空 と 君 と の あいだ に は 歌詞。 中島みゆきの「空と君とのあいだに」の歌詞のポプラの枝は何を表しているので...

空と君のあいだに 絢香 歌詞情報

空 と 君 と の あいだ に は 歌詞

「空と君のあいだに」は犬目線で書かれた曲 Wikiには以下のように書かれています。 歌詞は同ドラマの主人公すずの愛犬リュウの目線から歌ったもの。 そのためミュージック・ビデオにも多数の犬が登場する。 また、中島が主題歌を依頼された時点で設定が「犬を連れた家のない少女が主人公」しか決まっておらず、唯一の手掛かりである犬の写真だけでイメージを膨らませて曲を書いた。 中島曰く「犬の気持ちで見れば、犬が見えているのは『空』と『君』しかないんです」 引用元: 歌詞の内容があまりにもドラマにピッタリだったので、てっきり台本を最初から最後まで読み込んで作った曲かと思ってましたが、まさか 「犬を連れた家のない少女が主人公」という設定と 「犬の写真」だけを手がかりに作っていたとは驚きでした。 みゆきさんならどんなテーマでお願いしても名曲に仕上げてくれそうですね。 いずれにしてもみゆきさんのコメントから察するに「空と君のあいだに」は犬目線で書かれた曲であることが濃厚です。 今回はそのことを前提に歌詞の解釈をしていきたいと思います。 スポンサーリンク 君が涙のときには僕はポプラの枝になる 個人的な意見ですが、みゆきさんは「歌い出し」のワンフレーズに命をかけてるんじゃないかと思うような曲が沢山あります。 そしてそんな曲は例外なく超がつく名曲です。 「空と君のあいだに」もそんな超名曲のひとつ。 実はこの曲の中で一番好きな部分が歌い出しのワンフレーズだったりします。 君が涙のときには僕はポプラの枝になる 孤独な人につけこむようなことは言えなくて 「ポプラの枝になる」という表現が非常にみゆきさんっぽくていいですよね。 解釈には色々とあるようですが、個人的には 「防風林としてのポプラ」という解釈が好きです。 防風林とは家屋を強い風からの守る木々のことを指します。 そう解釈すると「君が悲しいときは僕がそばにいて君を守るよ」と読み取ることができます。 これだけでも十分ロマンチックなのですが、続く 「孤独な人につけこむようなことは言えなくて」というフレーズがあるからこそ冒頭の歌詞がみゆきさんらしいなと感じられます。 「孤独な人につけこむようなことは言えなくて」とはつまり、悲しんでる君に安易に優しい言葉をかけたくないという心情が感じ取れます。 例えば、落ち込んでる人にやさしい言葉をかければ簡単に取り入ることができます。 本当は相手を思いやる気持ちが全くなかったとしても。 だから僕はただ黙ってそばにいることを選んだのだと私は解釈しています。 なぜなら僕の目的は君に気に入られることじゃなく君を守ることなのだから。 みゆきさんの歌は 「人知れず誰かを支えている誰か」にスポットを当てることが多いように感じます。 例えば「タクシードライバー」という曲では、顔を泣きはらして乗車してきた女性に対して、何があったのか聞くわけでもなく、天気予報が外れた話と野球の話を何度も繰り返すという歌詞がありますし、「蕎麦屋」という曲では、友達との他愛もない会話の中の一言に救われたりする場面が描かれています。 直接的ではなくとも、人知れず自分を支えている誰かがいることをみゆきさんの歌は気づかせてくれます。 歌い出しだけで随分と長い考察になりましたが、それだけ重要なフレーズだと個人的には感じています。 スポンサーリンク 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる そしてもうひとつハッとさせられるのがサビの最後。 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる この歌詞本当に台本見ないで書いたんですか?笑 と言いたくなるくらいドラマにドンピシャな歌詞です。 「家なき子」の中で主人公のすずはお母さんの治療費を稼ぐために沢山の悪いことをします。 ときには盗みを働いたことも。 でも全ては誰かを守るためなんです。 誰かを守るために悪いことをするのは果たして本当に悪なのか? そんな問いかけをされているようにも感じます。 自分のための悪行は悪。 誰かのための悪行は愛。 正しいかどうかは別として、そんなふうに考えることも出来るかもしれませんね。 少なくとも物語の中で愛されるヒール役はほとんど後者のように思います。

