八幡sssao。 #1 俺ガイル×SAO

#ソードアート・オンライン #アルゴ 【書き逃げ】SAOに比企谷八幡

八幡sssao

Full text of "" UNIVERSITY OF TORONTO LIBRARY WILLIAM H. 缀 廉 人人 法實き も か• 法皇 於 UI, 欲. - 嫌 人-ま 嫌 人 凶 服 有! Ms 人 嫩 MttK" SI 人. 力!! 奠薦界 き 句句せ K 帖 8 — I 歌; i 3 9 - 傳 71 入, 麝 《 I 折折 太 翥紙返 刀 物 ま. 镛 小 野 小町 磔奴盧 島 小 野次 郞右衞 門 小 野道 風 小 野 S —廳涞 —? —革. -M- 羅 爲. 一s- 雕 s C8 Ms 小 碗 , In 蕃 一 152 雇 i 入 ft? - 子一 を ど. 伯 を芸小 小 尾 小 緒 小 小 小 小 小 小 小 小 小 小 を 賴小瀬 食 16 緒 忍 和 和 1 父 ち• JI 睿之 赛- In -- 纖: IH 零- -. 5 —S 2-. レ W きれなる 默 "ゥづ ,《. — 35. 见 鶴 SI? 【篤】 00 雷 画 纏 察 讓 19 I 入 8 'ク IJ チ I- 见 鱅 圓光院 圓; W 寺 【《3 —八講 於. ,—, 朱 省 天 3敎塞 圆说 S 月 —入" P 賺 国 6- ゑんこう 草 圆農 「H- ン PKSJJ チ晃 簪 遠 州 「ト. 铙御 門つ 樂 つ m 寺 詩 門 寺 (i 賦堂 寺 寺 居 柵? M も Mi- It. HI 一 Mi. フ M4 プ Z. V へ f ベ チマ モ 14 フ 賺 さ ゑが く き 惠我• 德 W 跨 軍 足 軍— 院號 I 院 % 定! 二 II KI I 7 JR. — 3. — M. M, A. — 2? 攝 攝. ノ ヮナギ ヮナ ミ ヮ 一一 ァ ヮニケ ヮ ニノ 2 一べ リス ケ ヮスシ ヮ ノリ ワ八ゥ ヮ バウ ヮビ ヮプゥ ヮ ポク ?- ャ ヮメ ヮメ A ヮャゥ ei ゥ 六 九 五 「ト - ケ 豐受大 15? 健 走 忘 貝 わすれぐ さ I 鐘. 1 於 S. わたく h- a? ft 9 7 9 ガ カウ -It A 八 H. i セ -fc 3. — JL 3. 六 七— 九 ra 五一— 八 ra 八 3. 3L-fi. It —二 "to 修 まま 修 麵倉 K 美 A 鮮 X. C3 n JK. — 3. 3 a. ク Z クヲ on ゥ a ザ A P. V3 n ジッ a ジメ n シャ。 ソ A 0ヂ。 ヂァ さノ ?ゥ ラナ a バン a ビラ a フサ フれ え T an' ケ a ン ギ ンゴ 六 八 九 六 纖 衍義 植植 用. 55S 霊 i? c — a. 7 へ 六八パ a クカ as! 一 a クグ! 一一 a ク n! a ク tf ミ靈 ハ 具 -? 1 ろ 1 !! iLt? jSt 二 九 一 ス、 ;?. u 八 さ 三 六甚— 八 0- ヒ一 ra jt — s. :,, 人官' T 實 實官 鬥 ft 方 法 珐法法 法 法 帝 文 宗• EH W 2. — — 八;? 九. 4 W s 子 詞事滅 歌 -; 三國 治 ' It 01 要 さ 格 き — i?? ait 仁王 會 a 時奉替 大 so 【篇】 00 Is ? 【w 入】 五 三 CD M. リム リ ムシ リモン リャゥ 六 七 八 8. sr -in T.. SS- 一一 I 11 二 鬬 1 1 1 一 -I - 一 一一 -I セ 二 二… 處-ー 豳 乇 r ,ク. 3 m 2. 纏 續議 條修實• 慮 繞ま支 X さ 5昼8 さ 5 i 买 ま 《iS il5? 5uw3. -tiliI n a ra s. ヨウ 力 ヨウ キ ヨウ ケ m ゥシ 與板潘 餘 一 人名 余 市 郡 よいと こ よいよ い 病 庸 【篇】 大神 S? I 穿. 內— 容瞎 「ヨウ シ 止」 チモ见 用 方 右筆 用 脚 S 用金 席 軒 流 茶道 W 容姿. 弓矢 【篇】 VI 醫 nr 矢 立 会 IB IT 矢 策 1W 奉行 弓矢繾 奉行 S SR し 《8 事 【s 155. ?—, M8 晃, —ま 一事 A はせ ュメ ゥ ュメチ ュゃ fi メノ ュ リメ ュルギ ュ リゴ ュルシ ュ 舞... JII.. -t; 3. 天皇 欲レ 一? 一遊 行宗 「ゥシ -i 時宗」 チ モ 見 a 遊行 柳 悠紀院 毋具 ュゲシ 一 弓 削岛莊 六 六 三 依 JW. s 卜 定 大曹 祭— 所. 川《 さ ヤマダ— ャマ P 山 田 都 规纖 山 田 都 上 g 山 田 Is I 田讓 や よだち 「サン ダ山 MJ. 饍 山寺 やまと 默. S 所 やまとみ こと 耿 大和 nn 斤 幫 大和• — H 5 — C 〕 六 ヒ 七 — O JZ. a 口 本 ャ ヘイ —ヤマタ 「 ャへ. 3 名 墓 八 W 三 on 八一 u 八• 三 SL — 二 二 ニニ 二 二 "- - 一二 ra ニニ 2. -iJ A- H 七 六 rsTio 九 EHisi 大 二; b 八 S. ュ M JL m• — n :3. 2L 3. A 2. 三 —• 二 —• -— 七 八 ニニ PR ヒ 九 九 三- fc 八 九 o 丑 六 一 fi. "ま J, 1. 1L 3. CD 一- PH i-q ra モ モモ サグキ Yr 法 IT 'ff 法 t せ 方 兵お 政 庵 ぁ稱 Ai 稱 方: R 文 文 文 ill 人 文. i の 木 St 爆 もと ほ. 9 as 子 本 村 ま 子 SSS 撃 X 議 S 石 麟ホ 纏崎肇 K 議 爲. -t3 JS. —室 fa ra 甚 —• M-s- 權. I 子 母の ふみ めば うき ts. ? S 上• ST め b めす. m s, 3. — a. 六 ea 3. 九 5 s. ノ メシ メシ 7 メシク ヌシオ メシガ メ. メシ n メシジ メシ ッ メ ゥ メッケ mssiaaa ;• 今 六 三 九 めくる めく やま ひ めぐろ へお 目黑 江 F 目 動 不動 めけ もの 化 目棊 目 刺 小 は KSS m 【ほ】 「ィ. — M, M, — m M. — n え 直 セ A A 9! セ 二 セ。 一二 も 八 セ 二一一 穴蓽 るテ 一一 慕 AW 九 一 S JL ノ、一 o 内 ニニ as. 211 メグ リ メ? ノ 妙 3B 寺 【篇】 妙 心 寺 【篇】 , 1 魔 雷 els 弁 衣 ま S —爐 一妙 心 寺 《 メゥジ 苗 宇 【篇】 —譬カ 者 !. r メ メ. ? 