 500J強. 50AE デザートイーグル 1720J 火縄銃やマスケット 1,000~3,000J ライフル 5. 56mm弾 2092. 0J TNT火薬1g 4,200J 12. 7x99mm弾 13,000~17,600J TNT火薬1キロ 4,200,000J 戦車砲 9,000,000J 対艦ミサイル 14,000,000J レールガン 64,000,000J ジャンボ機が時速500kmでぶつかった際の威力 3,860,000,000J TNT火薬1トン 4,200,000,000J 高さ1mの津波が時速40kmで幅30mの建物にぶつかった際の威力 9,240,000,000J 広島型原爆 55,000,000,000J マグニチュード8.

次の

ツァーリ・ボンバ(爆弾の王様)の核実験

ツァーリボンバ

広島型原爆の 3300 倍 ツァーリ・ボンバの威力は57メガトンで、いまだに人類史上最大の兵器となっている。 TNT換算で、広島に投下された原子爆弾「リトルボーイ」の3300倍、第二次世界大戦で使われた総爆薬量の10倍に相当する。 核爆発は、1000キロメートル離れた場所でも確認され、衝撃波は地球を3周した。 開発時のコードネームはイワンで、「ツァーリ・ボンバ」の名称は、クレムリンのツァーリ・コロコル(鐘の王様)、ツァーリ・プーシュカ(大砲の王様)にちなんで西側でつけたもの。 火に油を注ぐ ツァーリ・ボンバが炸裂したのは、冷戦が熱い戦争に転化しかねない時期だった。 直前の1961年8月には、ベルリンの壁が建設されはじめ、世界は、翌年1962年10月のキューバ危機に向かって、緊張の度合いを高めていた。 ツァーリ・ボンバは、実戦配備されることはなかったが、ソ連の核兵器製造能力を見せつけ、大きな政治的、軍事的意義をもった。 ソ連最高指導者のニキータ・フルシチョフは、「初めは100メガトンの予定だったが、モスクワのガラスがぜんぶ割れないように、出力を減らした」とジョークを飛ばした。 設計はソ連の秘密都市アルザマス16で、ユーリー・ハリトンを中心に、アンドレイ・サハロフ、ヴィクトル・アダムスキーなどが加わった。 「ソ連水爆の父」と呼ばれたサハロフは、後に核兵器反対を唱え、反体制運動家となる。 致死的な熱線は半径 58 キロ ツァーリ・ボンバは、特別に改造されたTu-95戦略爆撃機によって運搬されたが、巨大すぎて機内に収納できず、半分機外にはみだしていた。 ツァーリ・ボンバは重量27トン、全長8メートル、直径2メートルという大きさだった。 午前11時32分、ツァーリ・ボンバは、ノヴァヤ・ゼムリャ上空の10500メートルの高度から、パラシュートをつけて投下された。 高度4000メートルに達した時点で爆発。 致命的な火傷を負う熱線の範囲は、半径58キロメートルに及んだとみられる。 米国の観測によれば、キノコ雲は64キロメートルの高さに達した。

次の