国内証券会社 mt4。 MT4対応の国内おすすめFX会社6社を徹底比較

MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2020年版】

国内証券会社 mt4

投資判断に欠かせない手法の一つに テクニカル分析があります。 しかし[プラットフォーム]によっては使用できる[インジケーター]に差があります。 [関連記事] [st-kaiwa3]プラットフォーム=売買ルールを決めた通りに動作させる取引システム、 インジケーター=MACD・RSI・一目均衡表といったテクニカル指標のことです。 海外FXでの利用が主流になっているMT4ですが、ここでは 国内FXで使用するメリットについて解説します。 そして最後には、おすすめの優良FX会社として [楽天MT4]を紹介します。 MT4 のメリット まずMT4そのもののメリットに、 自動売買 を搭載できることがあります。 具体的には、組み合わせたインジケーターで売買シグナルが発生すると自動的に執行・約定をします。 またインジケーターは独学だけなく、 開発者や他のユーザーが公開している 自動売買ソフト EA も用意してあります。 しかもこのような 高度な分析機能・売買機能は無料 ですので、積極的に利用していきましょう。 国内でMT4をする メリット そして実際にMT4で売買するさいは、 国内FX・海外FXのどちらで行なうかを選択しなければなりません。 比較する項目には、• スプレッド• 信託保全• 出金 などがありますが、人によって優劣が異なるため最終的にはあなた自身で答えを出さなければなりません。 ただここでは国内FXでMT4を利用することを前提にしています。 ですので、上記4つの比較点が 海外FXよりも優れていると仮定して話を進めます。 [関連記事]• (国内FXの信託保全について)• (海外FXの出金について) MT4の口座を選ぶときのポイント そして国内FXでMT4を検討するさいは、先ほど触れた 自動売買ができるかに注目しましょう。 なぜ自動売買なのかというと、仮に 通常売買しかできない場合、• MT4のソフトのみをダウンロードして、売買は別のプラットフォームでおこなう• 国内FXがあらかじめ用意しているプラットフォームで、分析・売買を完結する のいずれかで対応できるからです。 [st-kaiwa3]1. は以下のアプリを取得して国内FXでする場合、2. は通常の国内FXでの取引のことです。 また国内FXが独自開発したプラットフォームよりも、 MT4が優れていると考えていることが前提となっています。 それではいよいよ、MT4で自動売買ができる国内FXを紹介していきます。 自動売買ができる[楽天MT4] あらかじめ断っておきますが、国内では独自開発のプラットフォームが充実しています。 ですので、MT4を提供する会社は限られています。 そのような中、楽天証券が提供する [楽天MT4]で自動売買をすることができます。 先ほど述べた 4つの比較点も、通常の国内FXと同じ水準です。 [楽天MT4]を利用するには、まず 楽天総合口座と楽天FX口座を同時開設する必要があります。 その後、楽天FX口座でMT4口座を申し込んでいきましょう。 引用 : また楽天株式会社は金融商品だけでなく、インターネットショッピングや携帯電話にも参入している会社です。 私もよく利用していて2018年9月現在、ゴールド会員になっています。 : Check! いろいろ楽天グループでまとめると、特典を受けやすくなりますのでぜひ[MT4も楽天]ではおこないましょう!• Check! 国内でMT4 が普及しない理由 ここまで何回か触れてきましたが、国内FXは各会社が独自に開発したプラットフォームが充実しています。 そのため、MT4が普及していないのが現状です。 というのも国内FXでは、 独自のプラットフォームに開発費の多くを投じています。 これは、世界的にも珍しいことです。 なぜこのような状況になっているのかと言うと、サービス提供をする 顧客の大半が個人投資家だからです。 一般に個人投資家は投資経験が少ないので、いきなり自由度の高いMT4を使いこなすには難易度が高すぎます。 そのため、あらかじめ主要なインジケーターを搭載した独自のサービスをおこなっているのです。 一方で米国やヨーロッパ諸国では個人投資家のFX利用率が低いため、プラットフォームの開発には力を入れていません。 でえすので、MT4が主流となっています。 対象とする 顧客の投資経験が、MT4の普及にも違いを生んでいるのです。 [関連記事]• [楽天MT4]のまとめ ココではFX経験者が一度は興味を持つ、 MT4の自動売買について解説しました。 海外での利用が主流になっていますが、国内でも [楽天証券]が提供しています。 メリットとしては スプレッドが狭く、お金の入出金がしやすいことです。 インジケーターは海外・国内問わず同じものを使用できます。 ですので、「 費用をできるだけ抑えたい」「海外に資金を預けるのは不安」という時には 国内FXが優れているのです。 タグ :.

