全 中 ハンドボール 2019。 中四国学生ハンドボール連盟

大学ハンドボール|【ジェイネットTV】スポーツ動画専門インターネットテレビ番組

全 中 ハンドボール 2019

全日本大学選手権 インカレ)が宮城県にて開催され、本日が決勝戦。 男子は筑波大学が 14年振り4回目の優勝 女子は大阪体育大学が 7年連続8回目の優勝となりました。 女子は大阪体育大学が東海大と対戦、序盤からのリードを、中盤以降も広げての圧勝。 一回戦から決勝まで全ての試合で10点差以上をつけるという、全く他を寄せ付けない強さの7連覇。 チームが強いから、優秀な選手が集まり、優秀な選手が集まることで、また強くなる。 果たして、大体大の負ける日が来るのでしょうか。 男子は、筑波大vs日本体育大という関東勢の決勝。 序盤から追いつ追われつの展開も、筑波大が常にリードを保ちながらラスト1分を切り、1点差で迎えた残り4秒の日体大のシュートを筑波GKが防いで逃げ切りました。 三位に法政大、中央大が入り、今年は関東学連が上位を独占しました。 撮影は序盤の三日間だけ行ってきました。 11月8日 女子一回戦 カメイアリーナ仙台 11月9日 男子二回戦 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21) 11月10日 男女準々決勝 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21) 三日間で撮影枚数は1万枚を超えました。 掲載は関東学連所属の男子チームのみとなります。 ご了承ください。 先に、神奈川県高校新人大会の写真を仕上げなければ。。 神奈川県の高校新人大会が始まりました。 2019. 27 茅ヶ崎北陵高校グランド 2019. 03 茅ヶ崎北陵高校グランド 2019. 04 希望ヶ丘高校グランド 先週は薄曇り、若干の青空。 昨日(11月3日)は曇り空、今日は好天でした。 屋外で撮影する上で、曇り空というのは、明るさが安定するので楽ではあります。 晴天でも、雲が無ければ、やはり明るさは安定しているようでもありますが、午前と午後では太陽の位置が変わるので 午前中は順光(光が被写体の正面から当たる)が、午後には逆光(背面から当たる)に変わったりしますので長時間撮影する場合は「安定」とは言えません。 そこに雲が出てくれば、太陽が雲に隠れて明るさが変わって、その都度、カメラの設定を変えたり模して大変。 そういう意味では曇り空は、午前も午後もほぼ一定となるので楽、、ということです(実際は、多少の明るさの変化もありますが) ただ、曇り空で撮影した写真は、陰影や逆光の面白さを使えないので、それはそれで、やや平凡な写真にもなりがちです。 写真屋さんとして撮るならば、曇り空の方が選手の表情もしっかり出るし、のちのちの資料として使いやすい写真になるのですが、 アート性ももたせたい写真家として撮るならば、晴天の方がいろんなことができる、、ということになります。 そんな観点から屋外ハンドボールの写真を見てみてください。 午前中はこんな青空も 最終試合では雲が広がってきました。 写真はぼちぼち掲載していきます。 今週末宮城県で開催の全日本学生選手権に行ってきます。

次の

中四国学生ハンドボール連盟

全 中 ハンドボール 2019

ダウンロードして活用ください。 ここをクリックしてください。 PDF ここをクリックしてください。 関係の皆さまよろしくお願いいたします。 ダウンロードして活用ください。 PDF ここをクリックしてください。 ダウンロードして利用ください。 締め切りは令和元年6月3日です。 PDF ここをクリックしてください。 ここをクリックしてください。 また、近年問題視されているコンピューターゲームに費やす時間が多い子供たちの運動不足解消と生 涯スポーツの啓発を目的に開催する。 オープニングでは花巻ジュニアスイングオー ケストラ、クロージングでは音楽バンドBlueHairsのライブ演奏やくまモンボール等 熊本女子世界選手権グッズ抽選会で盛り上がりましょう。 会場周辺には雑貨、飲食及 びワークショップが約20店舗出店しますので、ご家族、友人お誘い合わせの上、ピクニック気分でお気軽にご参加ください。 ここをクリックしてください。 ここをクリックしてください。