寧《 栅 I 鐘- -二 81 本 T 1礓- 集觀 A 衣 ひ. Tr ム. 00 むしく ひば 鵬? 晨 I? 囊 けら 歲纖 格子 m 直 裏歡 Is むし 膽 六 ひしつ 汁 鲁 ムシ ノ ムシ 八 ムシ フ ムシ 率 ムシ マ ムシ ム ム. 5 ャ tl- 一 ム 力 ム サ ゥ ず• — — 3. -I, 源 養 牛 Ipkvs 興. 平 さ I 家 -Js 仁, Is IIR-ias! S S A. I 麟纖納 ,1 な繾 js. l 5s. tiJ53jtsS :gl2? " 塞 溝ま钃 見み 見 見見晃 ,• ソ sr i ソソ• W O ミケノ ケビ s ケン S-3I :-n ガ X5. V m a 位— 上. 二 一 一 ra — 二 A — — jr. — JL S. 2L — ミ —2. k 飜, マン. ぐ さ 2. メ H マ. ノ マン ジ マ A ス f? ノゾ マン ダ 萬歲旗 萬歲樂 唐 樂 i 樂 i 萬秋樂 まんし ゅラ as 芋 萬 松 寺 【篇】 慢心 萬 毒 曼珠沙華 石き 萬 f 山城 S 萬 毒 寺 豐き 【篇】 S 奪 2. 一 ,产 置 JL ニー 一 画え セ鬭八 セ 養 SSS? iSitSi 六 歸 攀申申 率莫! マユ 零 lis マユ ヮ 魔 除 守 礼 迷 はし まら 男 s 客 居 まら. ra:s. -【《: 入】 镛- ST 露 I マ ツル マク 7 ノ勢 SII 祀餐 SK. -— 事. 嘗: 21 ?丄 鎮化 I 2-- I 韓上讀 S! 3L va S. 毛 利慶載 寺 【纖】 廉鞋 摩 WIS! — - -ス— 一 — S. セセ ら CD H; JS. SL 八 二 O 二? ノ え 六 三 ボン 夕 —. 會 本 C, 矚 fi 本 tfr 名 本山 本山 寺 【篇】 本. 3 -t: 3. 輪 宗宗; 宗家 J 家家 文秦 —- ' 二 ' 了 , ネ n 法 興 元 as 法典 寺 法眞 R 【雪】 入講 法 金剛 院 S 法齋湯 法麵 千 fif ほ とづら Has 杜 S 杜請革 杜 鳴の s n n 3 CD n JBL — 八 六 八 — — JB. 拿: m 川 氏 細 川 S —S: 誠 家 IDI- 細 W 藤攀 夢- S. H 川 勝 元 i-s- IM. I 寺. II 川畫 IK I 建. — S. 外 寒 康康鮮 tft 息 —• S 年 ま. 一豊 捻 一 S. 莊嚴院 尙齒會 賓生大 夫 賓生 流. 風15 Is 寺 【翥】 Is 舉加 奉 據 帳 賓 n S 賓 f 【篇】 S 【• -: 太 騫 SI 糧 不.. 饑 41. ,8- 賓 M 賓囊 S 賓元 -? 把 レ《! ft5! S 敬篮 as 別絲絲 巡 S 裝子式 P 莊小 功買戶 業, 家 火 下 g ま 宮儀給 次 號甲甲 甲 甲 甲 格 瓜 瓜 給 束 銅き. 八 八 八 六七ュ 九! 51 ス お 〜 へ へ• I 中 【 S 日 貴 ま•• K 篇神祭. 安靖人 1 巴且 人. 画人 灘. -EmlK 王 - 無驄. 、1 蟲, 寨 實条實 爾解會 實實最 ま舞纖 議鳙籌 AAA 眚實 X 嚳桑桑 共 A 家 J 鎮. 3 X. , t; —. 二 八 H? 浪人 1- 不老 w: 不老!: 內南 794- 一 SS 於. 1 濾童 — Is Is s 番 s?. 儀 9 秦 Kf プラス フラチ プラヂ フラン プリ フ プリ ギ フりシ フりジ フりソ フ リツ ブ リツ ふらす- W 不缚 不 《? w 地 不埒 IB 文 5 化な tl D. ' snttft 利 布 《 ぶ. ォ フ. フ卜ン フナ プナ フ. ?' フ女キ フナク フ ナグ フナ シ. フナジ フ ナス フナズ フナ 《 田 き 2 かみ i 石 樓」 チ 舟 舟 i ?リ フ卜ダ フ h 二 フ h ノ フトバ ?プ フ トマ フ. — tm — M. - 雪」 チ嚼 1 霧 洋讕 權 一 5 7? 嫌議鍵? B- —於貪麟12. , 實蒙纥 主• 於會 祀.. 7プ ノー ププ拿 簿 法 傳事 Is 01. 00 膽.. S:J I 着. , 0! '5i!. Jt — C 凰 A M. 八 5 二 、一 A S : え O A 鲷 A. 穴 二 丑 一 -s. 柙 權 藤 原 成 親 藤 原成經 藤 原 成 通 藤 原 順 子 藤 原信賴 —扇 《 I 怯 請 一 《, 於 唐 R 山 ittt, 一 f 廣嗣 一 御 f FJ 藤 藤 房 - 練-後 S 天 A, 藤 原 不比等 I 雇. 1151丄丄ょ1! 1151丄丄!8丄5丄丄ょ丄 S で ミ伊驊 系 公,? 公公淸 s? 清 ほ S? ハ ノ ヌ 鮮樂 帝 tttt 文 纏 人• :5 i H Jt 八 ョ- a. — 皐 jk. -S —臭 k 「"子」 「チチ チ 1. -サ V 武藏颺 J チ I- 見- 武州 一校 武州北 一 探 武州本 一 探 武州南 一校 富士 おろし き 節: S S 富士講 五六 七 フケ井 フ ゲン プ ゲン フ n フゴ ブ n フ n ゥ プ n ゥ ブ n ク フ n ッ フ ny 附骨谊 フケ井 —フジ 力 不言 樂 分限者 min- is 【駕】 太 上天 il —施 入勅鲁 辭, 「-, 表! ノ フキ フギ プキ 7 キア ふ かづみ 石 law 餓油 深 川 ふかみぐ さ 牡丹 深紫袍 步刈 不堪 佃田定 不堪 佃田奏 【併ん】 不義 不義 も. 氣紀 i asi I rf 親 管 7? C3 JK. -fejLrasajK. 五 二。 ぶ ビン. ! 1! 《 A s JC 一八 Jt 二: M JL A. Sii? 琴; 扇 醃 炱保 》Sg f 龜 ヒ 3 卜 匕ラ 于 XS? ひよ ど h- じ や. r-c ひよ ど x- じ や. psc n A. ヒ ユカ K-i- 耿 ヒ 3 ゥ Biw ひょう-, V うか• ん 九九 九九 jr. 1 m レ 火 屋 If- 評詳評 評評碎 定定 定定定 定定丄 所所 所所 所所 所 同 使 助 勤-書 書改累 心 之 役 役 役 物 役. 五 e ャゥ ヒャゥ ひやう 3 兵 庫 き 摩 一 兵 庫 eg I 兵 庫 港... 平仄 ひやう たん 節 兵仗 「 比資神 S:— 於 平 VIS 於 春 B 舞. p IK.. W - 三 JS. Jt 7C ヌー• ! S 大內瘦 B 截舞宮 【麓】 1 大蒙 宫 sfiHiL 匕十シ It ノマ BITIK 新 000. 