次の

楽天証券でMT4。自動売買は海外が有利だと思っていませんか? : ナオミFX

国内証券会社 mt4

FX自動売買EAを使用する MT4( メタトレーダー4)に対応した 国内FX業者口座開設の 特徴を 評判と 口コミを含めて比較形式でご紹介します。 FX自動売買EAを使った自動売買トレードを行う時にはMT4を使用する必要があります。 今回はMT4に対応し、かつEA取引に重要なが狭く、サーバーがしっかりとしている 国内の FX業者 を選びやすくするため、オススメ順でご紹介しています。 国内FX会社は、それぞれが特徴があるので、自分の運用スタイルにあった運用で使い分けることがオススメです。 国内のFX会社で安定的に運用をして、海外のFX会社ではハイレバレッジを使って勝率の高いスキャルピングEAで短期で収益をあげるなどの使い分けで利益を出しているトレーダーもいます。 目次(もくじ)• FX証券会社選びのポイントについて MT4を利用する上での、FX証券会社の選び方をご紹介します。 MT4の取り扱いのFX証券会社 MT4自体は世界で一番有名なチャートソフトですが、すべての証券会社が対応しているわけではありません。 裁量トレード(自動売買ではなく)の場合は、証券会社が対応していなくても、MT4でチャートを見て取引は、口座を開いている証券会社がでできますが、自動売買の場合は、 MT4に対応しているFX証券会社を選ぶ必要があります。 国内FX会社と海外FX会社のレバレッジの違いについて 国 レバレッジ 特徴 国内FX業者 25倍 レバレッジは少ないが安定的に運用が可能 海外FX業者 200倍ー1000倍 ハイレバレッジで取引が可能。 高勝率のEAをハイレバで使ったり、多くのEAを同時運用したりと幅は広がある。 ご存知の方も多いと思いますが、日本国内のFX証券会社は、 最大レバレッジが25倍となっています。 レバレッジ25倍というのは、自分の口座資金の最大25倍までの取引ができるという意味です。 資産を守る制度である信託保全について FX会社が万が一 倒産した場合に、預金者を保護する信託保全というものがあります。 信託保全とは、顧客から預かった保証金を、FX業者の財産とは区別した上で第三者(信託銀行等)に管理を委託し、資金を保全する方法です。 なので、 万が一FX業者が破綻した場合であっても、預託証拠金等は、信託法により信託財産として保全されます。 日本国内においては、信託保全は義務となっていますので、 その点は安心して、証券会社を選ぶことができます。 海外FX会社については、まれに無登録のものがあり、被害が出ている場合があるので注意が必要です。 ですが、当サイトで紹介しているオススメの証券会社は海外証券会社の口座を持つ人なら誰でも知っている有名かつ優良な証券会社なので、 その点は安心できます。 なぜなら売買回数が多いスキャルピングのEAが多く、利益も6pipsなど小さい利益を積み上げるため、スプレッドが不利だと利益に大きく影響することになります。 スキャルピングEAは自動売買でも主流のため、売買回数が多いほどコスト(スプレッド)がかかります。 なので平均的にスプレッドが狭い証券会社を選ぶ方がいいでしょう。 国内FX証券会社、海外FX証券会社のメリットデメリット 国内FX業者 海外FX業者 レバレッジ 25倍 100倍ー1000倍 サポート 日本語 日本語対応会社あり 入金方法 銀行振込 銀行振込、クレジットカード、ビットコイン 税金 分離課税(一律20%) 累進課税(利益に応じて変化) どちらの証券会社を選ぶかは、正直最初のうちは迷うところだと思います。 しかしながらやはり 最初は国内証券会社から使って見るのがいいと思います。 あわせて読みたい ・ MT4が使える国内FX証券会社 うちで利用しているのは、全て次の4つの業者です。 どちらも 1つのアカウントで複数口座が開設できるので、特徴に合わせて使い分けています。 下の5つの会社どれも国内では定評があり、おすすめできます。 純粋に MT4対応会社を比較すると「 外為ファイネスト」が手数料が安く、キャンペーンで無料でEAを手に入れることができるのでかなりメリットがあります。 