ほむらしずか サイコパス。 PSYCHO

『PSYCHO

ほむらしずか サイコパス

魂を数値化する巨大監視ネットワーク・シビュラシステムが人々の治安を維持している近未来。 難民や物資を輸送するドローンの墜落事故現場を調査する新人監視官・灼と炯は捜査をすすめるうち、事故の背後に、何者かが仕掛けた巧妙な犯罪の影を感知…。 正義と法の価値を問う、物語の幕が上がった。 TVアニメ3期のノベライズ第一弾!! 「BOOK」データベースより 2012年にスタートした『PSYCHO-PASS サイコパス』のシリーズ第三弾で、本書はアニメのノベライズになります。 魅力は3になってもさらに加速し、より僕らのいる現実にもあり得そうな未来が描かれていて視聴するたびにドキドキします。 一方で、今までよりも政治的な内容など話が複雑になっていて、登場人物の名前など含めてアニメだけではなかなか覚えられなくて困っていました。 そこで本書の出番です。 物語の概要はもちろんのこと、各登場人物の心情やこの世界の置かれた状況など細部までしっかり描かれているので、アニメの補完以上の面白さが詰まっています。 この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。 ネタバレになりますので、未読の方やアニメ未視聴の方はご注意ください。 あと、記事中では登場人物の名前を読みやすい名字、名前のいずれかにしているので、特に統一していません。 ご了承ください。 Contents• サイコパス3とは? ここではサイコパス、サイコパス2を視聴済みの前提でサイコパス3について簡単に説明します。 忘れてしまったという方は、をご参照いただくと思い出せると思います。 2014年に放送されたサイコパス2から五年、その続編として登場したのがサイコパス3です。 アニメ公式サイトは。 詳しい内容は後述しますが、物語は公安局刑事課一係に慎導灼(しんどうあらた)と炯(けい)・ミハイル・イグナトフという二人の新人監視官が配属されるところから始まります。 前作まで登場していた人物も引き続き登場しますが、みんなバラバラになっています。 朱はなぜか監獄のような場所に閉じ込められ、美佳は出世して刑事課の課長についています。 執行官も2の頃から大部分が入れ替わり、残っているのは雛河だけ。 その他にも懐かしい人物が数多く登場しますので、その都度ご紹介したいと思います。 本作では『正義と法の価値』が問われます。 シビュラシステムが支配する日本において、新人監視官の二人は己の正義を信じ、古臭いと言われようが地道な捜査を繰り返し、そこには『刑事』としての信念があります。 期待を裏切らない物語になっているので、アニメ版含めてお楽しみください。 スポンサーリンク あらすじ 第一章 ライラプスの召命 新人監視官 慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは監視官としての適性を見出され、公安局刑事課一係に配属されます。 二人は唯一無二の絆で結ばれた親友であり、とある目的のために監視官になりました。 配属初日、事故が発生し二人は現場に向かいます。 日本は難民出身の外国人を受け入れていて、九州北部に造成された難民特別居留地、通称『出島』に移民者を過酷な状況で輸送していましたが、その大型輸送ドローンが墜落したのでした。 監視官二人が現場に到着すると、刑事課課長の霜月美佳、そして部下となる四人の執行官と対面します。 雛河翔は『2』の頃からいましたが、今回から新たに廿六木天馬(とどろきてんま)、入江一途(いりえかずみち)、如月真緒が登場します。 彼らは新人監視官を信用しておらず、値踏みするような態度をとりますが、灼も炯も気にせず任務に移ります。 