二 S— 二 四 3. EB J5. Os-J 爲-, 大嘗 祭主 基. I 觸山 I 鐘. f 【供人】! v ひたし も. 4c 火 出 0! , nm. 力 5. づ 17. stti 一一 H 鬭不 Jn: 藿龍— - IT 56 MMl 【ミ 1 跚, I ISMS-. 針 M 缄治療 磔 【篇】 I 【篤】 ip f 【併 入】 水 I 【併 入】 ISSSB 之 上— J- 人 K- ,, 密 was 者- 磔木 張 K 像 八 リウ- - はらら ご 編》 はらら 汁 はら を かか ゆ 嫁 棄麵 5 は.. , もぎ xt A マ 7 ハマ. ハ マウ ハマ M ii? iSS? —- 3S. m 3. JL JS. S ュ 二• セ 六 一 CD 七 : 棒 i i!! , S 父 ハハハ 庫 伯, か i i g チ づ ? 呂 f さ S J k 宗宗康 人植宗 外武武 法文 兵鹰 動:! R 番所 走 水 奉行 走 物 i 走 矢 食 走 湯 山 走 湯權現 Is 走 湯 山地. 二 —• 一ん ー韋 JL JK. つ" 六 六" t: セ S A. 八 s 1. ノ ハギバ i ガゴ 芳贺郡 ハ カジ はか じる し 墓 き ハカ セ 博士. SSHI 公お 田 一 文窣— 【併 人】 一 as— 一 S 法-.. フ '流入」 チ见 拜禮 「ハイ 萍. n jl 二 jl 天. Tn : 廣后 バ. 1- ばいごま 51 資茶翁 "4 ザ 一 倍誠 《4 シ; 齒書鋒 象 《 【隱】 肚 依. ヮキ 一 野 分 ノヲバ の をば いすば に や ノン ド 一 咽喉 ノン ヤー のん や ほ 節 」 チ. -见 拜揖 波 近 g 梅. 'リ, ノ.. -ノ ジム.. N プス ノ プチ ノプミ ノべゥ ノぺカ ジべガ• r ノ ノドプ ノ ナカ ノネ ズ ノノ H ノジカ ゾ ノギ ノノク ののし. 9 i のの つかさ r シキブ 式 髗害. メ? メシ ノシカ メシ X ノジ メ f メシ H 一 ノジ a ノス• — — jt —• — - 3. 別別 粗 春 雑る 貫 貢 舂米器 率飆米 分 物 g 能 JgJS 能展晨 塵 晨詡 菜 化 具 具 冠 器 稼 稼 家 因 H S r. ,Am— ノウ ミ ノ. r ク ノ. ri ニニ 二 n n sl 1 慕 先 二 A M. JL 1 m JS. 始 嫁 画中《 不, 行. , I 纖. - 著.. ニニ — - 二 二 二• 寺— ffi! 二 九ん 九 jgl- か 二 StO 六 九 六 六 七 W さ 六 二 0;ュ 二え 二 W3L:?. 女王 i-s- 1 纏嚴 stt 時 I 鍵雍 謂 女王• 女房 三十 六 人 歌仙 女房 名 女房 與 女房の さむら ひ 臺 翁 所 女房 舉害 女院 【併 入】 T 【篇】 i 八 禱玄御 《• S 蠢 3? — ニニ: SL— 二 二 n 2. ! ess; 依. -Ji 依-— llstttss? B 靜• 8 一 日 峯• -t; ニシム 西 目 煮染 にしゃ どち as 西 山拙齊 西 山宗因 二 朱 金 元 緑 I 天 保— I さ 高 la 位 二 朱 銀 安. "に 7 西野黨 西陣 西 寺 山城.

次の

#ソードアート・オンライン #アルゴ 【書き逃げ】SAOに比企谷八幡

八幡sssao

Full text of "" UNIVERSITY OF TORONTO LIBRARY WILLIAM H. 缀 廉 人人 法實き も か• 法皇 於 UI, 欲. - 嫌 人-ま 嫌 人 凶 服 有! Ms 人 嫩 MttK" SI 人. 力!! 奠薦界 き 句句せ K 帖 8 — I 歌; i 3 9 - 傳 71 入, 麝 《 I 折折 太 翥紙返 刀 物 ま. 镛 小 野 小町 磔奴盧 島 小 野次 郞右衞 門 小 野道 風 小 野 S —廳涞 —? —革. -M- 羅 爲. 一s- 雕 s C8 Ms 小 碗 , In 蕃 一 152 雇 i 入 ft? - 子一 を ど. 伯 を芸小 小 尾 小 緒 小 小 小 小 小 小 小 小 小 小 を 賴小瀬 食 16 緒 忍 和 和 1 父 ち• JI 睿之 赛- In -- 纖: IH 零- -. 5 —S 2-. レ W きれなる 默 "ゥづ ,《. — 35. 见 鶴 SI? 【篤】 00 雷 画 纏 察 讓 19 I 入 8 'ク IJ チ I- 见 鱅 圓光院 圓; W 寺 【《3 —八講 於. ,—, 朱 省 天 3敎塞 圆说 S 月 —入" P 賺 国 6- ゑんこう 草 圆農 「H- ン PKSJJ チ晃 簪 遠 州 「ト. 铙御 門つ 樂 つ m 寺 詩 門 寺 (i 賦堂 寺 寺 居 柵? M も Mi- It. HI 一 Mi. フ M4 プ Z. V へ f ベ チマ モ 14 フ 賺 さ ゑが く き 惠我• 德 W 跨 軍 足 軍— 院號 I 院 % 定! 二 II KI I 7 JR. — 3. — M. M, A. — 2? 攝 攝. ノ ヮナギ ヮナ ミ ヮ 一一 ァ ヮニケ ヮ ニノ 2 一べ リス ケ ヮスシ ヮ ノリ ワ八ゥ ヮ バウ ヮビ ヮプゥ ヮ ポク ?- ャ ヮメ ヮメ A ヮャゥ ei ゥ 六 九 五 「ト - ケ 豐受大 15? 健 走 忘 貝 わすれぐ さ I 鐘. 1 於 S. わたく h- a? ft 9 7 9 ガ カウ -It A 八 H. i セ -fc 3. — JL 3. 六 七— 九 ra 五一— 八 ra 八 3. 3L-fi. It —二 "to 修 まま 修 麵倉 K 美 A 鮮 X. C3 n JK. — 3. 3 a. ク Z クヲ on ゥ a ザ A P. V3 n ジッ a ジメ n シャ。 ソ A 0ヂ。 ヂァ さノ ?ゥ ラナ a バン a ビラ a フサ フれ え T an' ケ a ン ギ ンゴ 六 八 九 六 纖 衍義 植植 用. 55S 霊 i? c — a. 7 へ 六八パ a クカ as! 一 a クグ! 一一 a ク n! a ク tf ミ靈 ハ 具 -? 1 ろ 1 !! iLt? jSt 二 九 一 ス、 ;?. u 八 さ 三 六甚— 八 0- ヒ一 ra jt — s. :,, 人官' T 實 實官 鬥 ft 方 法 珐法法 法 法 帝 文 宗• EH W 2. — — 八;? 九. 4 W s 子 詞事滅 歌 -; 三國 治 ' It 01 要 さ 格 き — i?? ait 仁王 會 a 時奉替 大 so 【篇】 00 Is ? 