鬼怒川 氾濫。 鬼怒川の水位ライブカメラ映像2020!現在氾濫の状況や最新情報を確認!

日本の川

鬼怒川 氾濫

スポンサードリンク 2015年9月10日、台風18号の低気圧の影響により、 記録的な大雨となった茨城県常総市。 その大雨により常総市の鬼怒川 きぬがわ の堤防が決壊し、 大きな被害が出ました。 常総市の鬼怒川が決壊した場所について、 地図を見ながら確認していきたいと思います。 鬼怒川が決壊した場所について 鬼怒川は、茨城県常総市の真ん中を通るようにして流れる川です。 今回被害があったのは常総市の東側のため、 堤防が決壊したのも東側のようです。 堤防が決壊した当時の画像を、 内閣営巣情報センターが公開しています。 内閣衛星情報センターの衛星の画像 産経ニュースより 画像によると、関東鉄道常総線の南石下駅の近くのようで、 その位置を地図で確認してみましょう。 鬼怒川の堤防が決壊したと見られる位置 上記の堤防が決壊した位置から鬼怒川の水が流れ込み、 常総市の北東部から南東部にかけて、 広範囲に被害が出てしまったようです。 また、常総市にはテレビの大家族番組で有名な石田さんちがあります。 石田さんちの状況も多くの人たちに心配されているようです。 ~石田さんちの関連記事~ スポンサードリンク ソーラーパネルを設置するために削った箇所が原因? 今回鬼怒川の堤防が決壊した理由として、 ソーラーパネルを設置したするために堤防を削った箇所が 原因になっているのではという意見が出ています。 ソーラーパネルの位置 地図でソーラーパネルの位置を見ると、 堤防が決壊した位置からは若干北になります。 つまり、ソーラーパネルの位置から、 堤防が決壊したわけではなさそうですね。 ですが、この位置は周りの土地と比べて低くなっており、 ここから洪水につながっているのは確かのようです。 どっちにしてもソーラーパネルが設置されている地点から洪水になっているのは事実の模様。 ~鬼怒川の堤防決壊の原因についての関連記事~ 災害には早めの対策を! 鬼怒川の堤防の決壊は以前から予想されていたそうです。 そのため、堤防の改修を考えていたそうですが、 結局は改修する前に大損害となってしまいました。 これは、自治体の対応が遅れたとも見ることができますが、 住民の危機感がなかったとの意見もあります。 ですが、住民の危機感がないというのは、 これまで被害がなかったのですからしょうがない部分もありますね。 大事なのは、これを機にこれからどう対応するかだと思います。 常総市以外でも同じような状況の場所はたくさんあるでしょう。 災害によって被害が出る前に、早めに対策してほしいですね。 作成者:Shinji.

次の

鬼怒川決壊から4年、洪水と治水の歴史

鬼怒川 氾濫

はん濫危険水位とは、土砂堆積や樹木の繁茂などで川の通水面積が小さい箇所で堤防破堤や河岸溢水が起こる可能性のある水位ですので、絶対に川に近づかないでください。 避難判断水位とは、住民の皆さんが避難を開始すべき水位ですので、自治体から避難勧告が出されている場合には従ってください。 はん濫注意水位とは、川の水位が上昇してきており注意が必要な水位ですので、引き続き豪雨などの悪天候が予測される場合には、避難する準備をしてください。 一般的には3年間に1回程度の発生頻度です。 水防団待機水位とは、水防団(自治体)が水防活動を始める目安になる水位ですので、直ちに避難行動などは起こさなくても大丈夫です。 一般的には1年間に5~10回程度の発生頻度です。 データは国土交通省川の防災情報よりリアルタイムで取得していますが、水位計測自体が10分おきですのでご留意ください。 水位センサーは河川の代表点にしか設置されませんので、はん濫危険水位に達していなくても、河川未改修区間などでは氾濫している可能性があります。 システム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行いましょう。 特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。 参考までに、平成20年7月28日に犠牲者を出した都賀川の甲橋水位観測所では10分間で1. 34mの水位上昇を記録しています。 川が溢れそうになってからあわてるのではなく、事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握しておきましょう。

