フロン 回収 料金。 フロンガス充填・回収|修理・メンテナンス|業務内容|株式会社エアコンサービス

エアコンクリーニングのリペアテック|フロンガス充填・回収

フロン 回収 料金

馬力 1. 0HP 1. 5HP 2. 0HP 2. 5HP 3. 0HP 4. 0HP 5. 0HP 6. 0HP 7. 5HP 8. 5 3. 6 4. 5 5. 6 7. 1 10. 0 12. 5 14. 0 18. 0 20. 0 25. 一般市街地内の5階建て程度の事務所ビル屋上での施工を原則とします。• 施工用機材はエレベーター利用搬入とします。 冷媒回収機材使用時の電源は屋上にあるものとします。• 回収対象機器が低温用の場合、原則として、スーパー、店舗当の機器を基準とします。• 27Mpa(-200mmHg)以下を基準とします。• 回収作業者は、フロン回収認定技術者とします。 掲載公表価格の範囲(積算資料)• 製品容量別の価格とします。•

次の

冷蔵庫(業務用・家庭用)を処分する方法と注意点とは

フロン 回収 料金

サービス一覧 【フロン排出抑制法の概要】 エアコンディショナーや冷凍冷蔵機器に使用されるフロン類については、 1980 年代頃より、国際条約に基づき、オゾン層破壊効果がない代替フロンが使用されてきています。 しかしながら、この代替フロンは、オゾン層破壊効果はないものの、高い地球温暖化効果を有することから、地球温暖化防止のため、排出を抑える必要があります。 特に、業務用のエアコンディショナーや冷凍冷蔵機器からの使用時におけるフロン類の漏えい問題が判明したことなどから、こうした機器の適切な管理の必要性が高まってきました。 そのため、これまでこうした機器からのフロン類の回収や破壊を対象としていた「フロン回収・破壊法」を平成25年6月に改正し、新たな内容を加えた「フロン排出抑制法」として、平成27年4月1日から施行されることになりました。 (環境省ホームページより抜粋) 当社は第一種フロン類回収業者の道知事登録認定のもと、法令に則って回収作業を行います。 また、 作業に携わる社員全員が、 第二種冷媒フロン類取扱技術者又はRRC冷媒回収技術者の資格を保有しており、確かな技術で安心安全且つスピーディーにフロンガス回収を行っております。 一般住宅から大規模施設(病院・ショッピングモール等)まで施工対応可能です。 まずはお気軽にご相談ください。 フロンガス回収料金表 ルームエアコン 基本回収料金 ¥15,000 追加料金 1台に付き ¥5,000 書類作成料金 ¥2,000 パッケージエアコン 基本回収料金 ¥20,000 追加料金 1台に付き ¥ 6,000 書類作成料金 ¥2,000 回収費用 1kgに付き ¥1,200 破壊費用 1kgに付き ¥800 破壊時ボンベ管理費 20kgボンベ ¥3,000 100kgボンベ ¥12,000 破壊時ボンベ運送費 20kgボンベ ¥6,000 100kgボンベ ¥10,000 諸経費 総額の15% 上記は全て税抜価格です。 消費税は別途頂戴します。 大型設備の回収に関しては現地調査の後、お見積もり致します。 第二種冷媒フロン類取扱技術者が責任を持って担当します。 フロン排出抑制法施工に伴い、 業務用冷凍空調機器について日常的に行う「簡易点検」をお客様が行うことになりました。 *この「日常点検(簡易点検)」は、機器ユーザーが自ら実施することが求められていますが、専門業者に依頼することも可能です。 5kW以上50kW未満 3年に1回以上 50kW以上 1年に1回以上 冷凍・冷蔵機器 7. また、上記のとおり、一定規模(7. 5kW)以上の機器については専門業者などの十分な知見を有する者による「定期点検」も定められています。 点検を依頼する前に、使用している業務用冷凍空調機器について、どのような機器を使用しているかを確認して頂くと、依頼時の遣り取りがスムーズになります。 定期点検機器の確認方法 定期点検の対象となる機器は、冷凍空調機器の室外機などの銘版に記載された「圧縮機の定格出力」から確認できます。 *機器によっては「電動機出力・圧縮機」、「呼称出力」などと記載されていることがあります。 ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。 定期点検の対象では無かった場合は、お客様による簡易点検が義務付けられています。 機器の異常を早期に発見するためには、日頃からの点検が必要です。 機器の使用状況にあった頻度(あまり使用しない場合でも必要最低限の頻度として四半期に一度以上)の点検を行い、その中で 何か異変を見つけた際は、いつでもお気軽にご相談ください。 また、当社では 簡易点検を年間契約にて承っております。 機器の使用頻度とお客様のご希望に合わせて一定の期間毎にお伺いし、お客様に代わって簡易点検を行い、機器毎の点検記録を作成します。 話し合いの上、お客様に合わせた点検スケジュールをご提案させて頂きます。 『簡易点検は自分で行いたい!』という場合は、以下の「簡易点検の手引き」をご参照ください。