事件 炯は天馬と入江を従えて入国者の様子を見て、灼は翔、真緒を従えて墜落した機体の調査を行います。 灼は調査の中で、墜落した大型輸送ドローンを運行させているハイパー・トランスポート社の会計士だった旭・リック・フェロウズの安否が分かっていないことを知ります。 灼は高度な共感能力を持ち、それを用いてリックのメンタルトレースを行います。 その結果、リックが墜落以外の理由で亡くなっていることが分かり、事件の可能性が出てきました。 一方で、メンタルトレースをすることによって精神を消耗し、相手が死者の場合、こちらに戻ってこられない危険性があることが判明します。 唯一、炯だけが灼のロープを握り、こちら側に戻れるラインを見極めることができました。 その後、灼と炯はハイパー・トランスポート社の上級役員でリックの上司にあたる与根原と会い、問答無用でドミネーターを向けますが、与根原の犯罪係数に問題はありませんでした。 与根原の反応から事件に関与していることは間違いないのに、犯罪係数に問題がないことから、別の人間の事件への関与も考えられました。 黒幕の存在 美佳のもとにハイパー・トランスポート社から抗議がきて、美佳は灼と炯を厳重注意します。 しかし二人は反省しておらず、規則の範囲内で捜査を続けます。 分析官である唐ノ森志恩の調査の結果、ドローンの墜落は複合的な要因による事故だと判断されました。 しかし、事故を捉えた映像の中に明らかに事故を予期したものがあり、灼のメンタルトレースからもその人物が事故を仕組んだことが判明します。 次に灼たちは被害者の妻・アーディレから話を聞きます。 家からはリックの隠したデータが見つかり、解析の結果、それはハイパー・トランスポート社の給与情報と住宅ローンの管理表でした。 そもそもこの帳簿の管理者は与根原と同社顧問の些々河哲也で、二人は同じ地区と大学の出身でした。 もし与根原が主犯であれば、その弱いメンタルでは色相が無事で済むはずもなく、些々河が関与している可能性が浮上します。 さらに事故原因を調べた結果、大勢が事故に加担し、かつ全体像を知らなければ自分は関係ないと思い、色相にも影響がないという仮説に辿り着きます。 そして、リックが告発しようとしていたハイパー・トランスポート社の不正についても暴きます。 サブプライム・ローンの再来 ここで登場するのがサブプライム・ローンです。 本作中では大昔に存在した低所得層向けの高金利住宅ローンのことで、これによって所得に関係なく誰でも住宅を持つことができました。 そして、住宅はすぐに値上がりするため、売っては儲けて新たな家を建て、家が乱立します。 銀行は貸し倒れを防ぐために多数の住宅ローンを証券化し、金融商品に作り変えます。 格付け会社はこの証券を信用できると評価し、投資会社は儲けられると確信して購入します。 その結果、異常な状態になっても人々は止まらず、ある日、バブルがはじけ、世界経済が大打撃をうけます。 些々河と与根原は、シュビラ社会でこれを再現したのでした。 しかし、二人の犯罪係数に問題はなく、証拠は帳簿だけと犯罪の立証はかなり難しい状況ですが、灼と炯は刑事としての信念を貫き、監査機関にリークして状況を動かします。 結末 ハイパー・トランスポート社に監査が入り、些々河は与根原を見限り、与根原は逃れる方法を提供してくれるという廃棄区画に向かいます。 しかしそれは全くの嘘で、その業者は与根原の体を売り払おうと考えていました。 一方、廃棄区画で生まれ育った入江が与根原のいそうな場所を情報提供し、乗り込んで制圧します。 ところが一足遅く、与根原はすでに死亡していました。 美佳は些々河を追わないよういいますが、灼と炯は命令を無視して空港に向かいます。 