ナンシー 八須。 スタンフォ-ドの花嫁、日本の農家のこころに学ぶ / ナンシー八須【著】

スタンフォ-ドの花嫁、日本の農家のこころに学ぶ / ナンシー八須【著】

ナンシー 八須

その他 アメリカ・カリフォルニア州出身のナンシーさん。 名門スタンフォード大学を卒業されてから1988年の夏に来日。 その後埼玉県で農業を営む八須理明(ただあき)さんのもとに嫁ぎ、日本の田舎での生活が始まりました。 八須家のある神川町は、のどかな田園風景が広がりどこか懐かしさを感じられる場所。 自宅は昔ながらの佇まいが魅力的な日本家屋。 庭では2匹の愛らしい真っ黒なラブラドール・レトリバーがじゃれ合っています。 玄関ののれんをくぐるととてもすてきなダイニングが広がっています。 高い梁天井の下には、大きなマラカイトの天板がアイコニックな美しいアイランド型キッチン。 憧れの八須家の台所を目の前にして、思わずうっとりしてしまいました。 ナンシーさんは日本に来る前から寿司が大好きだったそう。 日本への興味関心から、縁あって埼玉で英語教師の職に就きます。 その当時生徒だった理明さんと出会い、来日から約1年半後に二人は結婚。 まず田舎について思うことをお聞きしたところ、アメリカも日本の田舎もそんなに変わらないよ、とナンシーさん。 都会のように人が多くなく、とても便利。 だから田舎が好きなのだとか。 そんなナンシーさんのお仕事について、皆さんも気になっているのではないでしょうか。 まずは2001年に開設、自然の環境の中で英語を使って子どもたちを育てる幼稚園「サニーサイド・アップ!」について伺いました。 その他 最初は子どもたちと一緒に畑を作るGarden Projectをはじめました。 3、4年ほど続けてみましたが、なかなか難しかったですね。 途中から執筆の仕事も忙しくなり、そのプロジェクトを断念しました。 そして毎日給食を作っているのですが、使う野菜は自分で作ったものか、または自然農法を実践する須賀利治(すかとしはる)さんのものがメイン。 とても美味しいから、子どもたちも喜んで食べていますよ。 もちろん肉や魚も使います。 食事の準備をしている時から、子どもたちは「Smells good! 」「What are you cooking? 」などと会話しながらとても嬉しそう。 料理は作りながら楽しむもの。 匂いや音を感じながらね。 一緒に缶詰のトマトを刻んだり、ジャガイモやタマネギの皮むきなどもしますよ、とナンシーさんは語ります。 豊かな環境のもとで手塩に掛けて育てられた美味しい食材を使い、食すること。 ナンシーさんは幼稚園で時間を過ごすことが多いのだとか。 続いて、書くことについてのお話を伺いました。 日本食レシピもですが、食材の生産者やメーカーさんを紹介することが多いです。 食材に関して、私は自分が本当に良いと思っているものしか使いません。 正直、日本の食材は中途半端なものが多いと思っています。 日本人でも、例えば醤油、味噌、もろみなどの違いがわかっていない人も多いでしょう?海外の人たちも日本の食にすごく興味を持っているけれど、全てを理解するのはすごく難しいです。 私は美味しい食材のことを理解したいから、作り手のもとに行ってできるだけお話しを聞くようにしたいのです。 工場や畑などを見学して、その雰囲気を肌で感じたい。 