【w 入】 五 三 CD M. リム リ ムシ リモン リャゥ 六 七 八 8. sr -in T.. SS- 一一 I 11 二 鬬 1 1 1 一 -I - 一 一一 -I セ 二 二… 處-ー 豳 乇 r ,ク. 3 m 2. 纏 續議 條修實• 慮 繞ま支 X さ 5昼8 さ 5 i 买 ま 《iS il5? 5uw3. -tiliI n a ra s. ヨウ 力 ヨウ キ ヨウ ケ m ゥシ 與板潘 餘 一 人名 余 市 郡 よいと こ よいよ い 病 庸 【篇】 大神 S? I 穿. 內— 容瞎 「ヨウ シ 止」 チモ见 用 方 右筆 用 脚 S 用金 席 軒 流 茶道 W 容姿. 弓矢 【篇】 VI 醫 nr 矢 立 会 IB IT 矢 策 1W 奉行 弓矢繾 奉行 S SR し 《8 事 【s 155. ?—, M8 晃, —ま 一事 A はせ ュメ ゥ ュメチ ュゃ fi メノ ュ リメ ュルギ ュ リゴ ュルシ ュ 舞... JII.. -t; 3. 天皇 欲レ 一? 一遊 行宗 「ゥシ -i 時宗」 チ モ 見 a 遊行 柳 悠紀院 毋具 ュゲシ 一 弓 削岛莊 六 六 三 依 JW. s 卜 定 大曹 祭— 所. 川《 さ ヤマダ— ャマ P 山 田 都 规纖 山 田 都 上 g 山 田 Is I 田讓 や よだち 「サン ダ山 MJ. 饍 山寺 やまと 默. S 所 やまとみ こと 耿 大和 nn 斤 幫 大和• — H 5 — C 〕 六 ヒ 七 — O JZ. a 口 本 ャ ヘイ —ヤマタ 「 ャへ. 3 名 墓 八 W 三 on 八一 u 八• 三 SL — 二 二 ニニ 二 二 "- - 一二 ra ニニ 2. -iJ A- H 七 六 rsTio 九 EHisi 大 二; b 八 S. ュ M JL m• — n :3. 2L 3. A 2. 三 —• 二 —• -— 七 八 ニニ PR ヒ 九 九 三- fc 八 九 o 丑 六 一 fi. "ま J, 1. 1L 3. CD 一- PH i-q ra モ モモ サグキ Yr 法 IT 'ff 法 t せ 方 兵お 政 庵 ぁ稱 Ai 稱 方: R 文 文 文 ill 人 文. i の 木 St 爆 もと ほ. 9 as 子 本 村 ま 子 SSS 撃 X 議 S 石 麟ホ 纏崎肇 K 議 爲. -t3 JS. —室 fa ra 甚 —• M-s- 權. I 子 母の ふみ めば うき ts. ? S 上• ST め b めす. m s, 3. — a. 六 ea 3. 九 5 s. ノ メシ メシ 7 メシク ヌシオ メシガ メ. メシ n メシジ メシ ッ メ ゥ メッケ mssiaaa ;• 今 六 三 九 めくる めく やま ひ めぐろ へお 目黑 江 F 目 動 不動 めけ もの 化 目棊 目 刺 小 は KSS m 【ほ】 「ィ. — M, M, — m M. — n え 直 セ A A 9! セ 二 セ。 一二 も 八 セ 二一一 穴蓽 るテ 一一 慕 AW 九 一 S JL ノ、一 o 内 ニニ as. 211 メグ リ メ? ノ 妙 3B 寺 【篇】 妙 心 寺 【篇】 , 1 魔 雷 els 弁 衣 ま S —爐 一妙 心 寺 《 メゥジ 苗 宇 【篇】 —譬カ 者 !. r メ メ. ? 寧《 栅 I 鐘- -二 81 本 T 1礓- 集觀 A 衣 ひ. Tr ム. 00 むしく ひば 鵬? 晨 I? 囊 けら 歲纖 格子 m 直 裏歡 Is むし 膽 六 ひしつ 汁 鲁 ムシ ノ ムシ 八 ムシ フ ムシ 率 ムシ マ ムシ ム ム. 5 ャ tl- 一 ム 力 ム サ ゥ ず• — — 3. -I, 源 養 牛 Ipkvs 興. 平 さ I 家 -Js 仁, Is IIR-ias! S S A. I 麟纖納 ,1 な繾 js. l 5s. tiJ53jtsS :gl2? " 塞 溝ま钃 見み 見 見見晃 ,• ソ sr i ソソ• W O ミケノ ケビ s ケン S-3I :-n ガ X5. V m a 位— 上. 二 一 一 ra — 二 A — — jr. — JL S. 2L — ミ —2. k 飜, マン. ぐ さ 2. メ H マ. ノ マン ジ マ A ス f? ノゾ マン ダ 萬歲旗 萬歲樂 唐 樂 i 樂 i 萬秋樂 まんし ゅラ as 芋 萬 松 寺 【篇】 慢心 萬 毒 曼珠沙華 石き 萬 f 山城 S 萬 毒 寺 豐き 【篇】 S 奪 2. 一 ,产 置 JL ニー 一 画え セ鬭八 セ 養 SSS? iSitSi 六 歸 攀申申 率莫! マユ 零 lis マユ ヮ 魔 除 守 礼 迷 はし まら 男 s 客 居 まら. ra:s. -【《: 入】 镛- ST 露 I マ ツル マク 7 ノ勢 SII 祀餐 SK. -— 事. 嘗: 21 ?丄 鎮化 I 2-- I 韓上讀 S! 3L va S. 毛 利慶載 寺 【纖】 廉鞋 摩 WIS! — - -ス— 一 — S. セセ ら CD H; JS. SL 八 二 O 二? ノ え 六 三 ボン 夕 —. 會 本 C, 矚 fi 本 tfr 名 本山 本山 寺 【篇】 本. 3 -t: 3. 輪 宗宗; 宗家 J 家家 文秦 —- ' 二 ' 了 , ネ n 法 興 元 as 法典 寺 法眞 R 【雪】 入講 法 金剛 院 S 法齋湯 法麵 千 fif ほ とづら Has 杜 S 杜請革 杜 鳴の s n n 3 CD n JBL — 八 六 八 — — JB. 拿: m 川 氏 細 川 S —S: 誠 家 IDI- 細 W 藤攀 夢- S. H 川 勝 元 i-s- IM. I 寺. II 川畫 IK I 建. — S. 外 寒 康康鮮 tft 息 —• S 年 ま. 一豊 捻 一 S. 莊嚴院 尙齒會 賓生大 夫 賓生 流. 風15 Is 寺 【翥】 Is 舉加 奉 據 帳 賓 n S 賓 f 【篇】 S 【• -: 太 騫 SI 糧 不.. 饑 41. ,8- 賓 M 賓囊 S 賓元 -? 把 レ《! ft5! S 敬篮 as 別絲絲 巡 S 裝子式 P 莊小 功買戶 業, 家 火 下 g ま 宮儀給 次 號甲甲 甲 甲 甲 格 瓜 瓜 給 束 銅き. 八 八 八 六七ュ 九! 51 ス お 〜 へ へ• I 中 【 S 日 貴 ま•• K 篇神祭. 安靖人 1 巴且 人. 画人 灘. -EmlK 王 - 無驄. 、1 蟲, 寨 實条實 爾解會 實實最 ま舞纖 議鳙籌 AAA 眚實 X 嚳桑桑 共 A 家 J 鎮. 3 X. , t; —. 