二人は執行官を置いて些々河を追いますが、行く手を二人の男が阻みます。 どちらも体術に優れ、途中から乱入した天馬と入江でも全く歯が立ちません。 その後、二人はかつて一係にいた宜野座伸元と狡噛慎也で、今は外務省・行動課・特別捜査官として活動していることが判明します。 些々河は、外務省によって確保されていました。 二人は国内の事件を刑事課に任せると、狡噛は些々河の名刺をくれます。 そこには狐のシンボルがあり、他にも狐がいると狡噛は警告するのでした。 これが、灼と炯が目指す道の第一歩となるのでした。 裏側 これらの事件の裏側で活動する人物も登場します。 例えば大型輸送ドローンが墜落した瞬間を撮影し、灼がメンタルトレースした人物。 彼の名前は梓澤廣一といい、様々な事件で暗躍しています。 彼の側には小畑千夜という女性もいますが、二人の目的や正体はよく分かっていません。 梓澤はファースト・インスペクターと呼ばれていますが、その意味についてはまだ語られていません。 それ以外にもビフロストのコングレスマンと呼ばれる人物が三人登場します。 代銀遙熙(しろがね はるき)、裁園寺莢子(さいおんじ きょうこ)、法斑静火(ほむら しずか)。 それぞれが莫大な富を持ち、経済をゲームのように動かして行きます。 静火は父親にここに世界の真実が隠されていると教えられやってきました。 命を賭す死のゲーム。 このやりとりが何を意味するのかも、この時点ではよく分かっていません。 第二章 ヘラクレスとセイレーン 選挙 都知事が任期を終え、シュビラは新たな二人を選出します。 ヘラクレスという昔のリングネームで選挙に参戦した薬師寺康介。 子役からアイドルになり、二十代前半にして選挙に参戦した小宮カリナ。 どちらも絶大なる人気を誇り、選挙は盛り上がりを見せています。 そんな中で事件が起きました。 類似点 脳科学が専攻の教授・土谷荒城がホテルから落下し、死亡。 公安局が捜査に乗り出します。 灼のメンタルトレースの結果、前回のドローン墜落事件と類似した点を見つけ、何者かの策略を感じ取ります。 土谷はカリナのメンタルケア・スタッフで、灼と入江はカリナに、炯と天馬は薬師寺に話を聞きます。 カリナは美しく魅力的ですが、話を聞く中で意思の強さやメンタリストとしての才能が感じられ、犯罪者であれば手強いと灼は分析します。 一方、薬師寺との面会の中で、薬師寺陣営に天馬の親族がいることが判明します。 二人いて、天馬の過去と未来の姿と同時に立っていると表現されているので、父親と息子である可能性があります。 狐 手がかりが乏しく、灼はカリナをメンタルトレースしますが、突然倒れてしまいます。 それはメンタルトレースの副作用で、何らかの理由でこちらに戻る術を失ってしまったことを意味します。 幸い、炯のおかげで灼は戻ってくることができ、カリナに何かがあることを知ります。 一方、両陣営から猛抗議を受け、美佳は頭を悩ませますが、狐を狩るために二人の監視官に捜査を続けさせます。 絆 ここで灼と炯の過去が明かされます。 かつてある事件が起き、炯の兄・輝(あきら)・ワシリー・イグナトフが殺害され、灼の父親・篤志が命を落としました。 事件は未解決のまま迷宮入りし、残された手がかりは篤志が残した自分の名前と狐のエンブレムが描かれた一枚の名刺だけ。 狐と呼ばれる犯罪者がいることを知り、灼と炯は真実を求めて公安局刑事課を目指したのでした。 おわりに 新人監視官二人の魅力、信念などは本書で大体把握できたと思いますが、執行官に関してはまだ心を開いている段階で、これからの活躍に期待といった感じです。 まだまだ先の展開が読めない状態なので、ぜひ最後まで追いかけたいと思います。

