俺 だけ レベル アップ な 件 95。 「俺だけレベルアップな件」 第95話 英語版を翻訳したネタバレ

「俺だけレベルアップな件」 第95話 英語版を翻訳したネタバレ

俺 だけ レベル アップ な 件 95

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。 しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。 ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。 母の病院代や妹の学費のためにE級ハンターとして働いているがとても弱く一番ランクの低いダンジョンですら1週間の入院をするほど、そのため周りのハンターからは「人類最弱兵器」と呼ばれていた。 しかし、二重ダンジョンの事件でプレイヤーとなったことでモンスターを倒すたびレベルアップするようになり、一人でダンジョンボスまでも倒せるようになる。 転職クエストで暗殺系からネクロマンサーの上位職「影の君主」となった。 職業専用スキル「影の抽出」によって倒したモンスターを影の兵として仲間にできるようになり、特に、イグリット、タンク、アイアンこの3体はAランクハンターに匹敵する実力。 影の兵は普段旬の影の中に吸収されているが望むときに召喚することができる。 実力を隠す必要が無いと判断し、ランクの再審査を行うと測定不能の判定を受け日本で10人目となるSランクハンターとなる。 馬渕 勲.

次の

月間販売金額、1億円時代へ突入! WEBTOON作品『俺だけレベルアップな件』が大ヒット|株式会社カカオジャパンのプレスリリース

俺 だけ レベル アップ な 件 95

前回の94話では、架南島で最強のアリが誕生し、雄叫びを上げる。 一方旬は、架南島レイド攻略不参加であることを厳しい非難されていた。 彼としては、今は架南島よりも、母や葵の方が大事なのだ。 そして、いよいよ架南島レイド攻略の日がやってくる。 島へと向かうヘリのなかで、ゴトウは旬のことを思い出し、頭を抱えるのだった。 今すぐ絵つきで読みたい方は、ピッコマへどうぞ! 本記事は、 韓国版を翻訳したものを掲載しています。 駆り出されるハンターたち 海上には、ハンターを乗せた船が続々と配備されていた。 騎士団ギルドや名声ギルド、死神ギルドやハンタースギルドの面々は、緊張した様子。 各ギルドはハンター協会の要請を受け、艦隊と反対の南に配置された。 レイドが成功しても、アリの残党が本土を襲う可能性があるためだ。 各防衛隊は、A,B級ハンターを中心に、C級ハンター3人、D級以下のハンターが10人のパーティで構成されていた。 そこには、観月や馬渕のように引退したハンターなども参加。 その数およそ5000人。 緊張 白川たちが乗る、架南島へと移動するヘリの中で、1人のカメラマンが挨拶をする。 彼はハンター専門のカメラマンで、今回の攻略の模様は全国に生中継される予定だと言う。 こんな危険な現場に、カメラマンを同行させるなんて信じられないという白川。 マは、ハンターは人々を守ることが義務だが、自分の身は自分で守るよう告げる。 こう見えてもA級ハンターだと言って、立てかけられている剣に手をあてるカメラマン。 ハンターの資格があっても、一般的な職を選択する者も多かった。 A級の資格を持った彼も、そのうちの一人だ。 ハンターは副業としてやっているが、今回のレイドに今までの経験は当てにならないかもしれないと、彼の手は震えていた。 マは、そんな彼に励ましの言葉をかける。 そして、架南島レイドを今度こそ成功させましょうと意気込んだ。 今回失敗すれば、あとがないことは全員が理解している様子だ。 そして、いよいよヘリは架南島の上空へと差し掛かる。 美濃部は、その手を小刻みに震わせているのだった。 作戦スタート 日本チームのゴトウたちは、架南島へと一足早く到着していた。 廃墟と化した街には、共喰いしたような形跡が残るアリの死体が。 ゴトウは、捕食者がいるかもしれないと警戒する。 ゴトウは無線で各チームに連絡。 合図を出すと同時に、 島の四か所で爆発が起きた。 ヘリの中で、それを見ていた韓国のS級ハンターたち。 架南島のアリの巣からは、 アリが4ヶ所に飛んでいく様子が見える。 そんななか、3匹のアリが韓国チームを乗せるヘリへと向かってきた。 「自分の出番ですね」 そう言って最上は、開いている後部ハッチへと赴き、フレイムスピアを発動。 3本の炎柱は、見事に3匹のアリに命中した。 だが、倒せたのはわずかに1体。 この程度の火力ではこうなるか。 彼はこうなることを予期した様子を見せると、ヘリに乗る面々にしっかり掴まるよう指示をだす。 そして、今度は巨大な火球を作り出し、それを放った。 最上は、アリがかなり進化しており、A級ダンジョンほどの魔法耐性があると言う。 すると彼は、彼らの実力を調べると言って、ヘリから飛び降りる。 心配するマに、向坂は大丈夫だと言う。 最上の魔法は、多数の敵と戦うほど威力を発揮すると。 架南島へと降り立った最上に、無数のアリが襲い掛かる。 しかし、彼は魔法の力でいとも簡単にそれらを一掃してしまった。 もう大丈夫なので、降りてきてくださいと言う最上。 その様子に、マは苦笑いしていた。 日本のハンターたちがアリの注意を引く1時間。 その間に、女王を退治しなければならない。 だが、自分たちなら問題ないと言って、 韓国チームは架南島へと降り立った。

次の

第7話 土蜘蛛

俺 だけ レベル アップ な 件 95

イセカイウィルスによって変革された世界で無双するシスコン兄貴 十本スイ ある日、愛しの妹である〝ひまる〟と一緒に買い物に出掛けていた時、駅前の広場にある大型モニターやスマホに、突如として謎の包帯男が映し出される。 そしてそいつは言う。 「今、この時から君たちの世界は変革を迎えた。 次の瞬間、次々と周りの人間がモンスター化し始め、変化しない人間たちを襲い始めたのだ。 大枝ツキオは、ひまるを抱えてすぐに自宅へと逃げ込んだ。 そして変わってしまったのは、世界だけではなく自分もそうだということを知る。 まるでゲームのようなステータスが目の前に現れたのである。 包帯男は告げる。 ステータスを持つ人種は選ばれた存在だと。 モンスターは〝餌〟を求め彷徨う。 ツキオはそこで、ひまるが〝餌〟だということ を知り、彼女を守るためにも自分に何ができるかを把握していく。 その中で、自分に《スキル》という力が備わっていることに気づく。 ツキオは興奮する。 スペルといえば〝呪文〟だ。 ということは自分には魔法の才能が与えられたのだと。 だが使ってみて驚愕してしまう。 これは変わり果てた世界で、妹のために生き、妹にために戦う、お兄ちゃん最強物語である。 …続きを読む.

次の