次の

【音楽】”空と君のあいだに / 中島みゆき”の歌詞がやっぱり深い

空 と 君 と の あいだ に は 歌詞

「空と君のあいだに」は犬目線で書かれた曲 Wikiには以下のように書かれています。 歌詞は同ドラマの主人公すずの愛犬リュウの目線から歌ったもの。 そのためミュージック・ビデオにも多数の犬が登場する。 また、中島が主題歌を依頼された時点で設定が「犬を連れた家のない少女が主人公」しか決まっておらず、唯一の手掛かりである犬の写真だけでイメージを膨らませて曲を書いた。 中島曰く「犬の気持ちで見れば、犬が見えているのは『空』と『君』しかないんです」 引用元: 歌詞の内容があまりにもドラマにピッタリだったので、てっきり台本を最初から最後まで読み込んで作った曲かと思ってましたが、まさか 「犬を連れた家のない少女が主人公」という設定と 「犬の写真」だけを手がかりに作っていたとは驚きでした。 みゆきさんならどんなテーマでお願いしても名曲に仕上げてくれそうですね。 いずれにしてもみゆきさんのコメントから察するに「空と君のあいだに」は犬目線で書かれた曲であることが濃厚です。 今回はそのことを前提に歌詞の解釈をしていきたいと思います。 スポンサーリンク 君が涙のときには僕はポプラの枝になる 個人的な意見ですが、みゆきさんは「歌い出し」のワンフレーズに命をかけてるんじゃないかと思うような曲が沢山あります。 そしてそんな曲は例外なく超がつく名曲です。 「空と君のあいだに」もそんな超名曲のひとつ。 実はこの曲の中で一番好きな部分が歌い出しのワンフレーズだったりします。 君が涙のときには僕はポプラの枝になる 孤独な人につけこむようなことは言えなくて 「ポプラの枝になる」という表現が非常にみゆきさんっぽくていいですよね。 解釈には色々とあるようですが、個人的には 「防風林としてのポプラ」という解釈が好きです。 防風林とは家屋を強い風からの守る木々のことを指します。 そう解釈すると「君が悲しいときは僕がそばにいて君を守るよ」と読み取ることができます。 これだけでも十分ロマンチックなのですが、続く 「孤独な人につけこむようなことは言えなくて」というフレーズがあるからこそ冒頭の歌詞がみゆきさんらしいなと感じられます。 「孤独な人につけこむようなことは言えなくて」とはつまり、悲しんでる君に安易に優しい言葉をかけたくないという心情が感じ取れます。 例えば、落ち込んでる人にやさしい言葉をかければ簡単に取り入ることができます。 本当は相手を思いやる気持ちが全くなかったとしても。 だから僕はただ黙ってそばにいることを選んだのだと私は解釈しています。 なぜなら僕の目的は君に気に入られることじゃなく君を守ることなのだから。 みゆきさんの歌は 「人知れず誰かを支えている誰か」にスポットを当てることが多いように感じます。 例えば「タクシードライバー」という曲では、顔を泣きはらして乗車してきた女性に対して、何があったのか聞くわけでもなく、天気予報が外れた話と野球の話を何度も繰り返すという歌詞がありますし、「蕎麦屋」という曲では、友達との他愛もない会話の中の一言に救われたりする場面が描かれています。 直接的ではなくとも、人知れず自分を支えている誰かがいることをみゆきさんの歌は気づかせてくれます。 歌い出しだけで随分と長い考察になりましたが、それだけ重要なフレーズだと個人的には感じています。 スポンサーリンク 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる そしてもうひとつハッとさせられるのがサビの最後。 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる この歌詞本当に台本見ないで書いたんですか?笑 と言いたくなるくらいドラマにドンピシャな歌詞です。 「家なき子」の中で主人公のすずはお母さんの治療費を稼ぐために沢山の悪いことをします。 ときには盗みを働いたことも。 でも全ては誰かを守るためなんです。 誰かを守るために悪いことをするのは果たして本当に悪なのか? そんな問いかけをされているようにも感じます。 自分のための悪行は悪。 誰かのための悪行は愛。 正しいかどうかは別として、そんなふうに考えることも出来るかもしれませんね。 少なくとも物語の中で愛されるヒール役はほとんど後者のように思います。

次の

空と君のあいだに / 中島みゆき の歌詞|≪音楽ダウンロードならblog.datarank.com≫最新の音楽配信中!