次の

【サイコパス3】人気投票ランキング!PSYCHO

ほむらしずか サイコパス

自宅でゴロゴロしていたらたまたま見た人も少ないのでは? PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTORは劇場版で2週間前に放映されてからのAmazonプリプむの変種版で配信されたといことで、まさにサプライズ的なシーズン4の最期でした。 サイコパスファンの中にはこの作品の最期を楽しみにしていた人も少なくないはずですが、いったいどんな結末を迎えたのでしょうか。 サイコパス3は他のアニメと違いどちらかとドラマ方式の放送形態をとっていました。 何故か放送できる尺がちゃんとあったのにもかかわらずクールの後半から放送されていたことに疑問がありました。 卑劣な攻撃受けた六郷塚弥生は、瀕死の重傷を負ってしまいます。 なぜな字佐和が六郷塚弥生を狙ったかと言うとそれは公安本部は侵入するパスを入手するためでした。 公安本部に侵入した梓澤はパスを使い公安局のネットワークにアクセスします。 そして、すべての通信手段を掌握し、豚箱に入れられていたカルト宗教組織の団員に武器を持たせ蜂起をさせます。 そして、その蜂起により監視官や執行官の全滅を狙います。 公安局本部に侵入したのは梓澤達だけでなく、凶悪な国際テロリスト「パスファインダー」もでした。 パスファインダーの狙いは公安局に身柄を保護されていた東京都都知事・小宮カリナの抹殺です。 最大の謎は、サイコパスSSシリーズから常森あかねがキャンプんに収監されるまでにいったい何があったのかです。 視聴者もそれを気にしていいたでしょう。 ところが尺の都合がその辺が全然描かれていなかったのは少し残念ですね。 でも、こんかいのサイコパスシーズン4がそのカギを握っているのは間違いなさそう。 監督のくせから言って最初に結論ありきであとから、理由を言いう方法をとるのでこういう形になったのかもしれません。 あとテレビシリーズのラストで詩音のパートナー六郷塚弥生が梓澤紘一にレーザーされそうになった時に 「私が最後に携わった事件と今起きている事件は密接に関わっている」と言う発言がありました。 ここから物語が再発動しているわけですが、少しこの部分を無視しているような気がしているのは私だけではないでしょう。 多分これは続編をまたつくりますよっていう監督の予告なのかもしれません。 ただ、常森あかねに過去に何があったのかを次のシーズンに持ち越すにしても新局長に就任したコングレスマンが来季のシーズンでの何かを握っているのでやっても、サイドストーリー程度くらいだと思われます。 どこかのブログには冲方丁さんが風呂敷を広げ過ぎたという表現が出されていましたが、それぐらい伏線を張っておかないと壮大な物語はできないというメッセージにも感じ取れます。 そして次期シーズンのテーマはPSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTORで描かれたことを詳細に見ていけばある程度分かると思います。 視聴者の中には時期シリーズの伏線張りとしてストーリーが進行したことに少し憤りを感じている人が少なりません。 完ぺきなものを求めるとそういう風な考えに陥ってしまうのは監督も織り込み済みなのでしょう。 ただ、灼と炯が食事をしているシーンで「どんな真実が待っていても俺たちなら乗り越えられる」と言う会話がありましたね。 あれは、まさに監督は続編をやる気満々の決意の泡割れではないのでしょうか? ちなみにネットの中に意見ではこれはだたのルーティーンだと言い張る勢力もいます。 ルーティーンと言うならその先に何か自分で考えての発言でしょうか?無限に作品を楽しめるように監督がしているので、こういう風な展開になっていると私は思うのですが・・・・こういう発言をするとアンチが総攻撃してきますがドンと来てくださいね。 いつでもウェルカムですよ。 梓澤は、何故今回公安局を襲撃したかそれは・・・シビラシステムの一部になりたかったからです。 しかし、彼は免罪体質ではなかったためにシビラから拒否され、最期は灼に撃たれて矯正施設行になってしまいます。 彼の望んでいたことはコングレスマンになることより、シビラシステムの一部となり完ぺきにな人間になることにすべての目的がありました。 サイコパスの話を振り返ってみるとシビラシステムの一部になることを拒否した免罪体質は槙島省吾がいます。。 彼の場合シビラ的な判断は悪い冗談とだと言っていました。 小説アンドロイドは電気羊の夢を見るのパロディーだと東京の街を言っていましたが、逆に梓澤は積極的にその一部になろうとしていました。 シビラ的とは、色相に曇りがなければある程度自由の保障された監視社会のことです。 つまり梓澤は監視社会の一員として完全な存在になるべくして公安局を襲い勺を人質捕りました。 しかし、逆にシビラにあこがれることがシビラ的ではないということに途中で気づきます。 それに気づいた後の梓澤はもぬけの殻のようになってしまいます。 最終的にシビラ的に収容施設にいられた梓澤も伏線のひとつかもしれません。 一方槙島の場合、自分の意思を最大限生かした摩擦を好む人間です。 縛られた枠の中でどうこうなる人間ではありませんでした。 免罪体質になったもの、それが最大の要因とみていいでしょう。 そう考えると梓澤はシビラ的に今後執行官になることも考えられるので、今後のシリーズが見逃せませんね。 また今回のシリーズでは、局長が表舞台から姿を消し、新任の局長としてコングレスマンだった法斑静火(ほむらしずか)が就任します。 彼がビフロストの消滅と引き換えにシビラシステムに依頼したのは常森あかねの開放。 そして彼自身が厚生省公安局のトップになることでした。 白金とバトルをした彼にとって厚生省公安局のトップになったのはまだ始まりの感じがするのも、次期シリーズを楽しませてくれる伏線のひとつとなっています。