例えば見学に行ってみて、家族で一生懸命ものを作っていたり、伝統を大切にしていたりと、そういうことを見るだけでも違います。 料理は心がないと美味しくできないのと同じで、良い食材は心で理解できると考えています、とナンシーさん。 今まさに執筆されているという4冊目の作品についても少し教えていただいたところ、土地に根付く昔ながらの商店などを紹介されているのだそうです。 良いものがなくならないようにという想いを込めて、そして多くの人々にそれを伝えるべくナンシーさんは執筆活動をされています。 素直に、まっすぐ向き合うことだそうです。 仕事は全て食に関することなので、まず本当に美味しいものしか食べたくない!そして美味しいことはとても大切。 幼稚園でも毎日一生懸命やりたいですし、子どもたちはのびのび、毎日良くなってほしいと思っています、と暖かい眼差しで語ってくださいました。 一方生活で大切にされていることについてもお聞きしたところ、生活はあまり上手にできていないよ、と屈託ない笑顔を見せながらお話ししてくださったナンシーさん。 自分の子どもたちに関してはホームスクールを選択し、幼い頃からなるべく多くの時間を一緒に過ごすようにしました。 出版の仕事が増えてからは忙しくなり、毎日食事を作ることもできなくなったりと悪いママだったかもしれない。 けれど、自分にできることのリミットをちゃんと考えて自分を許してあげることが大切。 仕事と生活の調整は誰だって難しいものですから。 家族を持ちながら働く女性にとって、家庭と仕事の両立はとても難しいもの。 どちらも100パーセントでやろうと思うと、負荷がかかりバランスが崩れてしまいます。 忙しい日々の中で、時に自分を許してあげることがいかに大切か、はっとさせられました。 そんなナンシーさんに、日々の暮らしをより良くするアイデアについてお聞きしてみました。 毎日朝から晩までで、自分のできることにゴールを決めてあげることでしょうか。 例えば私は夕食は毎日作るようにと決めています。 そのために献立は早めに、できれば朝から考えておきます。 毎日仕事に出ている人は、週末から決めておくべきですね。 食材がないと何も作れないでしょう?そうやって余裕を持っていないと、料理が嫌いになってしまいます。 あとは食材が良ければ料理もより楽しくなります。 良い野菜は美味しく、腐りにくいですしとても便利です。 できるだけその日にある食材を使い、冷凍保存をうまく活用すると良いでしょう、とナンシーさん。 また、個人商店に足を運ぶ楽しみも教えてくださいました。 例えば魚屋さんや乾物屋さんに行った時、どの食材をどの料理に使えば一番美味しくなるか彼らはよく知っています。 彼らと会話することはとても楽しいし、嬉しい!スーパーマーケットではできないからね。 この街の人はすごく大切。 だからこの街が好きです。 便利すぎる現代社会。 いつでもどこでも簡単に食事ができて、食材の味に目を向けることも生産者の想いに触れることも、ほとんどないのではないでしょうか。 私たちが暮らす日本の美味しいものを美味しくいただく。 このシンプルな考えを、より多くの方に知っていただければ嬉しいです。 ナンシーさんの著書、そして活動についてはウェブサイトよりぜひチェックしてみてくださいね。 今回はナンシー・シングルトン・八須さんへのインタビューでした。 次回もお楽しみに! その他 記事は取材当時のものです。