同じく取引コストが安く、スキャルピングからスイングトレードまで幅ひろく対応できるのが「 FXTF(FXトレードフィナンシャル)」と言えます。 「オアンダジャパン 」は大手のFX会社とうこともあり、トータルで安定感があります。 MT4対応会社 オススメ度(5段階) 特徴 外為ファイネスト 🌟🌟🌟🌟🌟 キャンペーンが豊富なFX会社 *オススメ オアンダジャパン 🌟🌟🌟🌟🌟 大手MT4対応FX会社でサーバーが安定している。 FXTF ー 2020年5月4日以降の新規口座開設ではEAトレードが不可能。 アヴァトレードジャパン 🌟🌟🌟 世界展開のFX会社、MT5にも対応 フォレックスエクスチェンジ 🌟🌟🌟 15種類のEAが使い放題というメリットが大きい デューカスコピージャパ 🌟🌟🌟 透明性のある価格レートであるECN口座を提供している国内FX会社 また、どちらも 1000通貨対応で、少額から運用できるのも嬉しいところです。 口座を複数持つ選択肢 FX口座は複数持って差し支えありません。 口座を分けることにより、よりトレードが管理しやすくなります。 スイングトレード(中長期トレード)のEAであれば売買回数が少ないため、スプレッド(手数料)がある程度あってもあまり影響はなく、逆にスキャルピング(短期トレード)などの売買回数が多いEAは、オアンダやFXTFなどがオススメになります。 外為ファイネスト *一番オススメのMT4対応FX会社 初心者からおすすめしたい外為ファイネスト ! 外為ファイネストも、 スプレッドが狭く、また1000通貨から取引ができる国内FX業者になります。 スプレッドの狭さは業界最高水準 多くの 自動売買開発者が実際に使用しているFX会社で世界各地にグループ会社があり、 レートの提示が早く、注文の約定力も定評があります。 また取引通貨は28通貨対応で、主要な通貨はほとんど網羅しています。 このたび、 口座開設日が2020年5月4日(月)以降のお客様におかれましては、当社のFX取引システム「FXTF MT4」で、FX自動売買プログラム(EA)を組み込んで取引を行う自動売買取引が、ご利用いただけなくなることをお知らせいたします。 当社での審査終了後、お客様の口座が開設されます。 (=口座開設日) サクソバンク証券(*大口取引推奨) サクソバンク証券は、大口や専業向けに高い約定力とスキャルピングでも対応可能な業界最香水準のスプレッドを提供している会社です。 月額利用料が無料となりさらに利用しやすくなりました。 トレーダーに最高の環境を提供してくれます。 入金額が100万円と大口対象のFX会社となります。 独自の自動売買システム採用会社 MT4ではありませんが、 独自の自動売買システムを取り入れている会社があります。 メリットは、自動売買ソフトは基本的に無料ということです。 MT4と違い購入するのと比べて、全体的に質が落ちるところもありますが、中には優秀な自動売買ソフトもあり、バックテストを行い、成績を確認した上で運用を行います。 インヴァスト証券 史上初のETF自動売買。 ETFとは、日経225などの銘柄に連動したもので、このインヴァスト証券の「トライオートETF」は投資スタイルを選ぶだけで自分にあった自動売買を選択肢トレードをしてくれるものです。 この自動売買については株の銘柄になるため、他サイトで運用を開始して成績を公開してい行きます。 *2018年6月中に運用開始予定。 インヴァスト証券の「」をまとめました。 あわせて読みたい 👉 👉 👉 👉 MT4対応FX会社のまとめ 以上MT4に対応したFX会社についてご紹介してきました。 EAの特性とサポートの安心感から、初心者の方は特に『 国内FX業者』がオススメと言えます。 FXというと小さな資金で大きな取引ができるということで有名で、実際に海外の会社を使うとそのような取引が可能ですが、逆に言うとリスクが高く難易度が高いこともあり、最初からおすすめできると言うものでもありません。 まずは国内会社でゆったりと資金を中長期で運用して少しづつ増やすことが重要で、それと合わせて余裕が出てきたら、海外の会社でレバレッジを少し高めにかけて運用という方法がいいとこれまでの私の経験も含め効率的だと考えています。 国内の会社であると、フォワードテストの結果と実際の運用結果も近くなりますし、オススメといえます。