次の

鬼怒川の堤防はなぜ決壊したのか

鬼怒川 氾濫

指定河川洪水予報とは 河川の増水や氾濫などに対する水防活動の判断や住民の避難行動の参考となるように、気象庁は国土交通省または都道府県の機関と共同して、あらかじめ指定した河川について、区間を決めて水位または流量を示した洪水の予報を行っています。 これを「指定河川洪水予報」と呼んでいます。 指定河川洪水予報は関係行政機関、都道府県や市町村へ伝達され水防活動等に利用されるほか、市町村や報道機関を通じて地域住民の方々へ伝えられます。 気象庁ホームページや各関係機関・自治体のホームページからも閲覧することができます。 なお、これとは別に、指定河川洪水予報の発表対象ではない河川(水位周知河川、その他河川)も対象として気象庁が発表している洪水警報・注意報及び洪水警報の危険度分布があります。 及びのページもご参照ください。 指定河川洪水予報の標題 指定河川洪水予報は、河川名と以下の表の危険度のレベルに応じた情報名とを組み合わせて発表します。 指定河川洪水予報の発表基準と発表された場合にとるべき対応は、以下の表のとおりです。 令和2年3月にとりまとめられたに基づき、国土交通省と共同で指定河川洪水予報を実施する河川においては、大雨特別警報の解除後の氾濫への警戒を促すため、大雨特別警報を警報等に切り替える際、切り替え以降に河川氾濫の危険性が高くなると予測した場合等に臨時の指定河川洪水予報を発表します。 この情報は、府県気象情報のページに掲載します。 平成31年3月現在では、利根川及び阿武隈川の一部の区間において、氾濫水の予報を実施しています。 指定河川洪水予報と警戒レベルとの関係 指定河川洪水予報について、それぞれの情報を用いてとるべき行動は以下のとおりです。 災害がすでに発生している状況となっています。 命を守るための最善の行動をとってください。 警戒レベル5相当 氾濫危険情報 地元の自治体が避難勧告を発令する目安となる情報です。 避難が必要とされる警戒レベル4に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難勧告の発令に留意するとともに、 避難勧告が発令されていなくても自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル4相当 氾濫警戒情報 地元の自治体が避難準備・高齢者等避難開始を発令する目安となる情報です。 高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難準備・高齢者等避難開始の発令に留意するとともに、 高齢者等の方は自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル3相当 氾濫注意情報 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2に相当します。 ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。 指定河川洪水予報が発表されたら 指定河川洪水予報が発表された場合には、市町村からの避難勧告(警戒レベル4)等に留意し、上記の表のような行動を取ってください。 また、事前に、地元自治体等が公表している「浸水想定区域図・洪水ハザードマップ」などをあらかじめ確認し、お住まいの地域において災害が想定されている区域や避難先、避難経路を把握しておくことも重要です。 参考:国土交通省ハザードマップポータルサイト URL: なお、大雨になってからや、浸水してからの避難は大変危険です。 早めに避難することを心がけましょう。 万が一浸水してしまった場合には、頑丈な建物の2階以上や高いところへ避難した方が安全な場合もあります。 あらかじめハザードマップを確認し、避難の方法を確認しておきましょう。 参考:災害時の避難に関する専門調査会 URL: 0 あらかじめハザードマップで確認 (葛飾区中川・綾瀬川洪水ハザードマップより) 1 まずは避難 2 土嚢積みなどの対策も有効です 3 頑丈な建物の2階以上へ避難することが有効な場合もあります (参考)河川の水位について 洪水等が発生した際、地域住民のより的確で安全な避難実施のためには、河川の危険の状況等の防災情報が、迅速に伝達されるだけでなく、住民や市町村の防災担当者、報道機関に正確に理解され、的確な判断や安全な行動につながる情報の内容や表現であることが極めて重要です。 このため、国土交通省及び気象庁では、「洪水等に関する防災用語改善検討会」の提言に基づき、水位の危険度レベルを設定するとともに、区切りとなる水位の名称は、危険度レベルを認識できるよう改善しました。 水位危険度レベル 水位の名称等 (参考)旧名称 レベル5 氾濫の発生 氾濫の発生 レベル4 氾濫危険水位 危険水位 レベル3 避難判断水位 特別警戒水位 レベル2 氾濫注意水位 警戒水位 レベル1 水防団待機水位 通報水位・指定水位 なお、この改善にあわせて、も、指定河川洪水予報と同じ名称を用いて発表することとし、受け手が河川の種類にかかわらず統一的な対応をとることができるようにしました。 参考:水位の情報は、以下のホームページから入手することができます。 川の防災情報 URL:.

次の