最高の離婚 韓国 キャスト。 最高の離婚 : 韓国ドラマの部屋 in Seoul

韓国ドラマ「最高の離婚~Sweet Love~」公式サイト|ポニーキャニオン

最高の離婚 韓国 キャスト

結婚は本当に愛の完成形なのか?」という問いから始まり、愛、結婚、家族に対する男女の考え方の違いを痛快に描く、日本の同名ドラマが原作のラブコメディ。 シリアスからコメディまで様々な作品に出演し、日本の韓流ドラマファンにもおなじみの人気俳優チャ・テヒョン。 そして、韓国映画界のみならずハリウッドにも進出する実力派俳優のペ・ドゥナ。 本作は、脚本で作品を選ぶと言われるチャ・テヒョンが、ペ・ドゥナが出演すると聞いて引き受けた意欲作だ。 ベテランの域に達した2人の息の合った掛け合いには思わず引き込まれる。 また、もう1組の夫婦役には「花遊記<ファユギ>」で存在感を見せつけたイエルと、新鋭俳優のソン・ソックを配する。 離婚後も同居する元夫婦と婚姻届を出さずに生活する夫婦。 二組の男女が出会い、愛情と友情が交錯する、奇妙な四角関係(!? )に発展する。 この関係に結論は出るのか?出ないのか? 結婚3年目だが、話が通じたことのないチョ・ソンムとカン・フィル。 神経質で不満ばかりのソンムと無神経で大雑把なフィルは、長崎カステラのせいで始まったケンカで最後には離婚にまで至ってしまう。 しかし、フィルの父親が手術を控えているため、手術が終わるまでは不思議な同棲生活を続けながらも自由に恋愛をすることに。 そんな時、ソンムは10年ぶりに大学時代の初恋の相手チン・ユヨンに再会するのだった。 ユヨンは夫のイ・ジャンヒョンが浮気をしているのを分かっていながら知らないふりをしていた。 しかもジャンヒョンは婚姻届も提出していなかったのだ。 心から謝り一緒に出しに行こうと言うジャンヒョン。 だが、ユヨンは夫と別れる決意をする。 一方、フィルは弘大でミュージシャンのイム・シホと知り合う。 彼は10年前、ソンムと一緒に練習室を使っていた友人だった。 ある日、フィルが体調を崩したシホを家に連れてきて、ソンムと再会する。 いつもと違って部屋を片づけたり、朝早くから食事を作ったりするフィルを見てソンムは嫉妬する。 フィルもソンムとユヨンの仲の良い姿を見て、2人のことが憎らしくなるのだが…。