二 八 H? 浪人 1- 不老 w: 不老!: 內南 794- 一 SS 於. 1 濾童 — Is Is s 番 s?. 儀 9 秦 Kf プラス フラチ プラヂ フラン プリ フ プリ ギ フりシ フりジ フりソ フ リツ ブ リツ ふらす- W 不缚 不 《? w 地 不埒 IB 文 5 化な tl D. ' snttft 利 布 《 ぶ. ォ フ. フ卜ン フナ プナ フ. ?' フ女キ フナク フ ナグ フナ シ. フナジ フ ナス フナズ フナ 《 田 き 2 かみ i 石 樓」 チ 舟 舟 i ?リ フ卜ダ フ h 二 フ h ノ フトバ ?プ フ トマ フ. — tm — M. - 雪」 チ嚼 1 霧 洋讕 權 一 5 7? 嫌議鍵? B- —於貪麟12. , 實蒙纥 主• 於會 祀.. 7プ ノー ププ拿 簿 法 傳事 Is 01. 00 膽.. S:J I 着. , 0! '5i!. Jt — C 凰 A M. 八 5 二 、一 A S : え O A 鲷 A. 穴 二 丑 一 -s. 柙 權 藤 原 成 親 藤 原成經 藤 原 成 通 藤 原 順 子 藤 原信賴 —扇 《 I 怯 請 一 《, 於 唐 R 山 ittt, 一 f 廣嗣 一 御 f FJ 藤 藤 房 - 練-後 S 天 A, 藤 原 不比等 I 雇. 1151丄丄ょ1! 1151丄丄!8丄5丄丄ょ丄 S で ミ伊驊 系 公,? 公公淸 s? 清 ほ S? ハ ノ ヌ 鮮樂 帝 tttt 文 纏 人• :5 i H Jt 八 ョ- a. — 皐 jk. -S —臭 k 「"子」 「チチ チ 1. -サ V 武藏颺 J チ I- 見- 武州 一校 武州北 一 探 武州本 一 探 武州南 一校 富士 おろし き 節: S S 富士講 五六 七 フケ井 フ ゲン プ ゲン フ n フゴ ブ n フ n ゥ プ n ゥ ブ n ク フ n ッ フ ny 附骨谊 フケ井 —フジ 力 不言 樂 分限者 min- is 【駕】 太 上天 il —施 入勅鲁 辭, 「-, 表! ノ フキ フギ プキ 7 キア ふ かづみ 石 law 餓油 深 川 ふかみぐ さ 牡丹 深紫袍 步刈 不堪 佃田定 不堪 佃田奏 【併ん】 不義 不義 も. 氣紀 i asi I rf 親 管 7? C3 JK. -fejLrasajK. 五 二。 ぶ ビン. ! 1! 《 A s JC 一八 Jt 二: M JL A. Sii? 琴; 扇 醃 炱保 》Sg f 龜 ヒ 3 卜 匕ラ 于 XS? ひよ ど h- じ や. r-c ひよ ど x- じ や. psc n A. ヒ ユカ K-i- 耿 ヒ 3 ゥ Biw ひょう-, V うか• ん 九九 九九 jr. 1 m レ 火 屋 If- 評詳評 評評碎 定定 定定定 定定丄 所所 所所 所所 所 同 使 助 勤-書 書改累 心 之 役 役 役 物 役. 五 e ャゥ ヒャゥ ひやう 3 兵 庫 き 摩 一 兵 庫 eg I 兵 庫 港... 平仄 ひやう たん 節 兵仗 「 比資神 S:— 於 平 VIS 於 春 B 舞. p IK.. W - 三 JS. Jt 7C ヌー• ! S 大內瘦 B 截舞宮 【麓】 1 大蒙 宫 sfiHiL 匕十シ It ノマ BITIK 新 000. 二 S— 二 四 3. EB J5. Os-J 爲-, 大嘗 祭主 基. I 觸山 I 鐘. f 【供人】! v ひたし も. 4c 火 出 0! , nm. 力 5. づ 17. stti 一一 H 鬭不 Jn: 藿龍— - IT 56 MMl 【ミ 1 跚, I ISMS-. 針 M 缄治療 磔 【篇】 I 【篤】 ip f 【併 入】 水 I 【併 入】 ISSSB 之 上— J- 人 K- ,, 密 was 者- 磔木 張 K 像 八 リウ- - はらら ご 編》 はらら 汁 はら を かか ゆ 嫁 棄麵 5 は.. , もぎ xt A マ 7 ハマ. ハ マウ ハマ M ii? iSS? —- 3S. m 3. JL JS. S ュ 二• セ 六 一 CD 七 : 棒 i i!! , S 父 ハハハ 庫 伯, か i i g チ づ ? 呂 f さ S J k 宗宗康 人植宗 外武武 法文 兵鹰 動:! R 番所 走 水 奉行 走 物 i 走 矢 食 走 湯 山 走 湯權現 Is 走 湯 山地. 二 —• 一ん ー韋 JL JK. つ" 六 六" t: セ S A. 八 s 1. ノ ハギバ i ガゴ 芳贺郡 ハ カジ はか じる し 墓 き ハカ セ 博士. SSHI 公お 田 一 文窣— 【併 人】 一 as— 一 S 法-.. フ '流入」 チ见 拜禮 「ハイ 萍. n jl 二 jl 天. Tn : 廣后 バ. 1- ばいごま 51 資茶翁 "4 ザ 一 倍誠 《4 シ; 齒書鋒 象 《 【隱】 肚 依. ヮキ 一 野 分 ノヲバ の をば いすば に や ノン ド 一 咽喉 ノン ヤー のん や ほ 節 」 チ. -见 拜揖 波 近 g 梅. 'リ, ノ.. -ノ ジム.. N プス ノ プチ ノプミ ノべゥ ノぺカ ジべガ• r ノ ノドプ ノ ナカ ノネ ズ ノノ H ノジカ ゾ ノギ ノノク ののし. 9 i のの つかさ r シキブ 式 髗害. メ? メシ ノシカ メシ X ノジ メ f メシ H 一 ノジ a ノス• — — jt —• — - 3. 別別 粗 春 雑る 貫 貢 舂米器 率飆米 分 物 g 能 JgJS 能展晨 塵 晨詡 菜 化 具 具 冠 器 稼 稼 家 因 H S r. ,Am— ノウ ミ ノ. r ク ノ. ri ニニ 二 n n sl 1 慕 先 二 A M. JL 1 m JS. 始 嫁 画中《 不, 行. , I 纖. - 著.. ニニ — - 二 二 二• 寺— ffi! 二 九ん 九 jgl- か 二 StO 六 九 六 六 七 W さ 六 二 0;ュ 二え 二 W3L:?. 女王 i-s- 1 纏嚴 stt 時 I 鍵雍 謂 女王• 女房 三十 六 人 歌仙 女房 名 女房 與 女房の さむら ひ 臺 翁 所 女房 舉害 女院 【併 入】 T 【篇】 i 八 禱玄御 《• S 蠢 3? — ニニ: SL— 二 二 n 2. ! ess; 依. -Ji 依-— llstttss? B 靜• 8 一 日 峯• -t; ニシム 西 目 煮染 にしゃ どち as 西 山拙齊 西 山宗因 二 朱 金 元 緑 I 天 保— I さ 高 la 位 二 朱 銀 安. "に 7 西野黨 西陣 西 寺 山城.