次の

日経225先物の最強チャートはどれ!?MT4とTradingview(トレーディングビュー)を徹底比較!

国内証券会社 mt4

「MT4を使いたいけど、FX会社は国内FXと海外FXのどちらがいいの?」 これからMT4(メタトレーダー4)を使う人は、国内FX会社と海外FX会社のどちらにしようか迷っている方も多いでしょう。 インターネットで検索すると、海外FXは「レバレッジが100倍までかけられる」「ゼロカットで口座がマイナスにならない」など、様々な情報が飛び交っています。 しかし、元銀行員の私から言わせれば、 MT4でFXをするならば海外業者よりも国内業者の方が圧倒的に有利です。 特に、FXで億を超える資産を築いた人は、私の知る限り、 ほぼ国内FX一択です。 仮に、海外FXで億の資産を築いた方は、これから説明する理由から かなり損をしており、もし国内FXを使っていれば倍以上の資産になっていたでしょう。 今回の記事では、これからMT4でFXをする方向けに、 国内業者と海外業者のどちらがおすすなのか?国内業者はどこがいいのか?についてメガバンク出身のプロが解説していきます。 <MT4が使える国内FXと海外FXの比較> 国内FX 海外FX レバレッジ 25倍 100~888倍 スプレッド 0. 3銭(米ドル円) 1. 6銭(米ドル円) 各種手数料 無料 無料 税金 20. 315%(一律) 15~55% ゼロカット なし あり レバレッジは国内25倍に対して海外888倍 レバレッジは、 国内FX業者が25倍に対して、 海外FX業者は各会社によって100倍~888倍まであります。 レバレッジをかけて少額でも大きな金額の取引が出来るのがFXの魅力なので、一見、海外FXの方が有利であると思えます。 ただし、レバレッジ100倍以上は 投資ではなくもはやギャンブルです。 例えば、10万円の資金からレバレッジ100倍で1,000万円分の取引をしたとしましょう。 相場が自分の思った方向に進んでくれれば、そこで大きな利益が取れますが、もし、逆の方向に行ってしまった場合、すぐに全ての資金を失ってしまう可能性があります。 つまり、大きく稼ぐか失うかの賭けであり、投資で破産している人の多くは、リスク管理が甘く、高いレバレッジでハイリスク・ハイリターンのトレードをしていることを肝に銘じておかなければいけません。 レバレッジについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。 記事: スプレッドは海外より国内の方が狭い 次にスプレッドですが、 海外FX業者は国内FX業者に比べて、スプレッドがかなり広いです。 例えば、米ドル円で国内FXは約0. 3銭なのに対して、海外FXは約1. 6銭です。 一見、そこまで違わない気もしますが、 取引の回数を重ねるごとに、ものすごい差になって現れます。 これがどれくらいの違いになるかというと、1回の取引で、1. 国内FX業者を使うトレーダーが1カ月で300銭の利益を上げたとしましょう。 すると、海外FX業者を使うトレーダーは、 -260銭のハンデを負っているので合計560銭分の利益を稼がなければ国内FX業者を使うトレーダーに勝てません。 一方、海外FXは 利益が330万円を超えると、税率が30%以上になってくるので、 国内FXの方が有利になります。 そして、海外FXは利益が695万円以上、900万円以上・・・と増えるごとに、税率も段階的に上がっていきます。 例えば、 FXで5,000万円を稼いでも、国内FXであれば手取りが4000万ですが(税率約20%)、海外FXだと2250万なので(税率55%)、ほとんど税金でもっていかれます。 これでは海外FXで億を超える爆発的な利益を上げたとしても、半分以上税金を支払うことになり、 国内FXで利益を上げる方がはるかに有利と言えます。 FXの税金について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご参考下さい。 記事: ゼロカット制度は海外のみ有り ゼロカットシステムとは、 相場急変時に強制ロスカットが間に合ない場合、マイナスになった残高を帳消しにする制度です。 最近だと、2015年のスイスショックの時がありましたね。 これは基本的に国内FXには無く、海外FX特有の制度です。 ただ、そのような相場急変は10年に一度起きるかどうか。 また、 そもそもレバレッジを抑えたり、損切り注文を置いて取引していれば、急激な相場変動によるリスクを軽減できます。 また、相場が大きく動くイベントは、例えば米大統領選挙やBrexitの時など、あらかじめスケジュールが決まっているので、事前にリスク管理を施しておけば全く問題ありません。 MT4は国内FX業者の方が有利な理由• 海外FX業者よりもスプレッドが狭い• 税金面で国内FX業者の方が有利• 日本語サポートが充実している 例外としては、利益額が195万円以下の場合は、税金面で海外FXの方が有利になりますが、そもそもスプレッドが広い海外FXで利益を上げるのは初心者ならばなおさら難しいので、最初から国内FX業者を使った方が無難でしょう。 MT4に対応の国内FX業者一覧 ここからは、MT4に対応している国内FX業者を比較していきましょう。 いずれも、海外FXと比べてスプレッドも狭いですし、MT4で取引が出来るのでおすすめですね。 MT4の 使用料は無料で、 口座開設に手数料等も発生しないので手軽に口座開設をしてみましょう。 どの会社がいいか迷う方は、「ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)」と「YJFX! 5銭 1,000通貨 22種類 大手ネット証券会社 MT4対応の国内FXの比較は、【】をご覧ください。 YJFX! は、Yahoo! JAPANで有名なヤフーグループが運営するFX会社です。 スプレッドは業界でもトップクラスに狭い他、 FX初心者には心強い24時間の電話サポートがあります。 何か分からない点があれば、夜でも電話で解決できるのは素晴らしいですね。 注意点としては、MT4上で取引は出来ないことが挙げられますが、その分、発注する取引ツールは使いやすいと評判です。

次の