次の

おいしい料理が生まれる場所へ見習いたい、料理上手の台所vol.2

ナンシー 八須

左: 八須家の小麦畑で、自身が経営する英語教室の幼児クラスの子どもの手をひくナンシーさん 右: 味噌や漬物を発酵させるための樽 写真: 三浦健司 1988年7月半ば、埼玉が蒸し暑くなり始めたころ、私は成田空港に降り立ちました。 来日したての私が口にした食事には、馴染みのあるもの(寿司)もあれば、見たことのないもの(ケーキのように分厚いトースト)もあり、新たな味に出会うたび日本食に夢中になっていきました。 最初、私が教える英会話学校の成人クラスの生徒たちが、思いつく限りの日本の食文化を熱心に紹介してくれました。 けれども月日が立ち、何度も同じ店に通ううちに、食べる料理すべてが必ずしも目の覚めるほど美味しいわけではない、と気づき始めました。 来日当初に出会った味には魅力を感じなくなり、口にするものの多くにすぐさま私の舌が興奮を覚えることはなくなりました。 そうして、もっと美味しいものを探す旅が始まったのです。 左上:豆を乾燥させる(埼玉県神川町) 右上、左下、右下:ヤマキ醸造での醤油作り 写真: 三浦健司 はじめは、自宅から車で行ける範囲で飲食店を回ったり、料理に使う基本的な食材の生産者を訪ねたりしました。 結婚して最初の10年の間は、こうして、あちこち訪ね回り、人脈を築き、活動範囲を広げていきました。 幸い私が住む地域は、60年近く化学肥料を一切使わない自然農法を手がける須賀さん一家の影響で、有機農業がさかんでした。 私の夫も、この一家の長である須賀一男さんの影響で有機農業を始めました。 私たちが師と仰ぐ須賀さんただひとりの存在が波及効果を生み出し、今やこの地域は、国産有機原料のみを使った食品メーカーがひしめく一大拠点になっています。 左: しぼりたての醤油 中: 鰹節を削る 右:もろみ(醤油をしぼる前のペースト状のもの) 写真: 三浦健司 さらに、醤油など基本調味料のひとつにこだわれば、自宅のパントリーに次々と連鎖して変化が起こります。 たとえば、国産有機大豆を樹齢100年の杉の大木で作った樽でふた夏かけて発酵させる伝統製法で作られたこだわりの醤油を用意します。 近所のスーパーで買った小松菜を茹でたものに、この醤油をかけてみましょう。 小松菜の食感はあっても、この野菜特有の風味が感じられず、幾重にもかさなった醤油の味の深みに負けてしまうでしょう。 当然、この結果にがっかりして、ミネラル豊富で口一杯に風味が広がるような野菜を思わず食べたくなるはずです。 そこで、丹念に育てられた有機野菜と伝統製法で作られた醤油を合わせてみれば、メロディーを奏ではじめます。 でも、これだけでは、まだ完成ではありません。 ここにパックの鰹節(何日か燻してあるが、発酵や5カ月間の天日干しは行われていない製品)をかけてみます。 今度は、醤油のかかった小松菜の味が引き立たてられず、悲しくなるはずです。 ところが、最高級品の本枯れ鰹節を削って小松菜の上にたっぷりのせると・・・・・・ほら! 驚くほどシンプルながら、人生を変える一品が出来上がります。 丹精込めて伝統製法で作られたひと瓶の醤油が、毎日口にする食品への意識を変える連鎖反応を生み出すのです。 写真:三浦健司 ナンシー・シングルトン・八須 米国カリフォルニア州出身。 スタンフォード大学卒業後、1988年に来日。 埼玉県にある築85年の古民家で農業を営む日本人の夫と暮らす。 3人の息子の母親でもある。 埼玉で10年以上スローフード運動のリーダーを務め、日本全国の地産地消運動にも積極的に参加している。 初の著書 Japanese Farm Food(Andrews McMeel、2012年9月)は、ニューヨーク・タイムズ、ロンドン・タイムズ、LAタイムズの各紙で絶賛され仏語、独語、日本語に翻訳された(日本語版:『スタンフォードの花嫁、日本の農家のこころに学ぶ』日本文芸社、2015年)。 日本の漬物と保存食をテーマにした2冊目の著書 Preserving the Japanese Way(Andrews McMeel、2015年8月) は、アート・オブ・イーティング賞、ジェームズ・ビアード賞、グルマン賞の最終候補に残った。 現在、Phaidon Pressから刊行予定の Japan the Cookbook(2018年春)、ワニブックスから刊行予定の日本食の料理本(2017年秋)を執筆中。 日本国内のテレビや活字メディアにもたびたび登場し、NHK、TBS、フジテレビの番組が、ナンシーさんの保存食作りや農家での食生活、消えゆく食の伝統をたどり全国の生産者を訪ねる様子などを取り上げている。

次の

LOHACO

ナンシー 八須

内容説明 日本の大地との触れ合いから紡ぎ出されるユニークで驚くべき物語!カリフォルニア生まれの「純正ニッポン人」による日本の農と食へのあたたかい眼差し。 スタンフォード大学卒業後、「寿司」に焦がれ1988年に来日。 英会話の生徒だった八須理明氏と結婚して「農家の嫁」となり、農業の手伝い、3人の息子の子育て、英会話学校の運営に奮闘する。 出版社内容情報 埼玉の農家に嫁いで25年、「ばあちゃん」から伝授された無形文化遺産「和食」の原点を、アメリカ人の視点から紹介。 カリフォルニアから日本(さいたま)の農家に嫁いで25年、「ばあちゃん」から伝授された無形文化遺産「和食」の原点を、アメリカ人の視点から紹介。 忘れられてしまった人間と食にまつわる伝統文化を、味わいのある文章でつづる。 はじめに ナンシーさんは、カリフォルニア生まれの「純正ニッポン人」 パトリシア・ウェルズ 序章 私と日本の<なれそめ> 第1章 和の伝統食 第2章 大地と触れ合う 第3章 いのちをいただく 第4章 不思議な魅力・日本の風習 第5章 ナンシー流田舎料理レシピ 【著者紹介】 カリフォルニア出身。 88年来日、埼玉県熊谷市で英語教師をしていた時に、八須理明氏と結婚。 01年に、英語と自然の環境の中で子供を育てる教室として「サニーサイドアップ!」を開設。 スローフード埼玉のリーダーでもある。

次の