次の

#ソードアート・オンライン #アルゴ 【書き逃げ】SAOに比企谷八幡

八幡sssao

ここへ来て2ヶ月経った。 俺は今、迷宮区にいる 俺はここで命懸けの戦いをしている。 なんでこんなことになったかと言うと2ヶ月前テレビでやっていたCMがきっかけだ。 そのCMとはソードアート・オンライン(SAO)というゲームのCMだ 俺はそのゲームを探した、理由としては暇だったということと選挙の後で奉仕部には行きたくなかったからだ だから正式版を手に入れたときは素直に嬉しかった そして今日の3時からスタートできる 八幡「そろそろ準備するか」 俺はナーブギアを被り、時間が来るのを待った 八幡「リンクスタート」 その瞬間周りが暗くなり続けて電子回路が沸いた 気がついた時には、広い空間にいた。 その後、説明を受け容姿と名前を決めた 名前はハチマンにした。 なぜかって?だってエイトやハチは他の人が使っているんだもん …さすがに俺のぶりっ子は無いな 俺は目を開いた、そこにあったのはとても綺麗で美しい場所だった。 俺はその光景に見入っていた、 これならコアなゲーマーがはまるのも分かる。 少し景色を楽しんだ後、俺は武器を買いモンスター狩った 俺は楽しんでいた…そうあの時間になるまで 時刻は3時30分 俺は2人のプレイヤーと一緒にいた クライン「よっしゃー倒したぜ!!」 男が叫んでいる 男の名前はクライン、赤みがかった髪をバンダナで逆立てている キリト「そいつは相当弱いけどな」 もう1人の男が冷静に話していた こっちの男の名前はキリト、黒髪が少し長い クライン「なんだと!てっきり中ボスくらいかと」 ハチマン「なわけあるか、道中に中ボスがいるなんてどんなクソゲーだよ」 キリト「確かに」 クライン「くっそー」 俺はこの2人と狩りをしていた 4時50分 クライン「そろそろ上がらせて貰うわ」 キリト「ハチマンはどうする?」 ハチマン「俺もそろそろ終わろうとしていた頃だ」 キリト「そうか、なら今日はこの辺で終わりにしようか」 クライン「わかった、2人ともありがとうよ」 ハチマン「俺は何もしてない、礼ならキリトに言ってくれ」 キリト「俺も楽しかったから、きにしてないよ」 クライン「そうか、でも感謝はしているからな」 クラインはそういってから一歩下がり、システムウィンドウをだした クライン「………ん?」 何か異変が合ったようだ。 キリト「どうかしたのか?」 クライン「…ログアウトボタンが無い」 ハチマン「なに言ってんだよ」 クライン「お前らも探してみろよ」 クラインに言われた通り俺たちも探した ハチマン「確かにないな」 クライン「何かのバグか?」 キリト「いや、それならなにかしらの放送があるはずだ」 クライン「じゃあ…なんで?」 俺たちが途方にくれていると カーンカーン 遠くから鐘の音が聞こえた その瞬間俺たちの体が光った キリト「なんだ?」 クライン「どうなるんだ?」 2人が何か言っている間に俺たちは光に包まれた [newpage] 俺たちはどうやら始まりの町に強制テレポートされたようだ ハチマン「なんだよ…これ?」 始まりの町にはSAOプレイヤーのほぼ全員がいた なんだあれ!! 男が空に向かって叫んだ 俺らもその方向を見た、そこにいたのは巨大な人らしきものだ身長20m、足が見えず巨大なローブを着ていて手には手袋、顔は見えないというより無い ???「私の名前は茅場 晶彦」 茅場「プレイヤー諸君は、すでにメインメニューからログアウトボタンが消滅しているのに気づいていると思う。 しかしゲームの不具合では無い。 繰り返す。 これは不具合ではなく(ソードアート・オンライン)本来の仕様である」 茅場「諸君はこの後アインクラッドをクリアしてもらうために勤しんでもらいたい」 茅場「また外部からナーブギア停止を試みた場合…ナーブギアが諸君らの脳を破壊する、またHPが0になった場合も脳を破壊する。 回復手段は無い。 」 ふざけるな、ここから出せ色々な文句を言っていた、茅場は気にせず 茅場「私からプレゼントを用意した、アイテムストレージにあるはずだ。 確認してくれ給え」 俺はアイテムストレージを確認した そこには、(手鏡)というアイテムがあった 手鏡を出すと、また光に包まれた ハチマン(またかよっ!) 目を開けると知らない2人が立っていた ハチマン「誰だ?、お前ら?」 クライン「お前こそ誰だ?」 キリト「その目、ハチマンか?」 ハチマン「キリトか?」 キリト「それじゃあお前はクラインか」 クライン「そうだ…てかハチマンの目はリアルでも濁っているんだな。 」 ハチマン「いいだろ、別に」 そんな話しをしていると 茅場「それではソードアート・オンラインの公式チュートリアルを終了する。 」 茅場は消えた 俺はこれからのことを考えた ハチマン(茅場の言葉を全て信じるなら、外部の助けは期待しない方がいいだろう なら、ここは次の町に行き情報と資源ソリースを人より多く集めるほうがいい) 俺は2人を見た 俺の後にキリトも顔をあげた、俺たちはお互いに頷きあった 路地裏 キリト「俺は今から次の町に行こうと思う」 ハチマン「俺は賛成だ」 クライン「ちょ、ちょっと待ってくれ、俺はここにダチと一緒に来ている。 そいつらを見捨てられない」 キリトが渋い顔をした そりゃそうだ、ここで他人と関わっている場合じゃない ハチマン「クラインわ「これは俺の問題だ、2人は先に行ってくれ」…すまない」 キリト「俺たちは先に行く、後から必ず追いついてくれ] クライン「当たり前だ」 俺たちはそうして別れた 俺とキリトは最初は一緒に行動していたが 結局、お互いソロで行動することになった [newpage] ハチマン「もう2ヶ月経ったしそろそろボス部屋が発見されるだろう」 俺は1人でつぶやきながら帰った 「ヨッ、ハッチ」 アルゴが無断侵入していた…無断侵入をしていた、大事だから2度言った、決して俺が連れ込んだんじゃない ハチマン「なに、勝手に上がってんだよ」 アルゴ「いいじゃないカ、オイラとハッチの仲じゃないカ」 ハチマン「どんな仲だよ、ささっと用件を言え」 アルゴ「せっかちだナ~、それで用件って言うのがボスの部屋が発見されたんだヨ」 ハチマン「あっそ、で会議の場所と時間は?」 アルゴ「驚かないのカ?」 ハチマン「そろそろ見つかるとおもっていたからな」 アルゴ「なるほどナ、場所はアルバーナで時間は3時ダ」 ハチマン「そうか、サンキューな」 アルゴ「気にするな」 俺は1人寝る前に考えた ハチマン(明日から本格的に攻略か、今回の討伐でこれからのモチベーションが変わる 勝てば、クリア出来ると他のプレイヤーもわかり攻略する人数が増えるだろう 逆に1人でも死ねば全員が恐怖するかもしれない、そうすれば確実に攻略は遅れる) 俺は1度考えを止め寝ることにした [newpage] ハチマン「そろそろ時間か」 俺は会議場所に向かった キリト「久しぶりだな、ハチマン」 ハチマン「ひゃ……キリトか」 思いっきりキョドってしまった キリト「そんなに驚くなよ」 ハチマン「仕方ないだろ、普段誰にも話かけられないんだから」 キリト「そうか……」 えっ?俺が悪いの? ハチマン「そ、そんなことより速く座ろうぜ」 キリト「あ、あぁ」 会議が始まりディアベルという男が自己紹介してナイトが どうの、攻略がどうのって喋っていた 適当だって?これは違う。 あいつがカッコいいとか初対面の人すら まとめるているか羨ましいとか 筆者が8割書き終わっていたこれを間違って消して やる気をなくしたわけでは無い ディアベル「最後にパーティを組んでくれ」 「ちょっと待ってくれや」 モヤットボ-ル頭が発言してきた ディアベル「どうしたんだ?」 