次の

【ACSサービスセンター】フロンガス回収 エアコン工事・修理・販売・洗浄はACSへ

フロン 回収 料金

サービス一覧 【フロン排出抑制法の概要】 エアコンディショナーや冷凍冷蔵機器に使用されるフロン類については、 1980 年代頃より、国際条約に基づき、オゾン層破壊効果がない代替フロンが使用されてきています。 しかしながら、この代替フロンは、オゾン層破壊効果はないものの、高い地球温暖化効果を有することから、地球温暖化防止のため、排出を抑える必要があります。 特に、業務用のエアコンディショナーや冷凍冷蔵機器からの使用時におけるフロン類の漏えい問題が判明したことなどから、こうした機器の適切な管理の必要性が高まってきました。 そのため、これまでこうした機器からのフロン類の回収や破壊を対象としていた「フロン回収・破壊法」を平成25年6月に改正し、新たな内容を加えた「フロン排出抑制法」として、平成27年4月1日から施行されることになりました。 (環境省ホームページより抜粋) 当社は第一種フロン類回収業者の道知事登録認定のもと、法令に則って回収作業を行います。 また、 作業に携わる社員全員が、 第二種冷媒フロン類取扱技術者又はRRC冷媒回収技術者の資格を保有しており、確かな技術で安心安全且つスピーディーにフロンガス回収を行っております。 一般住宅から大規模施設(病院・ショッピングモール等)まで施工対応可能です。 まずはお気軽にご相談ください。 フロンガス回収料金表 ルームエアコン 基本回収料金 ¥15,000 追加料金 1台に付き ¥5,000 書類作成料金 ¥2,000 パッケージエアコン 基本回収料金 ¥20,000 追加料金 1台に付き ¥ 6,000 書類作成料金 ¥2,000 回収費用 1kgに付き ¥1,200 破壊費用 1kgに付き ¥800 破壊時ボンベ管理費 20kgボンベ ¥3,000 100kgボンベ ¥12,000 破壊時ボンベ運送費 20kgボンベ ¥6,000 100kgボンベ ¥10,000 諸経費 総額の15% 上記は全て税抜価格です。 消費税は別途頂戴します。 大型設備の回収に関しては現地調査の後、お見積もり致します。 第二種冷媒フロン類取扱技術者が責任を持って担当します。 フロン排出抑制法施工に伴い、 業務用冷凍空調機器について日常的に行う「簡易点検」をお客様が行うことになりました。 *この「日常点検(簡易点検)」は、機器ユーザーが自ら実施することが求められていますが、専門業者に依頼することも可能です。 5kW以上50kW未満 3年に1回以上 50kW以上 1年に1回以上 冷凍・冷蔵機器 7. また、上記のとおり、一定規模(7. 5kW)以上の機器については専門業者などの十分な知見を有する者による「定期点検」も定められています。 点検を依頼する前に、使用している業務用冷凍空調機器について、どのような機器を使用しているかを確認して頂くと、依頼時の遣り取りがスムーズになります。 定期点検機器の確認方法 定期点検の対象となる機器は、冷凍空調機器の室外機などの銘版に記載された「圧縮機の定格出力」から確認できます。 *機器によっては「電動機出力・圧縮機」、「呼称出力」などと記載されていることがあります。 ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。 定期点検の対象では無かった場合は、お客様による簡易点検が義務付けられています。 機器の異常を早期に発見するためには、日頃からの点検が必要です。 機器の使用状況にあった頻度(あまり使用しない場合でも必要最低限の頻度として四半期に一度以上)の点検を行い、その中で 何か異変を見つけた際は、いつでもお気軽にご相談ください。 また、当社では 簡易点検を年間契約にて承っております。 機器の使用頻度とお客様のご希望に合わせて一定の期間毎にお伺いし、お客様に代わって簡易点検を行い、機器毎の点検記録を作成します。 話し合いの上、お客様に合わせた点検スケジュールをご提案させて頂きます。 『簡易点検は自分で行いたい!』という場合は、以下の「簡易点検の手引き」をご参照ください。

次の