次の

ハンドボール写真館Ⅱ別館: 2019年11月

全 中 ハンドボール 2019

Focus on the News 広域空間での動きセンシングによるハンドボールVR体験の実証実験について NTTおよびNTT西日本、熊本県は、2019女子ハンドボール世界選手権大会の機運醸成および新たな観戦体験の提供を目的に、熊本県で開催される女子ハンドボールイベントにおいて、試合中の全選手の動きをセンシング 取得 し、空間を再構成することで、あたかも選手になりきったようにプレーの様子を間近で体験できる新たな映像技術の実証実験を実施します。 実施概要 本実証実験では、NTTメディアインテリジェンス研究所が研究開発している「ダイナミックフィールド3次元動きセンシング技術」により、ハンドボールコートに設置した8台のカメラから試合中の全選手の動き情報を解析し、3次元仮想空間を再構成することで、コート内選手になりきった位置で、躍動感ある選手の動きを3次元360度映像で体験できます 図。 1 「ダイナミックフィールド3次元動きセンシング技術」の概要 広い実空間を複数台のカメラで撮影し、空間中にある複数人物のダイナミックな3次元的な動き情報を高精度に取得します。 NTT独自の深層学習を活用した骨格推定と3次元動き解析により、広い空間内で複数人物の交差がある等の複雑なシーンであっても、各人の3次元的な動作を精度高く解析できます。 従来の映画の製作等で利用されるモーションキャプチャーでは対象が特定の環境と人物に限定されていましたが、本技術により、広い空間の中で複数人が動き回る場面でも、各人物の3次元動きを取得することが可能となります。 担当者紹介 熊本から、高臨場なVRで国際スポーツ大会の機運醸成 熊本県 企画振興部 交通政策・情報局 情報政策課 課長 NTT西日本 熊本支店 ビジネス営業部 スマートひかりタウン推進室 室長 左から 椎場泰三/谷口英樹 熊本県、熊本市、NTT西日本は、2012年2月から「スマート光タウン熊本」プロジェクトをスタートさせ、ICT等の新しい技術を活用し「魅力あふれ、暮らしやすさと幸せが実感できる熊本」の実現のため、さまざまな取り組みを行っています。 熊本県は、2016年4月に発生した熊本地震で甚大な被害を受け、現在も、復旧・復興に向け、一歩ずつ歩みを進めています。 今年は、熊本県内において、国際スポーツ大会 ラグビーワールドカップ 2019および2019女子ハンドボール世界選手権大会 が開催されます。 大会の機運醸成につなげるためICTを活用した新たなスポーツ観戦のスタイルを提供すべく、NTTメディアインテリジェンス研究所様の技術および多大なるご協力により、「広域空間での動きセンシング」によるハンドボールVR体験の実証実験を行いました。 このVRは、2019年5月に熊本県の蒲島郁夫知事へ完成報告会を実施し、その後、「2019熊本に国際スポーツイヤーがやってくる!」イベントにおいて、約1000名の方々に、高臨場なVRの体験をしていただきました。 VRを視聴された方からは「試合中のコートの中にいるかのような迫力を感じ、その臨場感に大変驚いた」等の感想を頂戴し、スピード感あふれるハンドボールの魅力を伝えることができ、大会の機運醸成にも寄与できたと思っています。 この国際スポーツ大会を通じて、国内外の皆様におもてなしを届け、今後も、熊本県の創造的復興を成し遂げる一助となるよう、IoT・AI等を活用した取り組みを推進していきます。 研究者紹介 自然な空間センシング実現に向けた第一歩 NTTメディアインテリジェンス研究所 環境情報処理プロジェクト 主任研究員 私たちは、実空間のヒトやモノの情報 動き・形・色など をセンシング 取得 し、仮想空間に再構成する技術の研究開発を進めています。 仮想空間内で実空間の事象を観察・分析することにより、普段気付かなかった現象を感じることや、新たな発見を得ることができる世界が実現します。 このときの情報取得方法は、自然で負担がないものであるべきです。 もし体にセンサやマーカを付けることが必要であれば、煩わしいだけでなく、特にスポーツではプレーに影響を及ぼすでしょう。 しかしスポーツのコートのように広い空間で、たくさんの選手が入り乱れた状態でのセンシングは、我々にとっても経験がなく、技術的にも困難でチャレンジングな試みでした。 さまざまな課題を創意工夫で解決し、最終的に仮想空間に実際のプレイシーンを再構成できたことは、自然な空間センシング実現に向けた大きな前進であり、貴重な実験の機会をいただいたことに一技術者として感謝しています。 仮想空間内で間近からシュートを受けると、観客席からの撮影では決して知ることのできない迫力があり、ハンドボールの魅力の1つを感じることができます。 実空間では見ることができない視点からプレーを観察したことにより、正に新たな発見を得ることができた事例となりました。 本実験で明らかになった技術課題もありますので、それらを解決するとともに、さまざまなシーンに適用できるよう研究開発を続けていきます。

次の