次の

最高の離婚~Sweet Love~ キャスト・相関図 感想 視聴率 あらすじ

最高の離婚 韓国 キャスト

最高の結婚 キャスト,登場人物,ネタバレ,全16話,ノ・ミヌ主演,韓国ドラマ 最高の結婚 キャストは、パク・シヨン(チャ・ギヨン役)、ペ・スビン(チョ・ウンチャ役)、ノ・ミヌ(パク・テヨン役)、オム・ヒョンギョン(ヒョン・ミョンイ役)、チョン・エヨン(ナ・ヨンヒ役)、ソン・ヨンギュ(チェ・イルジュン役)が中心となるカップルを演じる予定だ。 全16話で土日の20時30分の放送を予定しており、ノ・ミヌ、パ・クシヨン、ペ・スビン、オム・ヒョンギョンが主演を演じるTV朝鮮放映ドラマだ。 ノ・ミヌ主演ドラマは、「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」、「フルハウスTAKE2」が記憶に残っている。 パク・シヨンドラマは、「優しい男(2012年、KBS)」が印象に強く残っている。 今も、時々DVDを棚から下ろしてみたりしているから・・・ DVDを棚に飾って、何回も見るようになる映画やドラマがある。 マトリックス、ゴットファーザーなど。 ヴィヴィアン・リーの映画では、哀愁(Waterloo Bridge)、風と共に去りぬ(Gone with the Wind)が好き。 その他に、おすすめの韓国ドラマは、泣きたいときは天国の階段、青春を感じたいときは成均館スキャンダル、芸術(?)を楽しみたいときはファン・ジニとユ・アイン主演の密会など? もう一つ加えて、笑いたいときは「イケメン(美男)ですね」がオススメ! 最近、karaのドラマ「ライラック」で熱演をしてくれたペ・スビンさんも出演する最高の結婚! 今回はニュースアンカーへと変身する彼の演技も応援したい。 最高の結婚 キャスト&登場人物 チャ・ギヨン(ニュースアンカー) cast パク・シヨン 「結婚も男もいらない・・・私は子供だけいれば良い!」 針で刺しても血一滴出てこないほど冷たくて冷静な、絶対美貌と絶対的な発音の女神で多くの男性たちの理想像であり、女子大生たちに似ていたいワナビー。 女性と子供たちに重荷になるだけで、どうもこうも役に立たない父を見て育ち、結婚も男もNO! 子供だけ欲しいと思っていたところ、パク・テヨンという遺伝子良く、ルックスも良い男が現れる。 私の子供の父親としてはOK! しかし、やはり結婚はNO! 避妊をせずにテヨンと熱い恋愛をして、半分は意図して半分は偶然に妊娠へ成功(?) ところが、この韓国が18世紀でもない21世紀に、父親のいない子を出産しようとする女性にとって、このように保守的で厳しいことだとは思わなかった・・・! チャ・ギヨンの周辺人物 ナヨンヒ(女) cast チョン・エヨン アナウンサー。 働きながら娘アラを育てるスーパーマム(super mother)。 ギヨンのもっとも親しいアナウンサーの先輩。 結婚8年目。 結婚と同時に妊娠、出産を経験し粗末な生活情報を伝えるアナウンサーになってしまった。 イルジュンとはショーウィンドウ夫婦。 イルジュンの浮気を発見して離婚するが、不動産の暴落で融資を受けて共同名義で買った家が売れなかったため、夫であるイルジュンと同じ家で同居人として住むことになる。 チェ・イルジュン(男) cast ソン・ヨンギュ ヨンヒの夫。 産婦人科医者。 アラのお父さん。 法的上の妻(ワイフ)を置いて、病院経営を支援するオフィスワイフを置いている。 チョン・スンヨン(女) cast パク・ヘジン チャ・ギヨンのお母さん。 生計を投げ出した夫の代わりに、クッパ屋を運営して娘ギヨンを育てた。 偉そうな娘ギヨンが、自分より偉い男と結婚して、立派な家庭を立てて生きることが唯一の生きる希望。 チェ・アラ(女) cast? チャ・ダン(男) cast? チャ・ギヨンの息子 チョ・ウンチャ(ニュースアンカー) cast ペ・スビン 「韓国でマチョトシテ生きていくのはとても難しい。 」 政治をするために国会議員に立候補するが、女子大生セクハラスキャンダルのため、選挙に落ちて離婚までした状態。 男として「フォーム(form)」と「男らしさ」に命かけるが、再び放送局に入るためにギヨンを利用するしかない立場。 女性を支配して男たちだけの世界を再び作るのが夢。 男性だけのコネとずる賢い権謀術数を総動員するが、常時、ギヨンに打たれて逆転されるのが常。 ギヨンの勇気ある選択が、男性中心世界に対する大きな挑戦と反抗に見えて、容赦なく踏みつけてやろうとしたが恋に落ちてしまう。 チョ・ウンチャの周辺人物 ソ・フェピョン(男) cast パク・ジイル チャンネルコリア放送局の社長。 パク・ガンロクの高校の後輩であり、チョ・ウンチャの先輩だ。 チョウンチャと私的な集まりで兄弟のような仲がいい間。 アン・ジョンラク(男) cast キム・ジンホ チャンネルコリアの報道局長 キム・ホナム(男) cast キム・スンフン パク・テヨン(新聞社料理担当記者) cast ノ・ミヌ 「愛するが、結婚と責任は嫌だ!」 放送局、広告主の一人息子。 姉だけ3人。 家の唯一の息子であり、宗孫であるテヨンは、極めて家父長的な家の中で母親と姉を侍女のように扱って王子に育った。 テヨンをマチョで育てるために、父の暴言と、家の中の女性の過度な保護の中で、表面上はクールな草食男になっていたが、中身は父とそっくりのマチョ。 