「ワイはキバオウちゅうもんや」 キバオウ「パーティ組む前に詫びなきゃいけないやつがおる そいつらはベータテスター共やベータテスター共のせいで何人 死んだとおもうとるんやここにいるベータテスター共は身ぐるみ全部剥ぎ取って 謝罪せい」 ハチマン(はい、出た~自分のせいを他人のせいにするやつ) ハチマン「おい、お前」 キバオウ「なんや?」 ハチマン「お前は馬鹿なのか?」 キバオウ「なんやと?」 ハチマン「ベータテスターは主力だ。 もしベータテスターから身ぐるみ剥ぎ取って誰か死んだらお前は責任をとれるのか?」 キバオウ「……」 ハチマン「とれないだろ。 だったら軽はずみな感情でものを言うな」 なるべく強く言い切ってやった キバオウは渋々座った。 「俺はエギルって言うもんだが、ベータテスターは俺たちに情報をくれている、それも忘れないでほしい」 黒人で巨躯の人が喋ってくれた ディアベル「とりあえず話し合いは終わりだ。 みんなパーティを組んでくれ」 キリト「ハチマン組もうぜ」 ハチマン「お、おう」 こいつフレンドリーだな、友達かと思ったじゃないか キリト「それと、さっきはありがとうな…実は俺もベータテスターなんだ」 ハチマン「俺は思ったことをいったまでだ」 キリト「捻くれてるな」 ハチマン「ふんっ」 キリト「他にはいないか?」 ハチマン「あいつは?」 俺は1人ローブを着て座っているやつを指した 俺たちは…いやキリトが誘った キリト「一緒にパーティ組まないか?」 ???「別にいいけど」 キリト「それじゃあよろしく。 俺はキリト、こっちはハチマン」 ハチマン「…うっす」 ???「…よろしく」 キリト「ハチマンどうする?俺はスイッチや連帯をやりたいんだが」 ハチマン「スイッチ?」 どうやらアスナも同じ意見だったらしい [newpage] ハチマン「こうして俺たちはキリトにスイッチを教えてもらうことになった。 」 キリト「誰に言ってんだ?」 ハチマン「誰だろうな?」 キリト「いいからやるぞ」 ???「その前にあなたたちの実力見せてよ」 キリト「だってさ」 ハチマン「頑張れキリト」ポンッ キリト「おまえもやるからな」 ハチマン「はいはい」 キリトは背中からアニールブレードを抜き出した ハチマン(あいつ相当、筋力に振ってるな…俺も敏捷極振りだから何もいえないけど) キリトは沸いたモンスターに向かって走り、一刀両断した キリト「次はハチマンだ」 ハチマン「はいはい」 俺も腰から武器を抜き出した 俺はキリトよりも速く敵に向かい、めったぎりにした ハチマン「はい、おしまい」 ???「あなたたち強いわね」 ハチマン「次はアスナの力を見せてくれ」 アスナ「何で私の名前を知ってるの?」 ハチマン「左上を見てみろよ。 」 アスナは首ごと動かしていた。 ハチマン「はぁ、ちげーよ。 視線だけ動かすんだ。 」 俺はアスナの首(ローブの上から)触った アスナ「これね」 アスナは何か気づいたらしく アスナ「あ、あの…そろそろ、…手、いいかしら?」 ハチマン「ご、ごめん。 いやだったら弁償するから。 」 アスナ「別にいいわ」 アスナ「私の力がみたいのよね?」 キリト「あぁ」 アスナ「わかったわ」 ローブ女は腰からレイピアを抜き ハチマン・キリト「!!」 流星の如く速さでモンスターを貫いた アスナ「どお?」 キリト「文句なし、ハチマンは?」 ハチマン「同じく」 アスナ「そう」 ハチマン「そろそろ帰ろうぜ」 キリト「まだスイッチの練習してないぞ」 その後みっちり3時間しごかれました。 [newpage] キリト「どうしてこうなった」 ハチマン「俺のせりふだ」 今、俺はキリトの宿にいる。 風呂場にはアスナがいる。 ハチマン「こっちの身にもなってみろ」 実は スイッチの練習後 キリト「ハチマン、いまから俺の宿に来ないか?」 ハチマン「何でだ?」 キリト「明日のこととか話しておきたい」 ハチマン「んっ~」 キリト「牛乳に風呂もあるぞ」 風呂に食いついたのはアスナだった アスナ「お風呂があるの?」 キリト「あっ、ある」 アスナは少し悩み アスナ「私に貸してくれるかしら?」 キリト「別にいいけど…」 ハチマン「じゃあ俺行かなくていいな」 キリト「待ってくれハチマン、頼むから来てくれ」 結局連れてこられた ハチマン「自業自得だ」 キリト「うっう~」 そんな話しをしていると コンコン ハチマン「誰だ?」 キリト「さぁ?、どうぞ」 アルゴ「ヨッ、キー坊…ハッチもいたのか」 ハチマン「アルゴか」 アルゴ「そんな嫌な顔するなヨ、お姉さん傷ついたゾ」 ハチマン「何のようだ?」 アルゴ「風呂に誰かいるのカ?」 ハチマン(俺の質問は無視ですか、そうですよね) ハチマン「あぁアスナが入っているんだ」 アルゴ「ハッチが女の子を連れ込むなんてやるナ~」 ハチマン「俺じゃない、キリトの馬鹿だ」 キリト「連れ込んだんじゃないついてきたんだ」 アルゴ「へぇ~どんなやつか気になるな」ダッシュ キリト「おい、待て」 その後は、キリトがアスナの風呂場に突入し、大説教を受けた。 その時のキリトはあはれなり(かわいそう。 気の毒。 ) 張本人のアルゴは大爆笑していた。 帰りに アルゴ「死ぬなよ」 といつものふざけた感じが無く、真面目だったので ハチマン「死なねぇよ」 と何の根拠も無かったが自信満々に言ってやった アルゴは俺の言葉で満足したのか帰っていった [newpage] キリト「2人はどこで寝る?」 ハチマン「この宿、何部屋あるんだ?」 キリト「2部屋だ」 ハチマン「なら、キリトは自分の部屋。 アスナはもう一つの部屋でいいだろ」 アスナ「あなたは、どうするの?」 ハチマン「俺は、ここで寝るよ。 目、瞑ってりゃかってに寝落ちするだろ」 キリトは何か言いたそうだっだが、飲み込んで「じゃあな」と アスナは寂しそうな顔をして、「おやすみなさい」と 言って2人は出て行った 2時 結局俺は眠れず外に出た。 ハチマン「やっぱりここは落ち着くな」 俺は前見つけた、ベストプレイスに来ていた ハチマン「クッソ」 手が体が震える。 明日ミスをしたら死ぬんだ、今までの敵とはわけが違う。 それが現実に襲ってくる ハチマン「死なない、死なない…」 ハチマン「帰る、絶対に帰る…」 俺は自分に言いかせるように言った 気がついたら涙も流していた どれくらい居たのかわからないけど、かなりの時間居た ガサ ハチマン「誰だ!」 俺は後ろを振り向き、索敵スキルを発動した。 「!!」 そこに居た、人影はものすごい速さで消えていった 追いかければ、追いつくが俺を見て去るなら追いかけなくていいだろう。 なぜか人影がいた場所は酷く荒らされていた、かなり前からいたんだろう ハチマン「はぁ~」 俺はため息をついてから、キリトたちがいる宿に向かった [newpage] 結局一睡も出来ずにボス戦に向かった ディアベル「俺が言いたいことはただ一つ…勝とうぜ」 オォォー ボスの扉が開かれた 第一層のボス 【インファング・ザ・コボルトロード】 その取り巻き 【ルイン・センチネルコボルトロード】 ボスの武器はアルゴの本通り アックスとバックラー、腰には曲刀があった 一つの影が取り巻きを1匹倒した…こうして第一層のボス戦の幕が斬って落とされた キリトside ボス戦が始まった瞬間一つの影が取り巻きの1匹を倒した。 俺はその姿をほとんど見ることが出来ないまま見ていた…いや見ることしか 出来なかった、倒したのはハチマンだった。 ハチマンはテスターですらないし、命懸けのボスの戦いはこれがはじめてなのに 恐れることなく取り巻きに向かったのだ。 