空 と 君 と の あいだ に は 歌詞

中島みゆきさんの曲 僕は中島みゆきさんが好きです。 以前こんな記事を書いたのですが今日も中島みゆきさんの曲の歌詞の魅力を少し書いてみたいと思います。 参考: ことの発端はテレビでやっていた歌手のオーディション番組。 」って言っていたのです。 「これは違う!」と思ったので僕なりに歌詞を解釈して記事を書きたいと思います。 ちなみにこの曲は 「悲しさ」でも 「悲壮感」でもなく 「愛」を歌った曲です。 歌詞解釈は作詞作曲の背景から! 歌詞は同ドラマの主人公すずの愛犬リュウの目線から歌ったもの。 そのためミュージック・ビデオにも多数の犬が登場する。 また、中島が主題歌を依頼された時点で設定が「犬を連れた家のない少女が主人公」しか決まっておらず、唯一の手掛かりである犬の写真だけでイメージを膨らませて曲を書いた。 中島曰く「犬の気持ちで見れば、犬が見えているのは『空』と『君』しかないんです」。 出典: もうこれだけ分かれば充分です。 「犬」のつもりになって歌詞を読み解けば良いのです。 ちなみにドラマについて調べてみたのですが、それを最初に書いてしまうとドラマの内容を知らずに中島みゆきさんが書いた歌詞と世界感が離れてしまうリスクが高くなるのでやめておきます。 冒頭からせめてくる!最初の1文! 「君が涙のときには 僕はポプラの枝になる」 さあ!この最初の1文! 実は深い意味が込められているのです。 犬の気持ちになりましょう。 なので文章前半は 「少女が泣いている時には」と解釈することができます。 次に 「僕はポプラの枝になる」を歌詞解釈しましょう。 ポプラってなんでしょう?ここで中島みゆきさんについて調べてみましょう。 中島みゆきさんは北海道札幌市出身です。 つまり 「君が悲しんでいるときは僕が側にいる」と言う歌詞の解釈ができるわけです。 中島みゆきさんの作る曲は非常に比喩が多いです。 しかしどれも素直な比喩です。 なのでしっかりとその作曲背景を調べるとすっと入ってくるんですよ。 美しい歌詞だと思います。 僕は犬!犬の気持ちになってサビを読む! 「空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる」 さて。 僕は犬なんです。 じゃあ犬ってどんな気持ちでこれを言っていると思いますか? ここでサビ以外の箇所の歌詞も見てみましょう。 「ひきとめた僕を君は振り払った遠い夜」 「君がすさんだ瞳で強がるのがとても痛い」 ざっと抜粋するとこの2つがわかりやすいのでは無いかと思います。 そうなんです。 吠えて引き止めたところで振り払われてしまう。 だから君に笑ってもらうためには手段を選べないんです。 犬だから。 それでも君に笑ってほしいと言う 犬から人への愛を歌った曲なのです。 まとめ この曲が主題歌として使われた 「家なき子」と言うドラマは 家庭内暴力を受けている小学生の少女が、理不尽な環境の中でも困難に負けずに生きていく様を描いた物語で、最終的には主人公の少女は母も父も、信頼していた人間も喪うが、のら犬と共に強く生きていく決意をする ドラマです。 そんな波瀾に満ちた人生を歩みながらも不遇な現実に立ち向かっていく少女を隣で見守る犬の気持ちを歌ったのがこの曲なのです。 この曲は犬が少女への愛を歌った曲と解釈できるのではないでしょうか? 関連記事.

次の