恋愛はしたいが、責任を負わなければいけない結婚は負担になる。 父に生涯を従順して生きてきた母親と全く違うタイプの女性であるチャ・ギヨンに惹かれるが、結婚だけはなぜか従順的な女性としたい! パク・テヨンの周辺人物 パク・ソンニョ 女 cast チョ・ウンジ 雑誌ルノアール編集長。 ガンロクの娘。 テヨンの姉。 「B寮長とラブレター」に出てくるB寮長のように、オールドミスのヒステリーの極致の真相を示す女性。 非常に、家父長的な父親にあきれて、男も結婚も絶対拒否したが・・・ ウンチャを懲らしめるために雇った時給夫ペ・ドロと恋に落ちてしまう。 ペ・ドロ(男) cast チャン・ギヨン 時給夫。 劇団の俳優。 週給5万ウォンを受けて俳優の仕事をしている途中、劇団の先輩のおすすめで時給夫の仕事をするようになった。 自分を雇ったヒステリックして奇妙なソンニョを妻(マヌラ)と呼び、懸命に働いている。 ところが・・・ いつからか、このオールドミスのヒステリー症候群の病人であるソンニョが気になる。 パク・ガンロク(男) cast イ・ジョンギル パク・テヨンの父。 現、チャネルコリアの最大の広告主。 男尊女卑思想で固く団結した保守的な家父長制の支持者。 家では男女御とり膳も、女性が素足を見せて通うことも決して許容できない。 娘たちはかわいいペットであり、息子は私が死んだ後に法事(祭祀)を行う重要な男である。 チョン・リョジャ(女) cast ユン・ミラ パク・テヨンのお母さん。 犠牲が女性の絶対的な価値であり、家庭と夫に属することが女性にとっては最高の武器であり、力だと思う。 「美しい母親賞」、「申師任堂賞」のような国から与える賞も何度も受けた。 生涯、独善的でわがままな夫の愛の代わりに息子に対するマニアックな執着を持っている。 キム・ジュンヨン(男) cast ホ・ジュンソク レストランベンの社長。 テヨンの先輩であり親友。 放送局の近くでレストランをしている。 ヨンヒの古いファンで、離婚女になったヨンヒと「恋愛と結婚」の間で右往左往する。 ヒョン・ミョンイ(放送局の非正規職行政AD) cast オム・ヒョンギョン 「結婚は私の力!就職が難しければ、チュウィジプ(結婚による就職)でもしなくちゃ!」 社会的スキル(能力)とスペックは落ちるシルバーミスだが、誰よりも男を扱うスキル(能力)には自信がある。 自他が公認した恋愛選手! 17歳の時、父の会社が倒産してから、いとこのお姉さんであるユリの家に居候して生きながら、不安な非正規職の生活を続けている。 就職よりチュウィジプ(結婚)! 大金持ちの男と結婚することがミョンイの唯一の夢! そんな彼女の前に、金持ちの一人息子テヨンが現れる。 計算的な最近の男と異なって、自分の「フィル(feel)」を重要視するユニークなトルアイ(普通ではない人)テヨン! 私の人生に明かりを照らしてくれる男は、まさにあの男! テヨンが大好きなチャ・ギヨンと言う女性がいるが、愛はいらない! 私には結婚と言うチュウィジプ(結婚への就職)だけが最終目標! ヒョン・ミョンイの周辺人物 イ・ユリ(女) cast パク・ソジン ヒョン・ミョンイのいとこの姉。 特別な職業は持ってないが、遊んで食べてお金を使うだけで、一日が忙しいゴールドミスでブランド品が好き。 最も好きな有名人はパリス・ヒルトン。 [ノ・ミヌ ドラマ] 『ミステリー刑事』 미스터리형사 (tvN、2009年1月16日 — 2009年3月6日) 『テヒ、ヘギョ、ジヒョン』 태희혜교지현이(MBC、2009年 3月2日 — 2009年 9月4日) 『ミセスタウン — 夫が死んだ』 미세스타운 — 남편이 죽었다 (tvN、2009年11月13日 — 2010年1月29日) 『朝鮮推理活劇チョン・ヤゴン』 조선추리활극 정약용 (OCN、2009年11月27日 — 2010年1月15日) 『パスタ〜恋が出来るまで〜』 파스타 (MBC、2010年1月4日 — 2010年3月9日) 『僕の彼女は九尾狐<クミホ>』 내 여자친구는 구미호 (SBS、2010年8月11日 — 2010年9月30日) 『ロックRock楽』 락락락 (KBS2、2010年12月11日 — 2010年12月18日 全4回) 『マイダス』 마이더스 (SBS、2011年2月22日 — ) 『フルハウスTAKE2』(SBS Plus、2012年10月22日 -) 『刀と花』(KBS2、2013年8月7日 -) [パク・シヨン ドラマ] 鳳求凰(2004年、CCTV)主演 宝蓮灯(2004年、CCTV) マイガール (2005年、SBS) 花咲く春には(2007年、KBS) 甘い人生 La Dolce Vita(2008年、MBC) ザ・スリングショット〜男の物語(2009年、KBS) 赤いアメ(2010年、KBS) コーヒーハウス(2010年、SBS) 優しい男(2012年、KBS) ここまで、最高の結婚 キャスト,登場人物,ネタバレ,全16話,ノ・ミヌ主演,韓国ドラマについてまとめてみました! 9月27日、韓国語を聞き取れる方には嬉しい情報ですね! 最高の結婚、あなたが思っている最高の結婚はどのようなものでしょうか? 条件のために愛を諦めたりはしないでしょうか? 今年の秋にはあなたも恋愛の主人公になってね!.