次の

アニメサイコパス3ついに始まるが1話から展開が謎過ぎるラウンドロビンはすでに身近にいる

ほむらしずか サイコパス

『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』の考察 ・『サイコパス3』の光と闇 『サイコパス3』は光と闇の二項対立構造がはっきりしていた。 たとえば、• シビュラ(光)とビフロスト(闇)• 慎導灼(光)とイグナトフ(闇)• 行動課(光)とピースブレイカー(闇) といった対立だ。 そうした対比が、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』ではより顕著に描かれていたように思う。 この中で、シビュラはビフロストを取り込み、行動課はピースブレイカーを始末した。 ただ、イグナトフについては、今作で闇に落ちることはなかった。 しかしこうした対比から考えるに、次回作以降で執行官落ちすることが予想される。 ・ビフロストとはなんだったのか? 『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』ではっきりしたのが「ビフロスト」についてだ。 ビフロストは、シビュラのデバッグ(システムのエラーなどを見つけて修復する役目)であるということだった。 つまり、シビュラとビフロストは表裏一体のシステムということになる。 常守朱もどこかで、「シビュラという巨大なシステムが単体で存在することは考えにくい」と言っていたので、その伏線を回収した形にもなった。 ただ、シビュラは当初よりもシステムがアップグレードしたので、もはやビフロストの助けを借りる必要はなく、物語の最後ではビフロストを吸収した。 つまり、シビュラはまた一歩完璧な社会システムに近づいた、というのが今回の映画では強調されていたように思う。 ・「火」で繋がる新たなチーム 今作で法斑静火が悪役ではないことが分かったことから、新たな関係性が浮かび上がってきた。 それは、• 慎導灼(しんどうあらた)• 炯・ミハイル・イグナトフ• 法斑静火(ほむらしずか) の3人全てに「火」というキーワードが入っていることだ。 火は赤い色であり、「赤」はシビュラ社会が目指すクリーンな「青」と対になる色だ。 そして何より、赤と言えば常守朱(つねもりあかね)の「朱」が思い浮かぶ。 こうしたことから、シビュラ社会に対立する存在として、「赤」を共通項とした人物が設定されているのではないだろうか。 さらに赤といえば、常守を慕っている雛河翔の髪色も赤だ。 つまり、• 常守朱• 法斑静火• 慎導灼• 炯・ミハイル・イグナトフ• 雛河翔 この「赤い」5人がチーム常守として、進化を続けるシビュラに疑問を突きつける役割を担っていると考えられる。 逆に言えば、今後の『サイコパス』シリーズで「赤」を連想させる人物が登場すると、その人物は常守側の人間であることが予想されるだろう。 ちなみに3期の局長の名前は細呂木晴海。 海は青色を連想させることから、常守との対比を表していると言える。 ・局長の名前が禾生壌宗から細呂木晴海に変わった理由 今作で細呂木晴海はビルから落ちて、報道ドローンのいる公衆の面前で死んだ(ことになった)。 本来なら、ここで双子という設定を出して、姿の似ている新局長が就任する場面だろう。 だがその手法は、• 局長が禾生壌宗から細呂木晴海に変わるときに使われた というのが僕の推論だ。 ではなぜ局長が禾生壌宗から細呂木晴海に変わったのか。 それは常守朱が収監されていることと関係していると考えられる。 『サイコパス3』のエピソード1「ライラプスの召命」の冒頭で、常守朱に関すると思われるラジオが流れる。 さらに、3話で廿六木天馬が常守のことを 「あの人殺しの執行官」 と言っていたので、常守が誰かを殺害したらしいことが読み取れる。 その相手はおそらく禾生壌宗。 今のところ、表向きにも裏向きにも一番の大物は禾生壌宗局長で、それなりの理由があれば彼女を手にかけることはあり得る。 となれば、もちろん禾生壌宗は表舞台から姿を消し、その時に双子であるという設定の細呂木晴海が新局長になったのではないか。 だから、名前が変わったのではなく、人物そのものが変わったというのが正解だろう。 もちろんシビュラなので人物は変わらないが、一般大衆的はシビュラシステムの全貌をまだ知らないので、そうした設定が必要だ。 犯罪係数と「愛」の関係 最後には、• 犯罪係数と愛 の関係を考察していこう。 この命題は、個人的に『サイコパス』シリーズのラストに繋がってくると考えている。 『サイコパス3』では、六合塚弥生(くにづか やよい)が更生して社会復帰した。 そして、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』では唐之杜志恩(からのもり しおん)が社会復帰した様子が描かれている。 潜在犯になった人間が社会復帰することは「都市伝説」と言われるほど難しいが、彼女たちはそれを成し遂げたのだ。 つまり、彼女たちを考察することで、一度潜在犯化したほどの犯罪係数をクリアにする方法があるのではないか。 結論からいうと、僕はその方法が「愛」であると考えている。 六合塚弥生と唐之杜志恩は恋人という設定だ。 実はこの『サイコパス』シリーズで恋愛がはっきりと描かれているのは、この2人だけなのだ(2人は身体の関係も描写されている)。 そして、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』では、入江一途と如月真緒の恋愛が「ほのかに」描かれる。 可能性として、この2人の社会復帰もあり得るかもしれない。 「ほのかに」でいうと、常守と狡噛の2人もそんな雰囲気を漂わせることがある。 個人的には、この「愛」で狡噛が贖罪を乗り越えたあたりが『サイコパス』のラストシーンになるのではないかと思っている(願望と言ったほうが正しいか)。 『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』の感想 以上、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』を含めた『サイコパス3』の考察をしてきた。 まとめると、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』はかなり面白かった。 『サイコパス3』が不完全燃焼だった分、余計にそう思うのかもしれない。 個人的に特に良かったのは、• イグナトフと慎導灼の対比• 唐之杜志恩の活躍• シビュラシステムと梓澤廣一の対峙シーン といったところだ。 やはり、シビュラシステムが表に出てきたり、物語の間テクスト性(他作品を引用した例え話など)があったりするのが『サイコパス』らしくて好きだ。 今作初登場ながらも、梓澤廣一のキャラクターが上手く描かれていたことも良かった。 シーズン4も楽しみではあるが、とりあえずはお腹いっぱいになった、そんな気分だ。

次の