俺はこの瞬間恐れが消えた、俺にとって最初の友達で最強のライバルに 出会った、瞬間だったからだと思う。 アスナside ギリギリ見える速さだった。 私も敏捷に振っているけど、あの人ほどではない。 彼は恐れてないのだろうか?…いいや恐れているはずだ。 私は昨日寝つけず、彼が外に出た後を追った。 彼は1人で泣きながら死なないといっていた、やっぱり死ぬのは誰だって怖い 今日私は彼の方をちょくちょく見ていたが、昨日泣いていた素振りは無く 濁っている目(彼が言うには)でボス部屋を見ていた ボスとの戦いが始まった瞬間、彼は動き取り巻きを倒した 私はその時に直感した、彼は本当の強さを知っている。 私は彼の後を追いかけた。 彼の傍に居れば強くなれるとおもったから [newpage] ボス戦は終盤戦に差し掛かった ボスの体力ゲージが1になり曲刀を取り出していた ディアベル「みんな下がれ」 何でだ?ボスの様子を見るのか?と思ったが ディアベル「俺がいく」 と言い、敵に突っ込んだ ハチマン(なんで1人で行く必要がある、セオリーなら全員で行くべきだろ) キリトも同じことを考えたのかボスに向かった。 しかし間に合わず、ボスの攻撃がディアベルを真っ二つにした ディアベルはキリトの方に飛んでいき、何か話したあとポリゴンのかけらとなった 周りのやつらはディアベルが死んだことに呆気にとられていてた 俺は単独でボスに向かったが決定打にはならず距離をとった キリト「先に行くな」 ハチマン「来るのか?」 俺の質問に答えたのは、アスナだった アスナ「もちろん」 ハチマン「逃げてもいいんだぜ」 アスナ「私もこの世界に負けたくないから」 ハチマン「わかった…死ぬなよ」ボソッ 最後は聞こえるかどうかわからない程度に言ったはずだが アスナ「あなたこそ」キリト「ハチマンもな」 ばっちり聞かれました ハチマン「俺の攻撃でヘイトを稼ぐから二人が決めてくれ」 キリト・アスナ「わかった」 俺たち3人は単独でボスに挑んだ ボスの攻撃がアスナを吹き飛ばした アスナ「きゃ!」 ボスがアスナにとどめを刺そうとした キリト「アスナ!」 ハチマン「キリト、俺が行く」 ハチマン「アスナッ」ドンッ アスナを突き飛ばした ハチマン(死ぬ) 俺は死を悟った ガキン エギル「俺が耐えるから今のうちに回復しろ」 ゴクゴク ハチマン(死ぬかと思った) アスナ「ハチマン君大丈夫?」 ハチマン「あぁ」 ハチマン「キリト、俺がもう一度へイトを稼ぐ、お前が決めろ」 キリト「わかった」 キリト「バーチカル・アーク」 キリトの2連撃がボスを真っ二つにした ハチマン「終わった」 みんな勝利の余韻に浸っている、その中で浮かない顔を しているキリトがいる ハチマン「気にするなキリト、単独でいったディアベルが悪い」 キリト「悪いなハチマン」 ハチマン「そんなことより、おめでとうキリト」 キリト「お前らしくないけど、ありがとうハチマン」 ハチマン「うっせなー」 俺たちが勝利の余韻に浸っていると キバオウ「何でディアベルはんを見殺しにしたんや」 その発言はキリトに向けて言われていた キリト「見殺しにした、だと?」 キバオウ「そうや、お前はんベータテスターだな。 だからボスのソードスキルをの発動をわかっていたんやな、なんでそれを ディアベルはんに教えへんかったんや」 「そうだそうだ」「人殺し」「ディアベルさんに謝れ」 と様々な罵倒が飛んでいた [newpage] キリトside なんで、なんでこんな目に合わないといけないんだよ 今まで隠してきたのに、こんな所でばれるなんて けど、他のテスター達までに迷惑をかける訳には いかない。 ここは俺が全て泥を被ろう キリト「「クックッ」?」 俺が発言しようとしたら先に発言された キリト「ハチマン?…」 俺は声のするほうを見た アスナside 何で?確かにディアベルさんは死んでしまったけど、 それはディアベルさんが1人で突っ込んだのがいけないはずよ それにキリト君やハチマン君がいたからボスは倒れたのよ 「クックッ」 ハチマン君が冷たい声を出した キリト「ハチマン?…」 キリト君も驚いていた 私も後ろを振り返った ハチマンside なんだろうな、この状況は?ディアベルが死んだ。 そしてその代わりにキリトが倒した。 本当はそれで終わりだ。 あるとすればなんでディアベルが1人で突っ込んだのか?その疑問が出るはずだ。 (はぁ、茶番だな茶番) これから俺は確実にやってはいけないことをやると思う。 1人になることだ。 この世界で1人でいてもし何かあったら 死ぬ。 けどこんな所でキリトに1人、責任を負わせるはしない。 ハチマン「クックッ」 なら俺がやってやる。 キバオウ「なんや、ワレ」 ハチマン「いや、あまりにも馬鹿らしくて笑っちまった」 キバオウ「ディアベルはんが死んだのが馬鹿らしいっていうてるのか?」 ハチマン「違う、お前らの馬鹿らしい行動に笑っているんだ」 周りのやつらが俺に目を向けた ハチマン(俺の事を嫌悪し始めたか。 ) ハチマン「だってそうだろ、お前たちはディアベルの指示に従って下がった。 そしてディアベルは死んだ。 それをこいつのせいにしているんだ、これは傑作だろ」 キバオウ「なんやと!」 ハチマン「いや~、これは笑える。 お前らの馬鹿さ加減には呆れてものも言えないな俺は第2層に行く。 じゃあなディアベルの傀儡、今度からは俺が利用してやるよ。 」 [newpage] ハチマン「ふっ~」 俺は息を吹いた、これでキリトは批難されないだろう。 間違っている。 これは最低の方法だ。 けど、今の俺には これしか出来ない。 タッタッ 階段を登ってくる音がする 俺は後ろを振り向いた、ローブを被っているやつが来た…アスナだ ハチマン「何だ?」 俺はなるべく冷たい声で言った アスナ「言いたい事があって」 ハチマン「どうした?…」 ハチマン(やっべぇ、素で訊いちまった) アスナのほうを見ると笑っていた アスナ「やっぱり、さっきのは演技だったのね」 ハチマン「早く用件を言え」 アスナ「そうそう」 アスナはローブを取り アスナ「さっきは助けてくれてありがとう」 ハチマン「…お、おう」 少し間が空いた、仕方ないだろローブを取った姿が雪ノ下や由比ヶ浜レベルの容姿なんだよ アスナ「それだけ」 ハチマン「そうか、じゃあ俺も1つ言わせて貰う」 アスナ「何?」 ハチマン「お前や、キリトは信頼出来る人にギルドに誘われたら、入れ。 俺はあんなことしか出来ないけど、お前たちならいい方向に引っ張れる…けど焦るな、焦ったら必ず破綻する。 後ろを見ろとは言わない、けどお前の横にいるやつぐらいには頼れ。 …それだけだ。 」 ハチマン「じゃあな」 彼はそういって上に上がった アスナ(彼は私よりも強くて速い。 ) 私はボス戦でそう感じた 今はこんなことも思っている アスナ(今の私じゃあ彼を追いかけてはいけない。 それでもいずれかは追いつく、追いついてみせる。 彼の後に続くのは私になりたいから。 ) 私は1人彼が居た場所をずっと見ていた 《完》 この後は自分の雑談とアンケート、ネタバレがあります [newpage] はじめましてクレフです。 まず、見てくれた人に感謝です 初めてなので、見にくい等の不満があると思いますが最後までよんでくれてありがとうございます。 本当は昨日だそうとしたんですが、アクシデントが起こり今日になりました 次回も読んでくれたら嬉しいです。 ネタバレ 俺ガイルメンバーはSAOには出しません 八幡とSAOメンバーだけの物語です 八幡のヒロインにはアスナさんにしようと思っています。 批判する人もいると思いますが、これは変えないつもりです。 それでは次回また読んでくれることを想い、書きたいと思います.

次の