次の

ドラマ「最高の離婚~Sweet Love~」気になるキャストとあらすじは?【日本ドラマの韓国リメイク版!】(2020年4月20日)|BIGLOBEニュース

最高の離婚 韓国 キャスト

韓国ドラマ「最高の離婚」キャスト登場人物紹介です。 「結婚は本当に愛の完成なのか?」 現代の複雑な結婚事情をモチーフに、年々急増している熟年離婚とシングル族世相を風刺し、韓国に存在する愛、結婚、家族の男女の考えの違いを愉快で真剣に共感してみようという趣旨で企画されたラブコメディ家族ドラマ。 小難しく神経質な男性。 人の多い場所、人々が好きな場所、人々が熱狂するトレンド、すべてが好きではない。 ドストエフスキーが好きで、古典的なヨーロッパ映画を好む。 すっきりとしたのが好みで、飲み会は苦手。 猫と一緒に静かに本を読んでコーヒーを飲みながら長崎カステラを楽しみたい。 大学時代には音楽をしたこともあるが、何らかの理由であきらめた。 時々人生を振り返って、この道以外の道があるだけだと考えていた。 結婚も同じだった。 結婚後ソンムはフィルが何から何までそれとは正反対にあるという事実を知ることになる。 結婚は長い長い拷問であり、結婚生活は一生の演劇みたいだ。 本当の自分を失って毎日ため息をついて小言を言って、自分の人生はこのように終わるのだろうか? カン・フィル ペ・ドゥナ 35歳。 ゆったりして余裕があって、ポジティブでいつも明るい表情。 家の2階でゲストハウスを運営し、体育補助教師をして足りないお小遣いをカバーしている。 たくましく、気さくで、健康・・・の延長線のお節介、散らかしがちで、ちょっとそそっかしい。 シンクに漬かったはさみをそのまま取り出してキムチを切ったり、洗面台でうがいした水をやたらと散らしたり・・。 そんなフィルがソンムと離婚になった発端は、あきれることに長崎カステラの一片のせいだ。 だが果たしてそれが本当の理由だろうか? ジン・ユヨン イエル 36歳。 ソンムの大学時代の彼女。 内気に見えるが、実際には非常に意思がしっかりしていて直接的で自分の世界を守ることを知った堅固さがある。 イ・ジャンヒョン ソン・ソッグ 36歳。 何を考えているかどうか、いや、考えているのかどうかもよく把握できない。 本人は他人に興味を持っていないが、じっとていても人々を引き寄せる妙なオーラがあり、母性本能を刺激する天真な面がある。 美大の講師として学生たちからも人気が高い。 結婚に全く似合わない人間だが、意外にユヨンの結婚の提案は、直ちに受け入れて今までよく暮らしている。 それなりの方法で・・ コ・ミスク ムンスク 76歳。 ソンムの祖母。 カフェ運営。 ミスクはソンム祖父の再婚相手で、ミスクとソンムは血のつながりはない。 ソンム祖父の暴力性のせいで離婚した。 ソクムとフィルと、フィルの妹マルと格別の間柄で、賢く温かい言葉をかける。 チョ・グホ チェ・ジョンウ 64歳。 ソンム父。 ペク・ミヨン ナム・キエ 61歳。 ソンム母。 チョ・ソギョン ユン・ヘギョン 41歳。 ソンムの姉。 コ・ミョングン チョン・ジスン 45歳。 ソギョンの夫。 コ・ソンビン コ・ジェウォン 10歳。 ソギョンの息子。 カン・チュウォル ユ・ヒョングァン 62歳。 フィルの父親。 イ・ジョンヒ ファン・ジョンミン 59歳。 フィルの母親。 カン・マル キム・ヘジュン 29歳。 フィルの妹。 チュ・スギョン ハ・ユンギョン 29歳。 マルと一緒に屋上の部屋に住んでいる。 イム・シホ ウィ・ハジュン 29歳。 バンドのリーダーであり、マルの友人。 シンプルでゆったりとした性格がフィルとよく合う。 大学時代からの音楽をしていてソンムとも知り合い。 ペク・チャンジン シン・ソンミン 29歳。 医大レジデント。 マルの元カレ。

次の